自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20110225]
※下線部は「続きを読む」に簡単な解説あり

〈レポート〉

グラフィニカがOVA作品『HELLSING』(ヘルシング)の制作をスタジオケルマディックと共同で担当することになった模様。担当するのは第8話から第10話まで。

既に制作・発売された第1話から第7話までの間で、サテライト、マッドハウスと制作会社が交代してきたが、今回の交代では制作会社2社による共同制作の形になる。

本作は、2006年から原作の完全映像化を謳い文句に制作されており、原作ファンに好評だ。

〈コメント〉

作画スタジオの新設などありましたので、近い内にグラフィニカも制作を担当するようになるだろう、とは思っていましたが遂に・・・。共同制作の形ではありますが、グラフィニカが単独で制作を行う日も近いでしょう。

もし、「アニメーション制作:GONZO×グラフィニカ」とかあったら観てみたくなります。

〈関連リンク〉※外部サイト(2011年2月25日現在)

HELLSING
 (OVA「HELLSING」の公式サイト)
グラフィニカ
 (株式会社グラフィニカの公式サイト)

〈関連記事〉※当blog内(2011年2月25日現在)

【グラフィニカ】4月に作画スタジオを新設予定 元請体制を強化(2011/02/09)
【グラフィニカ】劇場版『あたしンち』3D化担当。キュー・テックと共同(2010/07/09)
【グラフィニカ】杉並区へ移転。新居は杉並クリエイティブセンター(2010/05/10)


(以下、下線部の解説)

解説を読む

スポンサーサイト
[20110209]
※下線部は「続きを読む」に簡単な解説あり

〈レポート〉

アニメーションのCG・撮影業務のグラフィニカが、作画スタジオを設立する。設立は今年の4月を予定。

最近は、映像のポストプロダクション業務のキュー・テックのもとで、3D立体映像の分野に力を入れている。

"アニメーション制作:グラフィニカ"でTVアニメや劇場作品が観れるようになるのも、そう遠い話ではないかもしれない。

〈コメント〉

もし、GONZOデジタルスタジオであった頃にスタッフの多くがバラバラになり、それぞれが別々の会社に所属するようになってしまっていたのなら、それは本当に損失であり惜しむべきことだったろうと思います。何かの作品で再び集めることはなかなか出来ないでしょう。
確かにゴンゾの手は離れてしまいましたが、そのスタッフ達は離散せず、1つの会社に留まっています。その会社は今、しっかりやっていけていて、GONZO時代にはいなかった新しい人材も入ってきている。そして何より、同じ建物の1つ上の階にいる(笑)。階段上がればグラフィニカ。
ゴンゾとしてもグラフィニカの発展は喜ばしいことなのではないでしょうか。多分、今年の新作『ラストエグザイル~銀翼のファム~』ではグラフィニカの映像も存分に楽しむことが出来ると思います(もしかするとサンジゲンも)。

〈関連リンク〉※外部サイト(2011年2月9日現在)

株式会社グラフィニカの求人情報
 (アニメ・漫画・ゲーム求人サイト「ラクジョブ」より)
グラフィニカ
 (株式会社グラフィニカの公式サイト)
株式会社キュー・テック
 (株式会社キュー・テックの公式サイト。グラフィニカの親会社)

〈関連記事〉※当blog内(2011年2月9日現在)

該当なし


(以下、下線部の解説)

解説を読む

[20100709]

【リンク】
「劇場版3D あたしンち」3D化にキューテックとグラフィニカ(2010/07/09)
"世界では関心の高い3Dの技術だが、国内アニメを3D化する技術を持つ企業は必ずしも多くない。キューテックとグラフィニカはそうした数少ない存在である。"
 (「アニメ!アニメ!」より/2010年7月9日)

<要約&解説>
・劇場アニメ作品「劇場版3D あたしンち 情熱のちょ~超能力♪母 大暴走!」の一部制作工程において、キュー・テックとグラフィニカが共同で担当。担当は撮影、3D化作業、編集の3工程。
・原作漫画「あたしンち」は、とある家族の日常を描く作品。作者はけらえいこ。1994年より読売新聞にて掲載中。2002年にはTVアニメ化し、現在も放送中。
・グラフィニカは、ゴンゾがキュー・テックに売却したデジタル部門を元に設立された会社。アニメーションの撮影・CG制作等を主な業務とする。ゴンゾとは現在も一定の協力関係にある。

<コメント>
 最近、キュー・テックは作品の3D化に力を入れ始めたようで、グラフィニカも好調な滑り出しだと思います。3D映像に関しては、今後のGONZO作品にも取り入れられる事があるかもしれません。
 今までCGを売りにしてきたゴンゾなだけに、とても身近な存在であるグラフィニカは必要不可欠な存在だと言えます。制作中の新作もグラフィニカ担当の部分があるでしょう。グラフィニカについての記事は滅多に無いので嬉しいですね。
[20100510]

【リンク】
キュー・テック、杉並にアニメ新拠点、子会社グラフィニカも集約(2010/5/10)
(「アニメニュース Japanimate.com」より/2010年5月10日)


杉並クリエイティブセンターを5月24日付にて設立いたします。(2010/5/10)
※PDFファイル
(「株式会社キュー・テック」より/2010年5月10日)

<要約>※詳細は上記リンク先をご覧ください。
・キュー・テックはアニメの編集等の作業工程を新施設へと集約する
・ゴンゾ社屋内のグラフィニカも移転対象
・新施設はアニメ制作会社が多く存在する杉並区に設置

<コメント>
 「ノウハウを残す為に場所は社内のままにしてある」。恐らくゴンゾ側はこの条件があったからこそ、デジタル部門売却へ踏み切れたのだと思います。しかし、「売却」した以上はグラフィニカをどうこうするのはキュー・テックの自由です。ゴンゾはグラフィニカの株式を持っている訳でも何でもないので。
 グラフィニカの新居は杉並区成田東5丁目になり、ゴンゾの練馬区豊玉中2丁目からは、Googleマップによれば、車で20分かかるかかからないか程度の距離です。とりあえずそれほど遠い場所にならずに済んで良かったと思います。作品制作の協力が以前ほどスムーズにはいかないでしょうけれども、それで大きな影響を受ける程ゴンゾが沢山作品を作っている訳ではないので、特に問題はないかと思われます。(それはそれで悲しいことですが)
 ・・・ゴンゾ本社屋も少し寂しくなりますね。まだフッズエンタテインメントが一緒にいますけれども。

【日記・感想/その他】
 日曜日に『サムライセブン』を観終えました。やっぱりおじさんが活躍する作品はいいですね。カンベエ様。GONZOはそういうのが比較的多いところも私にとっての魅力のひとつです。『戦闘妖精雪風』の主人公の相棒、『ヘルシング』の主人公、『巌窟王』の伯爵、『ソルティレイ』の主人公?の賞金稼ぎ・・・あれ、全部演じてる役者さんが同じ・・・。他にはニゴンゾ動画の「ソルティレイ」第1・2話のコメント付きがおもしろいかと思います。
 ファンのフィルターを通した上での話ですが、GONZOのオリジナル作品は・・・我が強すぎる気がします。でもそこが好き。復讐戦隊ガンクツオー。
HOME
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。