自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20120123]
※下線部は「続きを読む」に簡単な解説あり

【レポート】

1月23日、アニメーション制作のフッズエンタテインメントによる新作『謎の彼女X』(月刊アフタヌーン連載)が発表されました。今年4月から放送予定とされています。

『謎の彼女X』 キービジュアル&スタッフ公開!4月アニメ化で監督:渡辺歩、構成・脚本:赤尾でこ(2012/01/23)
 (「JAMぐる」より)


主要キャストは発表されていませんが、監督・キャラクターデザイン・各部門の監督(作画・音響・美術等)が発表されています。美術監督の池田氏は、2009年にGONZO作品『アフロサムライ・レザレクション』にて、米・エミー賞の個人部門で受賞しています。

【コメント】

今日もフッズさんは通常運行。こういった路線は路線でライバル企業がいますので、そうそう一筋縄ではいかない世界です。作品としては、なかなか濃さそうな印象の絵柄です。

【関連リンク】※外部サイト(2012年1月23日現在)

アフタヌーン TOP 講談社コミックプラス
 (月刊アフタヌーンの公式サイト)
Hoods Official Home Page
 (フッズエンタテインメント株式会社の公式サイト)

【関連記事】※当blog内(2012年1月23日現在)

【フッズ/新作】「聖痕のクェイサーII」に次ぐ新作 今夏放送予定(2011/03/19)
【フッズ】本社屋を杉並区へ移転。以前同居していた3社は全て同区へ(2010/09/04)
【フッズ】OVA『あきそら~夢の中~』上巻、30日発売(2010/07/31)


(以下、下線部の解説)

解説を読む

スポンサーサイト
[20110319]
※下線部は「続きを読む」に簡単な解説あり

【レポート】※念の為、一部に伏せ字を使用しております。

フッズエンタテインメントによる今夏放送予定の新作として、『魔×秘風帖』が発表されました。(×は伏せ字)

監督は同社の代表作「聖痕のクェイサー」と同じく、金子ひらく氏が担当。メインキャストも4名が既に発表されています。

詳細は公式サイトにて(関連リンク欄)。

【コメント】

どうやらフッズエンタテインメントの制作方針も明らかになってきたようで、今後も艶やかな作品が続くと思われます。先日、発表された『聖痕のクェイサーII』と同じく、監督は金子ひらく氏。フッズも春はクェイサーII、夏は秘剣帖と連続して作品を持つようになり、今後のより一層の活躍が望まれます。金子監督が今後の主力になるのでしょうか?

ゴンゾから独立した制作会社は皆さん結構上手くいっているようで何よりです。皆さん、設立して間もない時期から既にゴンゾとは異なる独特な雰囲気がありましたので、ゴンゾでは出来なかったようなことも出来ているのではないでしょうか。

【関連リンク】※外部サイト(2011年3月19日現在)

魔×秘剣帖 アニメ公式サイト(×は伏せ字)
 (TVアニメ「魔×秘剣帖」の公式サイト)
Hoods Official Home Page
 (フッズエンタテインメント株式会社の公式サイト)

【関連記事】※当blog内(2011年3月19日現在)

【フッズ】本社屋を杉並区へ移転。以前同居していた3社は全て同区へ(2010/09/04)
【フッズ】OVA『あきそら~夢の中~』上巻、30日発売(2010/07/31)
【フッズ】コミックス新刊に付属。新作『聖痕のクェイサー 女帝の肖像』(2010/07/15)


(以下、下線部の解説)

解説を読む

[20110120]
※下線部は「続きを読む」に解説あり

〈レポート〉

フッズエンタテインメントの新作TVアニメ『聖痕のクェイサーⅡ』の公式サイトが開設されました。

OPとEDの歌手については、OPは前回と同じく飛蘭が、EDは新たに少女病が担当します。

その他の詳細は今後発表されていく予定。

〈コメント〉

今日もフッズエンタテインメントは新たな表現に挑戦しています。いつも通りです。

〈関連リンク〉※外部サイト(2011年1月20日現在)

Hoods Official Home Page
 (フッズエンタテインメント株式会社の公式サイトです)
聖痕のクェイサーⅡ
 (TVアニメ「聖痕のクェイサーⅡ」の公式サイトです)

〈関連記事〉※当blog内(2011年1月20日現在)

該当なし


(以下、下線部の解説)

解説を読む

[20100904]

【リンク】
Hoods Official Home Page【COMPANY】(2010/08/24)
 (「Hoods Official Home Page」(公式サイト)より/2010年9月4日)

<要約&解説>
・フッズエンタテインメントが本社屋を練馬区(a)から杉並区(b)へ移転した。
 a:練馬区豊玉中2-27-12(旧社屋)
 b:杉並区上荻2-31-12(新社屋)
・旧社屋はゴンゾと同居する形となっていたが、今回の移転でその状況が解消されたことになる。また、ゴンゾは今年6月に行われた株主総会にて、本社屋の移転について明らかにしており、新社屋は現社屋の練馬区から杉並区(フッズとは異なる場所)へ移転を予定している。ゴンゾの公式サイトでは移転完了の報告がされていない為、移転はまだ行われていない可能性がある。但し、ゴンゾの公式サイトは経営難により、一部で更新が遅れている傾向にあることを併記。
フッズの新社屋はゴンゾの練馬現社屋から約19分(約6.5km)の場所。近日中に移転すると思われるゴンゾの杉並新社屋からは約5分(約1.6km)の場所となる。※Googleマップによる距離及び数値
・フッズエンタテインメントは、国内のアニメーション制作会社。代表作は「聖痕のクェイサー」「あきそら~夢の中~」等。
・ゴンゾは、国内のアニメーション制作会社。代表作は「青の6号」「ラストエグザイル」等。

<コメント>
フッズの移転による制作能力の低下はほとんど心配しなくとも良いレベルだと思います。フッズに先に移転させておいて、ゴンゾも制作が落ち着いたら移転ということなのかもしれません。ゴンゾはとても体力の要るタイトル不明の作品が2つもあります。(中国向け劇場作品1つとラストエグザイル2と思しき国内向けTV作品1つ)

~社屋の位置関係~
(2010/04以前)
【練馬区】
ゴンゾ・フッズ・グラフィニカ ※3社とも同社屋

(2010/05時点)
【練馬区】
ゴンゾ・フッズ ※2社とも同社屋
【杉並区】
グラフィニカ

(2010/08時点。ゴンゾ既に杉並へ移転完了?まだ?)
【杉並区】
ゴンゾ・フッズ・グラフィニカ ※3社とも社屋が互いにとても近い

3社とも杉並区へと移転することになります。杉並区はアニメ会社がとても多い地区です。請けてくれるかどうかはともかく、制作協力の依頼もし易いかもしれません。そもそもラストエグザイルはデジタル部門を多用しなければならない作品です。今のゴンゾにはどうしてもグラフィニカが欠かせませんし、最も信頼できる会社のひとつといえるでしょう。元々、ゴンゾの誇るデジタル部門で出来た会社なので連携もし易いと思われます。

そういえば、ゴンゾ発祥の3DCG専門会社であるサンジゲンも杉並区にあります。サンジゲンはGONZO作品の『シャングリ・ラ』『咲-Saki-』で3DCGを担当していました。ここもレベルが高いです。
[20100731]

【リンク】※要注意
いよいよ明日発売!(2010/07/29)
(「あきそら~夢の中~ 公式ブログ」より/2010年7月31日)

<要約&解説>
・『あきそら~夢の中~』上巻が発売日を迎えた。現時点での発売はDVDのみ。
・「あきそら~夢の中~」は上下2巻構成。2010年7月・11月に発売予定のOVA作品。制作はフッズエンタテインメント。
・原作漫画「あきそら」は、とある姉弟の禁断の恋を描いた作品。作者は糸杉柾宏(いとすぎ-まさひろ)。
・フッズエンタテインメントは、ゴンゾを独立したスタッフが設立した、アニメーション制作会社。

<関連サイト>※要注意
あきそら~夢の中~ 公式ブログ
「あきそら~夢の中~」C-CLAYS特設ページ
 ※「C-CLAYS」…OVA「あきそら~夢の中~」の主題歌・音楽を担当。

<コメント>
最近は情報転載だけのブログに成り下がってしまっているような気が・・・もう少し自分の意見というものを書いていかないといけませんね。これじゃ何の面白みもないです。内容としては初めてその作品のことを知った方でも分かりやすいものにしたいと思っています。だからこそ要約&解説で"~は*年に放送されたTVアニメ作品"、"フッズエンタテインメントは、ゴンゾを独立したスタッフが設立した、アニメーション制作会社。"と毎回同じことを何度も繰り返していますが、これは何度も読み続けていると鬱陶しく感じる原因になるかもしれません。あっちら~を立ってれ~ばこっちら~が立たず!そんなこんなでど~すりゃいいの!?
HOME NEXT
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。