自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20101025]
〈概要〉※下線部は「続きを読む」に解説あり

デイヴィッドプロダクションの新作『レベルE』が発表された。制作体制は老舗スタジオであるぴえろとの共同制作となっている。

「レベルE」は1995年に週刊少年ジャンプで連載が開始された作品で、原作者の冨樫義博(とがし-よしひろ)氏は代表作に『幽☆遊☆白書』、『HUNTER×HUNTER』等の人気作を持つ。

今のところは詳細の発表がされていない為、今後に期待したい。

〈コメント〉

設立当初から『リストランテ・パラディーゾ』、『戦う司書』等と仕事を獲得してきたデイヴィッド。ゴンゾ元社長の梶田氏、元プロデューサーの沖浦氏も今後その調子で。

〈関連リンク〉※外部サイト(2010年10月25日現在)

冨樫義博氏の人気漫画『レベルE』2011年アニメ化決定!(2010/10/25)
 (「アニメイトTV」より)

〈関連記事〉※当blog内(2010年10月25日現在)

【デイヴィッド】公式サイトをリニューアル。格段の進化(2010/09/26)


(以下、〈概要〉下線部の解説)

解説を読む

スポンサーサイト
[20101009]
<概要>※下線部は「続きを読む」に解説あり。

オンライン麻雀ゲーム『桃色対戦ぱいろん』のアニメーションクリップをスタジオグラムが制作した。制作されたアニメーションクリップは<関連リンク>の公式サイトにて鑑賞出来る。

制作陣にはスタジオグラムを含め、元GONZO系企業が数社参加。確認済のものだけでもGK Entertainmentグラフィニカザイタス・パートナーズ、スタジオグラムの計4社。

その他、多数のゴンゾ作品に参加した池田繁美氏(美術監督)や稲垣隆行氏(監督)等も参加している。

<コメント>

なんだか・・・『桃色対戦ぱいろん』の記事というよりも、元ゴンゾ系企業の解説記事になってしまいました。あと、ぱいろんの解説欄を書いていた時は少し恥ずかしかったです。
この記事をまとめていて、ゴンゾは今回の経営難で大事なスタッフをたくさん流出させてしまったんだな、と改めて感じました。

<関連リンク>※外部サイト(2010年10月9日現在)

桃色大戦ぱいろん
 (公式サイトより/2010年10月9日)

<関連記事>※当blog内(2010年10月9日現在)

該当なし


(以下、<概要>下線部の解説)

解説を読む

[20101004]

【リンク】
コザキユースケ原画展[GoFa](2010/09/27)
 (「[GoFa] ウェブサイト」より/2010年10月4日)

<解説>
・イラストレーターのコザキユースケ氏が原画展を開催する。期間は10/16(土)~31(日)まで。会場はGoFaにて。また、限定グッズの販売も行われる。詳細は上記リンク先を参照のこと。
・コザキユースケ氏は、国内のイラストレーター。GONZO作品では、『スピードグラファー(SPEED GRAPHER)』のキャラクターデザインを務め、同作品の小説版で表紙のイラストも担当。その他のアニメ作品では、『幕末機関説いろはにほへと』(制作:サンライズ)でもキャラクターデザインを務めた。
・GoFaは、株式会社マットが運営する、東京都渋谷区にある展示場。主にアニメやゲーム、漫画に関係するイベントを行っている。また、主なライセンス取得先のひとつとしてゴンゾが挙げられている。
・ゴンゾ(GONZO)は、国内のアニメーション制作会社。代表作は「青の6号」「ストライクウィッチーズ(1期)」。現在は経営再建に向けて奮闘中。来年には新しいオリジナル作品が予定されている。

<コメント>
ゴンゾ関連の展示会というと、村田蓮爾氏のものを何度か見かけてきましたが、コザキユースケ氏の描いたキャラクターも私は好きです。上で挙げたように、GONZO作品ではスピグラのみになりますが、あの作品もゴンゾの代表作だと思います。何と言いますか・・・オリジナル作品ならではだなぁ、と。第1話を観た時の印象が今でも強く残っています。ベートーベンの「月光」が流れるシーンとか。
スピグラは元会長の村濱章司氏が企画したそうですが、やはりゴンゾのイメージ形成には村濱氏の存在が大きかったのだろうと思います。「アニメでブランド形成がけっこう出来たから実写もやろう」と思えるその無茶ぶりが。
[20100927]

【リンク】
「俺の妹」などのアニメ制作会社AIC、パチスロ機メーカーが子会社化(2010/09/27)
 (「ITmedia」より/2010年9月27日)


・株式会社アニメインターナショナルカンパニーの株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(2010/09/27)
※非リンク。以下のリンク先で直接ご覧下さい。
 (「株式会社オーイズミ」(投資家情報→ニュースリリース))

<要約&解説>
・パチスロ機メーカーのオーイズミがアニメ制作会社のアニメ・インターナショナルカンパニー(AIC)を完全子会社化すると発表。発効日は2010年9月30日。
・オーイズミは、遊戯機の製造・販売、不動産賃貸等が主業務の国内企業。遊戯機の代表作は「ひぐらしのなく頃に祭」「クィーンギャラクシア」等。
・アニメ・インターナショナルカンパニーは、国内のアニメーション制作会社。代表作は「バトルプログラマーシラセ」「ストライクウィッチーズ2」等。複数のスタジオを所有しそれぞれをブランド化しているのが特徴。

<コメント>
サテライトや円谷プロに続く子会社化となりました。複雑な心境です。(ゴンゾがファンドの傘下に入った時もそうでした)
しかし、今回の譲渡側からすれば、資金源が出来るという点では大きなメリットがあります。それに、アニメ会社はどこも経営が厳しいとも聞きますし・・・。
[20100926]

【リンク】
株式会社デイヴィッドプロダクション(2010年9月末日)
 (公式サイトより/2010年9月26日)

<要約&解説>
・デイヴィッドプロダクションの公式サイトが大幅に更新された。
・今回の更新では、以前の非常にシンプルな作りから代表作品を前面に押し出した公式サイトへと変更。
・デイヴィッドプロダクションは、ゴンゾを独立したスタッフが2008年に設立した、国内のアニメーション制作会社。代表者の旧ゴンゾ(2010年にGDHに吸収合併)における最終役職は、梶田氏が取締役(元社長)、沖浦氏がプロデューサー。両者の姿は「ブレイブストーリー」メイキング映像、「アフロサムライ」特典映像等で拝むことが出来る。

<コメント>
以前から気になっていた公式サイトが格好良く更新されて安心しているところです。以前のものは少々不安になる程シンプルでしたので・・・。私が以前の公式サイトを最後に見た時は制作進行等を募集していましたが、既に終了しているようです。
新しい公式サイトではスタッフブログの内容が気になるところです。早く更新されたものを読んでみたいですね。
HOME NEXT
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。