自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20130927]
昨日はハーロック2回目。
まぁ原作者の漫画とは違う。今までのハーロック達とも違う。設定を始め色々と。
今回の映画はそこら辺で色々と不評のよう。性格なのかそこらは別に気にならない。

私としては最高の時間だったわけでして。

こうだったらいいなぁ、と思ったのはトリさんのクチバシに布切れが結ばれてなかった点くらい。
ミーメは容姿から声までオールオッケーだし、目を閉じるシーンなんかは、これすごくミーメじゃん・・・。
数百メートルの垂直ダイブをパラシュート等無しで無事着地するのは、まぁハーロックだし、で解決。
作品を経るごとに造形が怖くなる艦首のドクロマーク(アルカディア号)。
そして何より宇宙にはためく髑髏の海賊旗。

・・・と書いているものの、実際は2回とも観に来ている人はほとんどいなかった。私の言った映画館では(時間帯によるところもあるかもしれないが)10人いるかいないか。
その中でも主演の二人のファンが多めのようで、ハーロック好きなおっちゃんがほんの僅か。

公開が終わる前にもういっぺん観に行こうかと思ってる(笑)。
スポンサーサイト
[20120116]
第13話「Block」についての報告。



今回の観どころは、グラキエスのロケット戦闘機のエースパイロットである「翼の乙女」ことディアン氏の出番が多かったところか。

そして、グラキエスで日常的に利用されている温泉には巨大な間欠泉が存在することが判明した。画面中では子供が走り回っていたが、彼らが利用するには少々危険である。使用している桶がいやに日本的だった点は興味深い。

また、ヴェスパの修理に必要な部品が意外と素早く調達できていたことから、思っていたよりも困窮している国家ではないようだ。閉鎖的な国家ではあっても、寒い地域ではあっても、前作でいうデュシスほどの極悪な環境ではないと思われる。

ファム氏によれば「グラン・レースの日は争いもなにもない」とのことだが、これに対し一部の視聴者からは「テロは行われていたのだが」という指摘がなされている。ファム氏のグラン・レースの思い出には多分に美化された要素が含まれている可能性がある。または目を背けているだけの可能性も考えられる。

浴場におけるディアン氏の投げ技っぷりからは武道の心得が窺える。ファムを投げ飛ばした後、頬に手を当て意味深な表情をしていたが、この件について筆者は「またつまらぬもの(者?)を投げてしまった」と考えていたのではないかと予想する。このことから、彼女には何かと投げる癖があるのではないか。今後の描写に注目したい。

無事にヴェスパの修理を終えた一行だが、ファム氏は誰よりも先に、ディアン氏に「風」の心地よさを味わってもらいたかったようだ。一流のパイロットであるディアン氏だが、風防がないことにより発生する突風には当初は驚いていたようである。しかし、すぐに慣れていたことからも経験の豊富さが窺える。

ファムは、空族の少年たちやディーオ以外にも強力なライバルが1人増えてしまっていることを自覚すべきである。ファムがグラン・レースの夢を語れば語るほどライバルは増えてしまう可能性があるが、本人は作中で頻繁に「しかし、勝つのは私なのだ」と発言しているので、本人からは「よりレースが楽しめるからいいじゃない」と一蹴されてしまうのだろう。心配するだけ無駄である。どうせレースにはタチアナ氏やその他も出場するのだろうから。

修理後の試験飛行において、ディアン氏は一流のパイロットらしく海面すれすれから上空へのUターンという大技を決めてみせた。ここでジゼル氏による「燃料、もったいない・・・」の指摘。とても冷静な、熟練したナビならではの指摘だと言えるだろう。隣にいたミリア氏(トゥラン国王代理)は呆然と眺めていたことからも、まだナビとしては未熟さが伺える。

しかし、彼女もナビとして有望であることに変わりはないので大したことではない。ほんの少し前までは、ヴェスパが少しスピードを上げただけでキャーキャーと叫んでいた様子からは考えられないほどの成長だ。

また、ジゼル氏のもったいないの精神も大事だが、ディアン氏の助力の大きさを考えれば、特に問題に発展はしないだろうと思われる。ジゼル氏の性格から考えても特に問題とすることはないだろう。

ラストの日の出のシーンでは、ディアン氏は戦いのない自由な美しい空をほんの少しだけ味わってしまった。これまでの戦いの空とは違う空もあるのだとちょっぴり思ったに違いない。その後、すぐにアデス連邦との交戦が始まると思われるが、ここでやはり空には戦いしかないと思うか、かつて観たグラン・レースの楽しさを思い出してくれるのか。

予告の映像を見る限り、どうもケイオスを始めとする属州の兵による艦隊はグラキエスの戦闘機もろとも新型兵器で砲撃されているように見える。属州艦隊とはいえ、立派な兵士なのだからアウグスタに信用されているのは間違いない。しかし、現場で指揮を執るのはアウグスタではないし、報告しなければ何があったかも知られない。勇敢に戦って散ったとか報告されるのだろう(今回、その辺りでサドリ氏がルスキニア氏に不信感を持っているかのようなシーンが僅かながらあった)。

彼らのことも気になるが、何よりもディアン氏が危ない。ディアン氏が危ない。ディアン氏が危ない。



以上、今回の報告終わり。
[20090714]
なんとなく「巌窟王」を観た。

以前も同様にレンタルで2話まで観てはいたのだが、その「なんとなく」で3~6話を観ることになった。

でもさすがにDVD-BOXは高い。3万は・・・ちょっとねぇ。

ポーンと出せる金額じゃない。

私は本音を言うと「巌窟王」は作画をテクスチャーで誤魔化している部分があると思っていた。

今はこれがとても失礼だったと反省している。本当に申し訳ない。

実際にはそれほど作画に質の差があるわけではなく、むしろそれよりも展開の方が気になってしまった。

TVアニメ「巌窟王」はG社の生みの親の一人である前田真宏氏による傑作だ。

映像の強烈な印象はこの頃の他の作品の追随を許さない。(私個人の意見)

3DCGはもちろんだが、何より登場人物の服装に注目される。

慣れないうちは目がチカチカするかもしれない映像だ。

本編の画像キャプチャを載せるわけにもいかないので見せることが出来ないが、観て頂ければ理解できるだろう。

「僕の初めて憧れた人は復讐鬼だった」という謳い文句の通り、主人公は自分の両親に復讐しようとする"モンテ・クリスト伯爵"なる人物に憧れる。

私もそれほど観たわけではないので展開についてはほとんど書けないが、興味のある方には見ていただきたい。

この時期のG社はマニアックな作品が多く、この手の作品のファンには好評だ。

これが放送されたのは2004末から2005年にかけての間である。

この頃は丁度、G社が株式上場したての頃であり、多くの資金が流れ込んできた時期でもある。
(上場は2004年末)

そんな時期に作られたこの「巌窟王」はこの会社の独特さを印象付ける作品の一つとなっている。

ただ、売り上げはあまり芳しくないようだ。やはりマニア向けになるのだろう。



アニメ化をする場合、少年ジャンプなどの有名漫画雑誌からもってくる方がヒットさせやすい。

だが、それは他社にとっても同じこと。他社だってそこを狙う。

故に原作の映像化権の奪い合いが行われる。(どれほどの修羅場なのかは知らない)

この頃にG社がその方面で映像化した作品は「ブラックキャット」のみ。

同年に原作付作品で放送したのは「砂ぼうず」や「GANTZ(ガンツ)」など。

この2作はブラックキャットと同様に漫画原作ではあるが「どちらか」というとマイナー寄りの作品だ。

他に放送した作品は「七人の侍」を原案にした「サムライ7」だったり、自社オリジナル作品の「爆裂天使」だったりした。

これからしばらく続くG社独特な作品群は株式公開による潤いが影響してのものであったと思われる。

この後から年間の作品数がやたらと増加していくことになっていく。

新しいアニメが放送される季節には毎回G社の作品が必ずといっていいほどあった。

とにかくバンバン新作を打ち出す傾向にあったのだ。

このような観点から自社のライブラリを揃えておきたいという焦りのようなものが垣間見える気がする。

しかし、今現在は秋頃から新作を担当するのかすら不明な状況である。
(一応、ストライクウィッチーズの続編を担当するとの発表だが、状況が状況なだけに事態がどうのように転ぶか分からない)

今の状況下で好評を得つつある通称"第5スタジオ"を手放すとは思えないのだが・・・。

それはいわかぜ側がどう考えているかによるのだが、第5スタジオというと最近、不吉な話が出たばかりだ。

「咲 Saki」の元請スタジオがGONZO(第5スタジオ)からピクチャーマジックへと変更されていることが判明した。
前者は制作協力としてクレジットされていたそうだ。

失礼な話だがピクチャーマジックはどちらかというとマイナーな会社だ。

なぜこの会社を挟む必要があるのか。

もしかすると、G社が倒産した場合に金銭面での問題で損害が発生しないための策ではないだろうか。

それとも本当にG社から咲を取り上げてしまったのだろうか・・・。

これは何を意味しているのか。



続報が期待される。(最近はG社ネタが底を尽きつつある)
[20090707]

(゜o゜)


特になーんの違和感もなく1話終了。(これって幸せなことですよね)

つまり良好な状態。

なんと1話冒頭から修正が開始されているようで何とまあ・・・。

中には私の勘違いもあるのかもしれませんが、少々動きが変わっていたり、主人公の瞳や髪なども頻繁に?修正してありました。

そんなにやっちゃっていいんですかね?

無理に全力疾走してるんじゃないですか?

でも、非常に良いものを見せていただいたのでとにかく感謝♪

DVD発売に向けてのスタッフの方々のやる気を見せていただきました!
[20090704]
ちょっと「アニメ観たい!」の衝動で体が疼いてきたので「さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅」を観た。

幼稚園の頃から数え切れないくらい観てきたので内容なんかとっくに覚えてしまっている。

思えば、これが始まりやったんかなぁ・・・なんて。

銀河鉄道999は劇場版1作目と2作目(↑の「さよなら~」のこと)は話が繋がっている訳だが、私は「さよなら~」から観たし、中学生になるまで1作目を観たことがなかった。

だから、小さい頃からさよなら編の中で出てくる回想シーンとかは観てもあまり分からない点がぼちぼちあった。

(プロメシュームの顔がボロボロ崩れて内部の機械が丸見えになるシーンとか、惑星メーテルが炎に包まれていくところとか・・・)

黒騎士ファウストとか今考えるとダースベイダーじゃんか、なんてことにもなるんだろうけど、別に気にならない。私にとってはこっちが先なんだもの。

この映画でガス状態?のプロメシュームなんかは幼心にうわぁ、なんて思ったりした。

なんか怖かったね。うねうね動いてるし。声も怖い。

この声を担当された方は「たけしの本当は恐い家庭の医学」のナレーションもされているので、TVをつければ毎週聴く事ができるだろう。

やはり裏切ったのか、メーテル。
この母を。お前に全てを与えて安らかに眠りにつこうとしている、この母を。
だが・・・私は負けない。決して負けはしない。
殺せ!メーテルを殺せ。



今聴いても迫力がある。

迫力があるといえば、ハーロックやエメラルダスが999を助けに機械帝国に攻めてくるところとかが印象的だ。

アルカディア号とかエメラルダス号は幼稚園児の視点から見るとかなり印象的だった。
(アルカディア号とエメラルダス号の主砲発射の効果音はこの作品のやつが最も好き)

アルカディア号は先端の髑髏に衝撃を受けたし、エメラルダス号は帆船のついた点や飛行音のウインウインウインウインって点が懐かしく思える。

こんなだからハーロックといえば緑のタイプ(マッコウクジラ型)だ。

もうひとつ印象的なのが、終盤に流れる男性コーラス。

「ナナナ~ナ~ナナナナ~」のアレだ。(DVDやビデオを観て頂ければ分かる)

もうカッコイイとしか言えない。

(友人は変な歌~、とか言っていたが・・・)

その後でくるナレーション。この声がまた渋い。

ナレーションが終われば、エンディング曲。

これでホントにとどめを刺される。しかも毎回だ。

間奏部分にあたってはウルウル。
(私がやたらと涙もろいことは以前にも書いた通りだ!悪いかコノヤロー!)

ヘタな文章だったが思うところを書いてみた。

銀河鉄道999に出会ったのは家族の1人からの影響だ。

その頃、周りの皆はドラゴンボールとかセーラームーン辺りを好んでいた・・・と思う。

だが、私はその人物の999の部分だけ受け継いだものだから、他のものにはあまり目を向けなかった。

その頃から「周りは気にせず我が道を行く!」という意識があったのかもしれない。

小学校の頃には999のTVスペシャルで「化石の戦士」というものをやっていた、化石化ガス雲のせいで惑星全体が人ごと化石化してしまっている星だ。

それもけっこうな回数観ていた。

もう999は忘れられない。

そういえば、大学の課題で出されたレポートにこういうものがあった。

「映像作品について好きな場面の映像分析をせよ。実写やアニメなどの形態は問わない」

もちろん、「さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅」を選んだ。

そして少し前にANIMEX1200というCDの企画で「さよなら~」のサウンドトラックが¥1,200で販売された。

知った途端に書店で注文した。

そして部屋で聴いた。

メインテーマのところなんか心にジーンときた。

小さい頃の経験はずっと残るんだな、と改めて感じる。

こういうものに突き動かされてアニメ業界を目指す人がたくさんいるんだろうな、と思うし、これには共感もできる。

こういう心の部分は馬鹿にしないし、馬鹿にされたくない。
(いつの間にか、アニメやゲームは人に馬鹿にされるようなものとなっている点が非常に残念だ)

アニメを見下す人たちには決して理解し得ないものだろう!

昔のアニメによく出る透過光処理。
現在も使われている技術で、現場では"T光"と略されていることが多い。
しかし、コンピューター上での特殊効果なのでやはり当時の透過光とは何かが違う。
規制のせいなのかよく分からないが、昔はこのT光がかなりビカビカしていたり、もごもごと蠢いているようなものもあった。
今ではどうも単にボンヤリと光っている場合が多いように思える。
当時と何か違うと思う理由には、セル画に色を塗っていた時代とコンピューターで色を塗る時代の変化で生じた「厚みや温かみがあまり感じられなくなった」という感情と共通するものがあるかもしれない。
HOME NEXT
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。