自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20100222]

【リンク1】
『ブレイブルー コンティニュアムシフト』の発売日がイベント"ぶるふぇす"で発表!

(「ファミ通.com」より/2010年2月21日)


株式会社ゴンゾ(以下GONZO)が新作のゲームにてアニメーションパートを担当することになりました。

今年の7月にPlayStation 3及びXbox 360にて発売される『ブレイブルー コンティニュアムシフト(BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT)』という2D格闘ゲームです。

現在、同タイトルがゲームセンターにて稼働中です。それを家庭用ゲーム機に移植する、ということなのでしょう。移植にあたって、新しく色々と追加しますよ、と。

前作の『ブレイブルー(BLAZBLUE)』でもゴンゾはアニメーションパートを担当しており、今回は続編のそれも制作することになります。リンク先には「GONZOが手掛けるアニメーションムービーは前作の2倍に。」とあります。前作というのはこの「ブレイブルー」のことです。

【リンク2】
ブレイブルー コンティニュアムシフト
ブレイブルー

(各公式サイトより/2010年2月21日)



最近、GONZOはゲームの仕事が多いです。

テレビアニメのシリーズ丸ごとの仕事はまだ出来ない(そうは言っても1~2話程度の単発の制作協力は可能な状態)けれども、アニメ制作が不可能なわけではないようで、ゲームの特典アニメやオープニングアニメ等はちゃんとこなしています。GONZOの公式サイトを見る限りは社員の方々も85人はいらっしゃるようです。思ったほど社員を減らしていないのでしょうか?

とにかくGONZOは少しずつではありますが回復しつつあります。

GONZOと直接の関係があるのかどうかは分かりませんが、GONZOと同じ住所であり、同社からの独立組であるフッズエンタテインメント株式会社(以下フッズ)は現在放送中の作品とは別に、今年の暮れにOVAの発売が決定しているようです。現在、制作も進行中です。

フッズの現在放送中の作品ではGONZOがしょっちゅう制作協力で参加しており、主要取引先にはアニメーション制作会社として唯一GONZOの名前があります。ここからGONZOとの繋がりが強いことが多少は伺えます。

まぁ・・・同じ住所ですから階段を少し上がればGONZO、少し降りればフッズです。お互いの連絡もとても容易に行えるのでしょう。
スポンサーサイト
[20100218]
試験の結果を報告致します。

おかげさまで、無事に合格することが出来ました。



おかげさまって、何もしてないぞ、なんて仰らないでください。

インターネットという公の場に意気込みを発表しただけでも、発言した自分への責任感が生まれます。

重ねて申し上げます。

本当にありがとうございます!

(点数はナイショでお願いします)

しばらくは体力づくりに集中出来そうです。



明日は休みということもあり、試験会場まで行ったついでにスピードグラファーのレンタルをしてきました。

物語の終盤は悪役であるはずの水天宮寵児(すいてんぐう-ちょうじ)に情が移ってしまう、そんな展開です。

悪役に対して、無事に復讐を果たして欲しいと思った作品はなかなかありません。

2010-02-18(Thu) 23:23 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | 編集 |
[20100218]
今日はMicrosoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の試験の日です。

制作進行でどれくらい使うかは分かりませんが、ワードとエクセルの基本操作くらいは、ということで受けます。
(もしかすると制作進行以外にもアニメ会社等の事務職を受けるかもしれません)

ワードとエクセル、パワーポイント等はある程度、独学で使っていましたが・・・思っていたより知らない機能がけっこうありました。

これは勉強としても良い機会です。

面接では最後は「人」の部分を見られるわけですが、制作進行としての採用の可能性がほんの少しでも高まるのなら喜んで受けます。それ以外の面でも役に立ちます。



私の学校は資格の取得に力を入れています。これを利用しない手はありません。

アニメの専門学校等に通われている人は私なんかよりも現場のことを山ほど叩き込まれて面接を受けに来るでしょう。

きっと強敵です。(勿論、アニメの専門学校以外から来る方々もそうです)

じゃあ、こっちは彼らの学校では得られないものをたくさん引っさげて受けに行けば良いのです。



今日は受験料を持って資格を買いに行くくらいの気持ちで行ってきます!

それでは!

寝ます!
[20100214]
ゴンゾとAICが2007年に共同制作した作品です。第20話がニコニコ動画のチャンネル

【リンク1】
【本編】瀬戸の花嫁 第20話 <1ヶ月限定配信>

第20話「男たちの挽歌」

(「ニゴンゾ動画」より/2010年2月14日)



~あらすじ~
第20話「男たちの挽歌」
悩む娘の姿を見て悩む父がいた。娘の心を理解しようととんでもない行動に出る・・・
Blu-ray BOX発売に併せ、瀬戸嫁ファンに人気のあるエピソードをゴンゾがセレクトして配信!


漫画が原作、アニメーション制作はゴンゾとAICの2社が共同で担当している作品です。調べてみると、けっこう人気がある印象でした。(全くの別件で1970年頃に「瀬戸の花嫁」という歌がありました)

瀬戸の花嫁は観たことがなかったので良い機会だと思い、私も観てきました。

初めて観たので、キャラクターについてはあまり知らなかったのですが、物語に入り込みやすく、それに加えてテンポ良く進むので飽きませんでした。内容は「ありえない」内容です。こんな父親がいたら子どもは恥ずかしくてたまらないでしょうね。でも彼らは本気なんです。それ以上の内容は皆様ご自身でご覧になって下さい。

私は沢山の流れていくコメントを見ながらただただ苦笑いしていました・・・。

本編を最初から観てみたいですね。



ご興味を持たれた方は公式サイトへ・・・どうぞ♪

【リンク2】
「瀬戸の花嫁」アニメオフィシャルサイト

(公式サイトより/2010年2月14日)

[20100213]
 3月25日から4日間に渡って開催される東京国際アニメフェアに株式会社ゴンゾが出展することになりました。

【リンク】
出展者情報 株式会社ゴンゾ 東京国際アニメフェア2010

『ブラスレイター』などの立体映像を公開するほか、グッズ販売・展示コーナーも設置いたします。ぜひGONZOブースにお越し下さい。

(「東京国際アニメフェア2010」(公式サイト)より/2010年2月12日)


 出展内容はリンク先を見る限り、とは言ってもその出展内容の情報が少なすぎるのですが、「アフロサムライ:レザレクション」(以下アフロ2)や「ブラスレイター」等で出展するようです。立体映像が展示されるそうですが、映像について学ぶ者として興味があります。以前、仏像の立体映像を観た時は面白いと思ったものです。・・・ブラスレイター「などの」立体映像とありますから、別の作品の立体映像も観ることが出来るのかもしれませんね。

 出展作品については、現在、ゴンゾは特に新しいアニメを制作している訳ではないようなので、どうしても過去の作品がメインになってしまうのは仕方がありません。

 しかし、アフロ2は製作時期や主な放送圏である米国での放送自体は少し前になりますが、日本での劇場公開は昨年末~今年2月辺りであったり、DVDやBlu-ray Discといったビデオソフトの発売は今年の4月であることなどが挙げられる為、アニメフェアの開催時期(3/25~29)から考えても日本においては丁度良い時期だと言えます。海外から来る方々にも是非アフロを売り込んで頂きたいところです。

 他にも「咲-Saki-」はDVDの発売が今も続いていることや、ストライクウィッチーズ(以下ウィッチーズ)に至っては今年の夏頃に2期の放送が予定されていることもありますので、過去の作品とは言っても、出展する作品に特に古さが表れている訳ではないでしょう。グッズ販売も行うとのことですので、グッズに関しては咲とウィッチーズは重要な柱になるのではないでしょうか。

(ウィッチーズの2期に関してはGONZOが作るというより、権利を保有していると言ったほうが良いのかもしれません)

私はこういうイベントには行ったことがありませんので、どういうものなのかはあまり分かっていません。何しろこういったイベントは東京周辺が多いので・・・。まあ、行ってもゴンゾのブースで幸せそうな顔しているだけでしょう。(笑)
HOME NEXT
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。