自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20090730]
日付が7月30日になってしまいましたね。

これで株式会社ゴンゾという企業の株式の取引が公には出来なくなりました。

さて、今の時点でこの企業の助けになる「かも」しれない作品なのが「アフロサムライ」。

まさかこのような状況でアフロが出てくるとは当時の経営陣・スタッフたちは思いもしなかったでしょう。

ただ倒産してオシマイか、それとも経営難の大壁を突き崩そうと必死の抵抗を試みるのか・・・。

見ものですね。

いわかぜキャピタルにとってもこれは越えなければならない壁のはず。

ここで崩れ落ちればゴンゾ経営陣のみならずいわかぜキャピタルにもまた大きな傷がつきます。

なにしろゴンゾの経営再建はまだいわかぜキャピタルにとって「第1号案件」だからです。

いわかぜキャピタルという会社が生まれてから初めて携わった仕事のはずです。

最初の課題でこれほどの難問に挑んでしまったわけですが、今後の展開に期待しましょう。
スポンサーサイト
[20090729]
本日29日、新たなIRが発表されていました。

当社株式の上場廃止のお知らせ』(2009/07/29)
http://www.gdh.co.jp/ir/press/pdf/090729.pdf

~要約~(ちょっと長め)
 ゴンゾは平成21年7月30日を以て上場廃止処分となり、29日の取引を持って東京証券取引所におけるゴンゾ株式の取引が終了する。今後はアニメ事業へ経営資源を集中し、更なるコスト削減とともに、成長領域である「GONZO+」(※)等の事業を推進することで利益回復を目指す。
 また、ゴンゾの株式名簿の管理を行っている中央三井信託銀行との株主名簿監理委託契約を平成21年8月4日付けで解除の運びとする。
今後はゴンゾにて株主名簿の管理を行う。
 上記理由に伴い、7月30日付でゴンゾの株式取扱規定を一部改訂する旨を決議した。この変更での今後のゴンゾによる株主名簿管理に関する各種手続きに関しては以下の通り。

 今年、株式の電子化が行われた関係で株式による本人確認が出来ない状態であるため、株主による各種手続きの際の本人の確認についても今回の一部改訂により定めた。
しかし、株主名簿の確定作業は1ヶ月ほど時間を要する見込みであるため、その間の株主の本人確認が出来ない。よって名義変更などの手続きについては確定作業完了後を予定する8月下旬からとする。

※「GONZO+」(ゴンゾプラス)
ゴンゾの推進する海外向けアニメ事業計画の総称です。
近年では「アフロサムライ」、「The Five Killers」等があります。



~感想~
ここで「GONZO+」を持ち出してくる辺り、ゴンゾ側もアフロサムライなどに可能性を見出しているようですね。先日、エミー賞有力候補としてノミネートされたので当然といえば当然です。
アフロサムライによって良いスタートは切れたものの、今後の開拓が上手くいくかどうかです。
今後の開拓については現在の資金力では難しいと言えるでしょう。
やはり現状の莫大な借金についての言及は必要と感じます。先日の意見不表明も再建計画の不確実性により下されたものであるため、この辺りの動きについても発表があるべきでしょう。

・・・と偉そうに書いてしまいました。

~リンク~
GONZO+
アフロサムライ(AFRO SAMURAI)
http://www.afrosamurai.com/
アフロサムライ:リザレクション(AFRO SAMURAI:RESSURECTION)
http://www.afrosamurai.com/
ザ・ファイブ・キラーズ(The Five Killers)
http://web.mac.com/eric.calderon/iWeb/Site/The%20Five%20Killers/The%20Five%20Killers.html


株式会社ゴンゾ
http://www.gonzo.co.jp/

【IRページ】
http://www.gdh.co.jp/ir/
[20090729]
(例)商業アニメ作品のDVD

DVDをプレーヤーに入れる。

すると、本編の前に企業のロゴとかが出てくる。

例えば、フジテレビやポニーキャニオン、角川書店、

テレビ局が出ることもあれば、商品の流通会社が出たりもする。

たまにアニメーション制作会社も出る。

私の経験上、これらの多くは出資企業のことを指す。

出資企業はこのようにロゴを出させてもらえる。

「シャングリ・ラ」第1巻を観る機会があったのでチェックさせてもらった。

角川書店、ゴンゾ、クロックワークス、NTT docomo、ソニーPCLの順でロゴが出た後に本編が始まった。

どうやら、先日書いたシャングリラ製作委員会の参加企業の情報は本当のようだ。

やはり、NTT docomoについては「なぜこんなところに?」といった感が拭えない。

シャングリ・ラはゴンゾらしさが出せると見込める作品ではあるが、今の状況での出資は死期を早めるだけである。(いつ頃に出資したのかは分からないが)

だから、「咲 Saki」では出資を行っていないようだ。(売り上げを出しつつある作品なので惜しいところだが)

ゴンゾにはキラータイトルがない。(多くの会社はそういうものだが・・・)

極端な例ではあるが、プロダクション・アイジーでいうと攻殻機動隊、ガイナックスでいうと新世紀エヴァンゲリオンなどだ・・・。(私はこの2作品ともほとんど観たことがない)

今、ゴンゾにおいてそういうものに一番近い位置にあるのが「アフロサムライ」だ。

現在、アメリカでエミー賞の座を争っているところだ。

是非ともそのアフロヘアーでエミー賞を勝ち取っていただきたいものだ。

ある意味社運がかかっていると言えるかもしれない・・・。







えー、間もなく上場廃止の期日(7/30)です。

あと10時間と15分くらいですね。

明日になれば何かしら公式の発表もあるでしょう。
[20090728]
相互リンクをさせていただいている、ある方のブログ(※)では、今年のゴンゾの株主優待の内容が記されていた。

株を所持していないので言っても仕方ないのだが、私はどれも欲しい!宝の山だ!

(最近の作品ではなく少し前の作品のみである、というのは嫌に思う株主さんもいらっしゃるかもしれないが)

↓は個人の主観によるもの(要注意!)↓

バジリスクの1話は異常に格好良いし(オススメ)、パンプキンシザーズは1話と2話に直接の繋がりはないけれど観ていて盛り上がる。

BLACK CATもオリジナルストーリーで中々良い。
(私の持っている第1巻は2話目が動作不良でフリーズするから1話目しか観れない)

ウィッチブレイドは海外原作の作品なので日本原作の作品とはちょっと違った雰囲気が楽しめる。

吉宗は全くの謎。全然知らない。パチンコ屋の景品にも並んでいたそうな。

SoltyRei(ソルティ・レイ)も観たことがない。だがこれはニゴンゾ動画で観ることができたはずだ。

ガラスの艦隊はサテライトとの共同作品だ。3DCGバリバリである。3DCGが得意な会社同士が組んだらこうなる、といった感じの作品だ。

サムライ7やスピードグラファーからは言わずとも会社独特の雰囲気が滲み出ている。GONZO以外じゃありえない作品だ。

ここでRED GARDENや巌窟王、ロミオ×ジュリエットがあればGONZOの個性オンパレードなので、私なら更に選択に悩むことだろう。

RED GARDENにはGONZOの「市場のニーズとちょっと違った"美少女観"」が凝縮されているらしい。
(公式サイトを見てもらえば分かるように美少女と聞いて頭にポンと浮かぶようなタイプのキャラクターではない)




こうは言っているが、私はレンタルで観ることが多く、DVDは大して持っていない。

そうそう買えるようなものではない。

持っているものもあるにはあるのだが・・・。

(ロミオ×ジュリエットの1巻と最終巻だけでも欲しかったり・・・)



※ある方のブログ

教団「二次元愛」
http://blog.goo.ne.jp/beamtetrode350b/
[20090726]
とんでもないことが発覚した。

教科書の整理をしていたところ、とある科目のテキストが目に入った。

そしてあることに気づき変に思った。


そして、試験日程の時間割表を眺めた。

見事にその科目のところに赤線を引き忘れていたのだ。

その科目の**の日程はすでに過ぎている。

試験で悪い点数を取ることよりも大きな損失だ。

しかもその科目は「教職科目」だったのだ!!!!!!

選択科目ならばまだいい!

だが・・・教職だ・・・。

面接に関わる・・・重要な部分だ。

来年、その科目の時間にまた受けられるかは分からない。

他の必須科目が入ってくるかもしれないからだ。

受けられない=教職免許の取得が出来ない(留年するならその限りではない)



自分がどうしようもなくバカに見えてくる。

何かに浮かれていたのか、いや、そんな言い訳は通用しないだろう。

完全に!究極に!一寸の間違いもなく!自分の『不注意』だ!

「やむを得ない」という言葉が入る隙は一切存在しない。

ホントに下らん!


留年など・・・している暇はない。

業界に入るには若ければ若いほど良いのだ。

若いというだけでひとつの武器になる。

1歳分だろうと使っている時間はない。

加えて、教職という「コミュニケーションの塊」のような資格を持ち合わせていればそれは更に強力なものとなるに違いない。希望の企業から内定を勝ち取る可能性がグッと上がるのだ。

そんな重要なところでこんな「くだらない」ミスをするとは!

自分に腹が立つ!

こんなところで自分の点数を落としている余裕などないというのに。

少なくとも今年はこの科目を落としたことがほぼ確定したわけだ。

来年、この科目のある時間枠に他の必須科目が入ってこないことをただただ祈るばかりだ。



そして、

「教授!申し訳ありませんでした!」

2009-07-26(Sun) 22:45 日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | 編集 |
HOME NEXT
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。