自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20100213]
 3月25日から4日間に渡って開催される東京国際アニメフェアに株式会社ゴンゾが出展することになりました。

【リンク】
出展者情報 株式会社ゴンゾ 東京国際アニメフェア2010

『ブラスレイター』などの立体映像を公開するほか、グッズ販売・展示コーナーも設置いたします。ぜひGONZOブースにお越し下さい。

(「東京国際アニメフェア2010」(公式サイト)より/2010年2月12日)


 出展内容はリンク先を見る限り、とは言ってもその出展内容の情報が少なすぎるのですが、「アフロサムライ:レザレクション」(以下アフロ2)や「ブラスレイター」等で出展するようです。立体映像が展示されるそうですが、映像について学ぶ者として興味があります。以前、仏像の立体映像を観た時は面白いと思ったものです。・・・ブラスレイター「などの」立体映像とありますから、別の作品の立体映像も観ることが出来るのかもしれませんね。

 出展作品については、現在、ゴンゾは特に新しいアニメを制作している訳ではないようなので、どうしても過去の作品がメインになってしまうのは仕方がありません。

 しかし、アフロ2は製作時期や主な放送圏である米国での放送自体は少し前になりますが、日本での劇場公開は昨年末~今年2月辺りであったり、DVDやBlu-ray Discといったビデオソフトの発売は今年の4月であることなどが挙げられる為、アニメフェアの開催時期(3/25~29)から考えても日本においては丁度良い時期だと言えます。海外から来る方々にも是非アフロを売り込んで頂きたいところです。

 他にも「咲-Saki-」はDVDの発売が今も続いていることや、ストライクウィッチーズ(以下ウィッチーズ)に至っては今年の夏頃に2期の放送が予定されていることもありますので、過去の作品とは言っても、出展する作品に特に古さが表れている訳ではないでしょう。グッズ販売も行うとのことですので、グッズに関しては咲とウィッチーズは重要な柱になるのではないでしょうか。

(ウィッチーズの2期に関してはGONZOが作るというより、権利を保有していると言ったほうが良いのかもしれません)

私はこういうイベントには行ったことがありませんので、どういうものなのかはあまり分かっていません。何しろこういったイベントは東京周辺が多いので・・・。まあ、行ってもゴンゾのブースで幸せそうな顔しているだけでしょう。(笑)
スポンサーサイト
[20100205]
【今日の情報】

【リンク】
【GONZO STYLEリニューアルOPENのお知らせ】

(「GONZO Web Official Site」より/2010年2月5日)

<要約>
・GONZOオフィシャルショップ「ゴンゾスタイル」がリニューアルオープン。
今なら全タイトル特典付き!!

<追記>
2009年10月に閉店したゴンゾスタイルに登録されていたメールアドレス、パスワードは使えません。会員登録をし直して下さい。

新装開店はしたものの、品揃えが充分ではありません。これについては、公式サイトにてコメントが出ています。公式サイトをご覧になる方は↓へどうぞ。

【リンク】
GONZO STYLE ファンライフ通販センター-TOPページ

(公式サイトより/2010年2月5日)

上記リンク先(公式サイト)の【Shop news】の欄でコメントが掲載されています。

公式サイトの左側に作品リストがあります。どうやら最初の5作品は人気の高い作品のようです。作品毎に選択が可能で、簡単に商品の検索が出来る【商品検索】の欄も利用しやすそうに思えます。

新生ゴンゾスタイルがどのようになっているのかについてはそれぞれ皆さんにご覧頂くとして、気になっていた運営についてはファンライフ株式会社に委託することで落ち着いたようです。よくよく見てみると同じアニメーション制作会社の竜の子プロダクション、日本アニメーション等でも同じような通販サイトを開設しているようです。

それと、最後になってしまいましたが・・・
新しいゴンゾスタイルが無事、開店出来たことに心からお喜びを申し上げますと共に、今後益々のご活躍をお祈りします。

【管理人日記】
「スピードグラファー プロダクションブック」と「巌窟王 アルベール外交官日記」を読んでみたいです。
特に巌窟王!これを読まないと巌窟王熱が冷めなさそうです。
[20100202]

【リンク】
「アフロサムライ:レザレクション」が4月にBD/DVD化-米国で人気の日本アニメ続編。前作セットのBD-BOXも

(「AV Watch」より/2010年2月1日)


『アフロサムライ』シリーズの第2作目がようやく日本でも発売の運びとなります!待ってました!

ここ最近では前作の「アフロサムライ」や「ロミオ×ジュリエット」に次いで、恐らく相当GONZO臭く、もうプンプンする部類であろうこの作品をじっくりと味わえることでしょう。前回のアフロサムライはTVで放映されたものから劇場版になる際に作画の修正等が加えられ、映像面でより綺麗な映像になっていました。今回もそれがあればとても喜ばしいことだと思います。

発売されるのはDVD版、Blu-ray Disc(以下BD)版の両方です。DVDだけでなくBDでも発売という普及しつつあるフォーマットにもガッチリ食いついた形での発売になります。現時点ではGONZO作品でBD化されたものはあまりないだけに嬉さもそれだけ大きいです。

さて、発売されるDVD/BDには本作品が収録される訳ですが、【完全初回生産限定版】と銘打ち、別商品として「アフロサムライ Blu-ray コンプリート・ボックス」も発売されます。これは商品名の通り、BDのみでの発売となります。コンプリート・ボックスは本作「アフロサムライ:レザレクション」と前作「アフロサムライ」が一緒になったお得なセットです。前作「アフロサムライ」についてはTVで放送された全5話構成のものではなく、日本での劇場公開用に編集された劇場版(ディレクターズカット版より時間が若干短い)であることについてはご了承ください。

価格としてはDVD版が¥3,990、BD版が¥6,615、BDコンプリート・ボックスが¥9,975となります。

私はBDが視聴出来るという環境にはありません!これが悔しい!綺麗な映像でアフロサムライを観たい気持ちは山々なのですが・・・。

こんな私にもDVD版が用意されているのでこちらを是非とも堪能したいところ。

絶対観ます。2010年が始まって今のところ一番嬉しかった出来事なのかもしれません。

やはりGONZOはこういった作品がないと寂しいと感じます。


【公式サイト】

アフロサムライ:レザレクション - AFRO SAMURAI RESURRECTION
⇒「アフロサムライ」シリーズ第2作目「アフロサムライ:レザレクション」の日本版公式サイトです。前作「アフロサムライ」の続編にあたる作品で、前作同様アメリカでヒットしました。昨年にはTVのアカデミー賞とも呼ばれるエミー賞にノミネートされました。「闇の剣客道」を日本アニメ+ヒップホップで描きます。

AFRO SAMURAI
⇒前作「アフロサムライ」の日本版公式サイトです。アメリカで約40万枚の売上げを出しました。米国ではPS3のゲームソフトも発売され、こちらも好調な売上げを記録しています。

GONZO Web Official Site
⇒アニメーション制作会社「株式会社ゴンゾ」の公式サイトです。「アフロサムライ」シリーズの制作及び製作を担当。"ゴンゾ"とはイタリア語で"馬鹿、愚者"を意味します。英語では"頭がおかしい"という意味です。代表作は「ラストエグザイル」、「サムライセブン」、「バジリスク~甲賀忍法帖~」、「ストライクウィッチーズ」等があります。
[20100128]

【リンク】
「ゴンゾスタイル」近日リニューアルオープン予定!

(「GONZO Web Official Site」より/2010年1月27日)


これはなんとも驚きのお知らせです。

一体何があったのでしょうか?この展開は全く予想していませんでした。(汗)

昨年10月に私が感じた寂しさは一体なんだったのでしょう。

でもGONZOグッズがまた買えるようになりますね。(閉店直前には値下げセールがありましたよね)

ゴンゾスタイル復活の理由が気になるところです。

以前のゴンゾスタイルはゴンゾロッソが運営していましたが、今度のリニューアルオープン後もそのままなのでしょうか。今の時期にゴンゾ運営で再開するとも思えませんし。

ゴンゾとゴンゾロッソの関係が現在どのようになっているのかは分かりませんが、とりあえず良かったです。
[20100126]

【リンク1】
CAPCOM:SUPER STREET FIGHTER IV

(公式サイトより/2010年1月26日)

~PV(プロモーションビデオ)の視聴方法~
1.【公式サイト(↑のリンク先)】を開く。
   ↓
2.【トレーラー】をクリック。
   ↓
3.【SUPER "GONZO" ANIMATION Trailer】をクリック。

※公式サイトにある【公式ブログ】(NAKKY blog)の記事「発売日ほか、発表!!」では限定特典アニメの内容について画像を載せながら解説しています!



【リンク2】
Xbox 360限定アニメ製作『スーパーストリートファイターIV』4/28発売

(「ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム」より/2010年1月26日)


"さらにXbox 360版には、限定特典として完全新作アニメーションのダウンロードトークンが同梱されることが判明した。こちらは様々な有名アニメを手がけるスタジオ「GONZO」が製作を担当し、監督は「アフロサムライ」などで世界的に有名な木崎文智氏が担当している。"(上記リンクより)



本PV及びXbox 360版のソフトの限定特典アニメは「バジリスク 甲賀忍法帖」や「アフロサムライ」シリーズで監督を努めた木崎文智氏とアニメ制作会社ゴンゾの制作したものとなっています。

私の第一印象では、とても良いものに仕上がっていると思います。欲を言えば、ゴンゾのアニメらしくもっと3DCGを使っていて欲しかったです。(贅沢なのは分かっているのですが・・・)

最近、ゴンゾはテレビアニメ作品における制作協力等も少しはやっていますが、ゲーム関連のお仕事が多めです。「アルカディアサーガ」、「ドルアーガの塔」などがそうです。とはいえ、これらは元々、GDH(現ゴンゾ)グループが制作していた作品でもあります。テレビアニメにおいては、先日、「聖痕のクェイサー」にて制作協力を担当していました。「けんぷファー」や「はなまる幼稚園」といったその他のテレビアニメ作品でも原画、動画等といった一部の制作を担当していることがしばしばあります。

PVや一部制作協力等のほうがテレビアニメ1本よりかは負担が軽いはずなので、このような仕事が多めになっていると思われます。今、テレビアニメを作る余裕はないと思います。仮に制作したとしても、放送に間に合わずに違約金の支払いが発生するといったようなことが起こりかねません。

最近のゴンゾの活動はファンとしては寂しい限りですが、なんとか次に繋いでいってほしいですね。
しか~し!元々、ゴンゾはゲームのアニメ部分で知名度を得た会社です。経営難に陥るまではゲームのお仕事を最近ほとんどしていなかったようなので、こういう展開も悪くないと思っています。
HOME NEXT
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。