自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20091230]
私が更新をサボっている間に株式会社ゴンゾから重要なIR発表がありました。少し驚きました。

1.一時会計監査人の選任(2009.12.28)
(「ゴンゾ Investor Relations」より/2009年12月28日)

一時会計監査人が新たに選ばれました。

2.第11期半期報告書(2009.12.28)
(「ゴンゾ Investor Relations」より/2009年12月28日)

新しい情報がけっこう詰まっています。現時点では純利益が出せていることや新規の長期借入が実施出来たこと、長期借入の一部で債務免除を受けることが出来たことなどです。契約内容の変更について主要金融機関から合意の見通しだということで、再建もちょっとずつ進んでいるようです。あとどうやら「咲 Saki」にも出資していたらしく、著作権収入があったようです。他にはライセンスビジネスの強化を目的に他会社の株式を取得しています。株関連と言えばゴンゾの子会社GK Entertainmentの株式を一部譲渡したという記述がありました。譲渡先はGK Entertainment代表者が代表を務めるGKHという別会社です。一瞬、"Gonzo Korea Holdings"なんて言葉が浮かびましたが恐らく違うでしょう。また、大株主にも若干の変更が見られます。個人投資家を除き大株主に健康食品会社が新たに2社入っています。どういう経路で健康食品会社なんでしょうねー。アニメと健康食品。接点が無さ過ぎます!



【リンク】
株式会社ゴンゾ(公式サイト)
ゴンゾ Investor Relations(IR情報のページ)

株式会社サン・クロレラ(公式サイト)
⇒大株主として突如参加。なぜ健康食品会社が新規に大株主になったのかは不明です。

サン・クロレラ販売株式会社(公式サイト)
⇒上に同じ。商号から推測できるように同じ系列の企業です。



【感想】
 ゴンゾは色々と酷いことを言われていますが、ちゃんと企業活動しているんだなと実感しています。意図はどうあれ、最近は「ゴンゾは潰れた」発言が多過ぎます。それが事実になってから言ってもらいたいものです。(日常生活においても実際に言ってる人がいて呆れましたが)まあそれでも私は堂々と応援させてもらいます。ゴンゾは新規に長期借入を実施することが出来ました。これをしっかり長期運転資金として活用し、再建が進められるよう願っています。まだまだ危ない状況ですが、これから少しずつプラスの要素が得られていくといいですね。あと、以前から"それ"にかなりの興味があったこと、そしてゴンゾがなんとか年を越えられたことへのお祝いも兼ねて『巌窟王』のDVD-BOXを買いました。しばらくお預けなんですけれども。
スポンサーサイト
[20091221]
ゴンゾ(旧GDH)が今年の6月29日に開示した第10期有価証券報告書にはゴンゾの沿革がかなり詳しく書いてあったので少し見入っていました。

中には思った以上に知らない情報があったり・・・。

ゴンゾにマレーシア法人があったこととかがそうです。

私は2日前まで「GDH(M) SDN.BHD.」の存在など知りませんでした。今は違う名前になっていたりするのかもしれませんが。例えばGONZO(M).SDN.BHDといったように。

「英国ロンドンに支店を開設」とかありましたが、ロンドンにあること自体は石川副社長のインタビュー記事(当時は社長)で読んだ覚えがあります。その時に米国法人ともう一箇所どこかにも法人があると仰っていたのですが、それがこのマレーシア法人だったのでしょうか。

現時点では沿革に出てくる米国法人「GONZO DIGIMATION HOLDINGS,Inc.」の名前を変えたのが「GDH International」なのかなーとか思っています。そもそも海外法人については情報がほとんどありません。

あと、ゴンゾロッソの子会社であるゴールドスカイ周辺についても私はよく分かっていなかったようです。

GONZO ROSSO(M) SDN.BHD.」は検索したら出てきたプレゼンテーション資料と思しき文書でチラッとみかけましたので名前だけは知っていました。

ゴールドスカイという会社も全株式取得で子会社化したことまでは知っていました。

しかし、この有価証券報告書に「GOLDSKY ACCESS SDN.BHD.」、「GOLDSKY ACCESS INTERNATIONAL,Inc.」、「GOLDSKY DIGITAL TECHNOLOGY LIMITED.」とゴールドスカイが連続で出て来た時は既に何が何やらという状態でした。

正直な感想が「そんなもの知らんぞ!」です。

ゴールドスカイはそんなにいくつもあったのかと。ゴンゾロッソはもう子会社ではないのでいいっちゃいいんですけれども。

他によく分かっていなかったことはゴンゾ・ディジメーション・ホールディングが出来た時点ではゴンゾとディジメーションが別々の会社として子会社としてぶらさがっていたということです。

私が村濱章司氏の「オタクバカ一代」の文章の解釈を間違えていたようで。お恥ずかしい。

これが明らかになったことで、ゴンゾとディジメーションが合併してゴンゾ・ディジメーション⇒ゴンゾという流れになったとかその辺りの流れが頭の中でまとまり、すっきりしました。



金⇒土は意外な収穫のあった2日間でした。
[20091220]
アフロサムライ』の原作コミックを読む機会を得ることが出来ました。

【リンク】
AFRO SAMURI(「Amazon.co.jp」より)
価格:2,100円
著者:岡崎能士(おかざき-たかし)
発売:2009年12月


まずこの本を読む前に見たのが「奥付(おくづけ)」です。本の後ろの方にある、著者や発行年月日等が載っているページです。その本が初版かどうか分かるあのページのことです。論文を書く際に見ることがあるかと思います。

最近は「権利」がどこにあるのかがよく気になるんですよー。

"(C)岡崎能士・GONZO"でしたのでGONZOさんの収入にもなることが分かりました。ホッとしましたよ。つまりこれは分配収入を得ることの出来る「関連商品」であるということですね。次の決算があるかどうかはともかく、その時の売上額の一部にはなります。その下にはこの本を出版して下さったパルコ出版さんのお名前もありました。パルコ出版さんの収入にもなる訳ですね。当然といえば当然です。

内容に関してですが、アニメとはけっこう内容が異なります。

展開が「アフロサムライ(アニメ第1作)」だけでないのは新鮮でした。さりげなく、「アフロサムライ:レザレクション(アニメ第2作)」のエピソードも盛り込まれていたのは嬉しかったですね。アフロサムライが好きな方は意外と楽しめる内容かもしれません。

ラストはもうほぼ違うと思っていただいてよろしいかと思います。

まずアフロサムライの復讐の旅が「一体何のためにここまでやって来たのか」ということになります。

アニメと比べるとアフロは全編通して、より人間としての感情が描かれているように感じます。より人間らしいです。

ただ、やはり「ヒーロー」ではなく「復讐鬼」だなと改めて感じるシーンもありました。

一般市民を平気で盾にしていましたので・・・。(姉弟がちょっとなぁ・・・)

ご興味のある方はどうぞ。
[20091219]

アニメーションを手掛けたのはGONZO! 『アルカディアサーガ』豪華PVをアップ
(「ファミ通.com」より引用/2009年12月18日)


ゴンゾの制作したプロモーションビデオです。

いつ請けたお仕事なのかが気になります。

ゴンゾの現在の事業活動がどうなのかという意味ではなく、ゴンゾ及びゴンゾロッソの現在の関係という意味で、です。

決算書等の文書をお読みになっている方にはお分かりかと思いますが、ゴンゾとゴンゾロッソ及びその他の企業との間にはある問題が生じていました。

それが解決した上でのお仕事だったのでしょうか。それとも解決しない状態でのお仕事だったのでしょうか。

ゴンゾの決算書の発表が6月上旬でした。

それから既に半年以上が経過していますね。

さてどうだったのでしょう。私としては当然、解決した上でのお仕事であったほうが嬉しいですね。

このPVの発表が今月18日ということはそれ以前に既に完成していたということです。

ゴンゾロッソ株の売却(3月31日)の頃もしくは6月以前に映像が完成していたというのは時間差の面で考えにくいかと思います。

この頃に上記の問題が発生していることですし、半年以上前ですよ。半年も前のものを今発表ですか。

恐らく6月よりも後になって請けた仕事だと考えられます。

内容が1分半程度の映像であることもからも「シャングリ・ラ」や「咲-Saki-」の放送終了前後には完成への道筋がある程度ついていた位、もしくは完成前後だったのではないでしょうか。

ゴンゾロッソとの問題のせいで今まで発表できなかったとか?

最近はゴンゾ側から文書が発表されていないので分かり辛いですね。
[20091215]

【リンク】
『アフロサムライ:レザレクション』トークショー決定!

(「アフロサムライ:レザレクション / AFRO SAMURAI RESURRECTION」より引用/2009年12月15日)

(詳しい日程等はリンク先でご確認下さい)

いいなー。GONZOのプロデューサーの話が聴けるなんて・・・。

どうやら、この杉浦仁司(すぎうら-ひとし?)さんという方は海外作品も手掛ける方のようです。

少し調べてみたところ、GONZO作品では「ガラスの艦隊」にてあの!アーサー・スミス氏と並んで海外広報にクレジットされていました。

アーサー・スミス氏といえば、GONZOの海外拠点であるGDHインターナショナルのトップです。
(アフロサムライ、ロミオ×ジュリエットなど海外向け作品のクレジットでよく見かけます)

杉浦氏は「ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~」ではライツ担当、「ロザリオとバンパイア CAPU2」及び「咲-Saki」では商品化担当などなど(その他役職との兼任もあり)・・・そして今回の「アフロサムライ:レザレクション」でプロデューサーを務められたそうです。

私も行きたいです。行けるものなら・・・。
HOME NEXT
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。