自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20161031]
村濱章司。1992年に設立された旧ゴンゾの創設者の一人。持株会社GDH(現・ゴンゾ)では、最高役職として代表取締役会長、退職時は取締役。最後の担当作品は「シャングリ・ラ」。

(1)ガイナックスは辞めます
彼は大阪で育ち、GONZOを設立する前はガイナックスに所属。同社の「オネアミスの翼~王立宇宙軍~」「不思議の海のナディア」「トップをねらえ!」等に携わっていたが、ガイナックスが自社作品のパソコンゲームソフトを制作し始めた頃から、ウチはアニメ制作会社のはずなのに・・・、と同社に不満を持ち始め、後に退社を決意する。彼は当時から作品を作っているはずの制作会社が儲からないことに違和感を持っており、この気持ちは後にGONZO作品で頻繁に見られる「出資」へと繋がる。ガイナックス退社後も、彼は業界に留まっていた。その頃、プロダクション・アイジー(Production I.G)の石川光久氏に豚カツを奢ってもらったそうだ。これは彼に関するエピソードの中でもたまに出てくるもので、その時の味は忘れられないものだったという。

(2)GONZOという集団
ガイナックス退社後も彼は業界でフリーとして仕事を続けていたそうだ。そんなある日、あるクリエーターらから、自分たちだけの作業場が欲しいから手伝ってくれ、と依頼される。そのクリエーターらとは、後に共同で「有限会社ゴンゾ」を設立する3人、樋口真嗣氏、前田真宏氏、山口宏氏だった。村濱氏は業界では制作進行を出発点として関わっていたが、それ以外の3人はアニメーターや脚本など作品には直接的なクリエイトの面で関わっていた人物たちだ。村濱氏が彼らのマネジメントを行う形での誘いだった。事務所を立ち上げ、大した期間を空けない内に、事務所は法人格(会社)となった。有限会社ゴンゾの誕生だ。これが1992年9月11日のこと。翌日12日は毛利衛氏が宇宙へ飛び立ったという懐かしい頃。
今でこそGONZOはアニメ制作スタジオだが、本当に初期の初期のGONZOの参加作品は「ガメラ」シリーズや「ウルトラマンパワード」などの実写作品である。

(3)デジタルアニメに目覚める
設立から2年経った頃、プレイステーションとセガサターンが顔を見せた。村濱氏は、一時期ゲーム制作会社の取締役を兼任していた時期があったそうで、これがきっかけでデジタル制作のアニメに目覚めたという。その後の営業活動の結果、セガサターンのゲーム「ルナ~シルバー・スター・ストーリー~」のアニメーション映像の制作を受注することが出来た。GONZOの映像が最初に注目された作品だろう。ゴンゾのよく言う「手描きとCGの融合」が特徴の映像だった。結果、続編のアニメーション映像をはじめ、様々なゲームソフトのアニメーション部分も受注することができた。この頃のゴンゾはまだテレビアニメなどではなく、ゲームのアニメーション部分を担当することが多かったのである。
1998年、GONZOはひとつの作品を仕上げられるスタジオであることを証明するべくOVA「青の6号」を発表する。同時に経営能力の弱さが露呈することにもなるのだが・・・。
スポンサーサイト

2016-10-31(Mon) 19:50 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20140615]
【レポート】
12日、株式会社ゴンゾの公式Webサイトにおいて、第15期定期株主総会の招集通知書が公開されました。総会の開催予定日は6月27日(金)。

【リンク】
GONZO Web Official Site(TOPページ→IR→第15期定時株主総会招集通知)
(株式会社ゴンゾ 公式Webサイト)


今期も昨年に引き続き黒字を維持しており、昨年の数字を上回った結果となっています。

当事業年度の売上高は1,655百万円(前年同期:1,095百万円)、営業利益は369百万円(前年同期:304百万円)、経常利益は302百万円(前年同期:266百万円)、当期純利益440百万円(前年同期:159百万円)となり、重要な経営指標として認識しております営業利益について前年に引き続き黒字を達成しております。
(第14期定時株主総会召集通知 2ページ目より)

債務超過については19億8,713万円(前年同期:24億2,714万円)と約4億4,000万円ほど減少した形になります(昨年の減少額は約1億4,000万円)。


今期の総会で予定されている議案は3件。

今回は株主の一人から株式分割案及び、それに基づく定款変更(発行可能株式総数の変更)が提出されています。これに対し、ゴンゾ取締役会は反対の立場を執っています。

その他、今回の総会で予定されている議案は、取締役3名の選任について。石川真一郎氏(ゴンゾ 代表取締役)、植田兼司氏(いわかぜキャピタル 代表取締役)、西山 弘(植田氏と同じく、いわかぜキャピタル 代表取締役)の3名。


昨年まで掲載されていた、アフロサムライの実写映画化については文章自体が削除され、

規模の拡大が見込まれる実写化を含む映画化や遊技機化、近年成長を続けるオンライン、ソーシャルゲーム市場との協業等の多角化フランチャイズ展開を実施することにより(以下略)
(第14期定時株主総会召集通知 3ページ目より)

という幅を持たせた文章となっています。


情報の詳細については、上記のリンク先、または本記事の下部にある「関連リンク欄」記載の関連サイト等をご覧下さい。

【コメント】
こちらとしても黒字化はだいぶ見慣れてきたので嬉しいです。今回は議案が興味深いですね。総会が終わったら分割案の議案の時の会場の様子について調べてみます。

【関連リンク】※外部サイト(2014年6月15日現在)

GONZO Web Official Site
 (株式会社ゴンゾの公式Webサイト)
いわかぜキャピタル株式会社
 (いわかぜキャピタル株式会社の公式Webサイト)

【関連記事】※当blog内(2014年6月15日現在)

【GONZO/IR】第14期有価証券報告書を公開。(2013/06/27)
【GONZO/IR】第14期定期株主総会が閉会。(2013/06/27)
【GONZO/IR】第14期定時株主総会の通知及び事業報告(2013/06/21)

2014-06-15(Sun) 22:46 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20140208]
【レポート】
7日、オンラインゲーム『Blade&Soul』の日本でのサービス開始を前に特設サイトが公開されました。また、同作を基にオリジナルストーリーで展開するとされているTVアニメ『ブレイドアンドソウル』の公式サイトも公開されました。TVアニメについては、韓国のゲーム情報サイト「GAME FOCUS」で発表されていた通り、制作はゴンゾが担当します。

アニメ版公式サイトは、今の所はトップページのみで、監督やキャラクターデザイン等のメインスタッフ、メインキャスト、ストーリーのあらすじ、イベント情報のみの掲載で詳細な情報は今後掲載されていくようです。また、併せてツイッターのアカウントも開設されており、そちらからも情報を確認することができます(本記事「関連リンク」欄からどうぞ)。

【リンク】
ブレイドアンドソウル 公式ホームページ|TBSテレビ
(TVアニメ「ブレイドアンドソウル」公式サイトより)


期待の超大型オンラインRPG最新作『ブレイドアンドソウル』特設サイトが本日公開!さらにアニメ化も!!~その復讐は終わるのか―期待の新タイトルが満を持して日本上陸~(2014/02/07)※公式プレスリリース
(「エヌ・シー・ジャパン株式会社」公式Webサイトより)

情報の詳細については、上記のリンク先、または本記事の下部にある「関連リンク欄」記載の関連サイト等をご覧下さい。

【コメント】
オリジナルストーリーで制作される点に期待しています。オンラインゲームが原作なら自然とそうなる気もしますが…。単なる宣伝に終わらず、原作を超えるような、そしてゴンゾっ気の滲み出る、『青の6号』や『巌窟王』を思い出させるようなアレンジを施してほしいですね。

【関連リンク】※外部サイト(2014年2月8日現在)

ブレイドアンドソウル 公式ホームページ
 (TVアニメ「ブレイドアンドソウル」の公式Webサイト)
ブレイドアンドソウル - Twitter
 (TVアニメ「ブレイドアンドソウル」の公式twitter公式アカウント)
ブレイドアンドソウル Blade & Soul
 (オンラインゲーム「ブレイドアンドソウル」の特設サイト)
NCJAPAN エヌシージャパン株式会社
 (エヌ・シー・ジャパンの公式Webサイト)※オンラインゲーム版の国内におけるサービス提供元。韓国NCSOFT傘下。
GONZO Web Official Site
 (株式会社ゴンゾの公式Webサイト)

【関連記事】※当blog内(2014年2月8日現在)

該当なし

2014-02-08(Sat) 16:22 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20140205]
【レポート】
4日、韓国のオンラインゲーム『Blade&Soul(ブレイドアンドソウル)』のアニメ化をゴンゾが行うことが発表されました。放送形態はTVアニメの模様。

「ブレイドアンドソウル」は韓国のゲーム会社であるNCsoftによるオンラインMMORPGで、2012年6月30日から韓国で正式サービスが開始されています。昨年から中国で、また今年からは日本でもサービスが開始される予定の為、これに合わせた映像化だと思われます。NCsoftはソフトバンクと共同で設立したエヌ・シー・ジャパンを日本に置いており、ここを通して作品の日本へのサービス提供を行っています。

【リンク】
Blade & Soul日本でTVアニメ制作確定!制作はGONZO(2014/02/04)
(Blade&Soul関連情報 個人blog「だまブ!」より)


ブレイドアンドソウル、日本でTVアニメ化確定。ゴンゾ制作で4月から放映予定(2014/02/04) ※タイトルはGoogle翻訳による
(ゲーム情報サイト「GAME FOCUS」より) ※韓国語

「Blade & Soul」 日本サービス 2014年開始!! ティザーイメージ公開(2014/02/03)
(ゲーム情報サイト「KULTUR」より)

情報の詳細については、上記のリンク先、または本記事の下部にある「関連リンク欄」記載の関連サイト等をご覧下さい。

【コメント】
オンラインゲームのアニメ化というと2009年の『アラド戦記~スラップアップパーティー~』を思い出します。残念ながらあまり話題になっていなかった覚えがありますが、今作はより惹きつけられる映像を期待します。最近はGONZO作品がポツポツと安定して出てきているので嬉しいです。是非久しぶりのOVAをお願いします。

【関連リンク】※外部サイト(2014年2月5日現在)

Official Blade&Soul Website※英語
 (オンラインゲーム「Blade&Soul」の公式Webサイト)
NCSOFT※英語
 (韓国ゲーム会社NCsoftの公式Webサイト)※ゲーム開発元
NCJAPAN エヌシージャパン株式会社
 (エヌ・シー・ジャパンの公式Webサイト)※韓国NCSoftの傘下
GONZO Web Official Site
 (株式会社ゴンゾの公式Webサイト)

【関連記事】※当blog内(2014年2月5日現在)

該当なし

2014-02-05(Wed) 22:54 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20140131]
【レポート】
30日、GONZO作品『犬とハサミは使いよう』のゲーム化がTVアニメ版の公式サイトにて発表されました。本作はスマートフォン向けのソフトになるようです。

【リンク】
スマホ向けゲーム化が決定!(2014/01/30)

タイトルは『犬とハサミは使いよう 読書百遍犬から通ず』。
パズル攻略でアニメのシーンが蘇る! 
新感覚のノベル&パズルゲームです。


(TVアニメ「犬とハサミは使いよう」公式サイトより)

現時点では、ゲーム化が発表されたのみの段階で作品名以外は特に発表されていませんが、「アニメのシーンが蘇る」とあるので、TVアニメ本編、もしくは新規描き下ろしの画像が使われるのではないかと思います。また、今後は詳細な情報を掲載していくとされています。

情報の詳細については、上記のリンク先、または本記事の下部にある「関連リンク欄」記載の関連サイト等をご覧下さい。

【コメント】
スマートフォンを所有していないので遊べませんが、イラストの面でGONZOも関われそうですね。配信されたら私の方でも調べてみます。

【関連リンク】※外部サイト(2014年1月31日現在)

TVアニメ「犬とハサミは使いよう」
 (TVアニメ「犬とハサミは使いよう」の公式Webサイト)
犬とハサミは使いよう 公式 - Twitter
 (TVアニメ「犬とハサミは使いよう」の公式twitter公式アカウント)
犬とハサミは使いよう|FBonline
 (TVアニメ「犬とハサミは使いよう」の特報サイト)※エンターブレイン公式Webサイト内
GONZO Web Official Site
 (株式会社ゴンゾの公式Webサイト)

【関連記事】※当blog内(2014年1月31日現在)

【GONZO/作品】TVアニメ「犬とハサミは使いよう」、7月より放送。公式サイトもリニューアル(2013/05/10)
【GONZO/新作】「犬とハサミは使いよう」公式サイト開設。制作スタッフとメインキャストも発表。(2013/03/22)

2014-01-31(Fri) 18:45 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
HOME NEXT
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。