自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20100430]

【リンク】
ニゴンゾ動画 - ニコニコチャンネル

(「ニコニコ動画(9)」より/2010年4月30日)

<要約>
・GONZO作品『バジリスク~甲賀忍法帖~』の第1話から第9話までを無料配信
・ゴールデンウィーク期間限定配信

<作品のキャッチコピー>
愛する者よ、死に候へ。(あいするものよ、しにそうらへ。)

<宣伝映像>

【リンク】
バジリスク~甲賀忍法帖~ PV&CM <2/24ブルーレイBOX発売>

(「GONZODOGA」より/2010年4月30日)

<ひとこと>
日本版『ロミオとジュリエット』。敵同士の叶わぬ恋。

【感想・日記/その他】
バジリスクだ!GONZOの傑作だ!木文智氏の監督デビュー作だ!
これ以降、木崎氏は『アフロサムライ』、『アフロサムライ:レザレクション』、ゲーム『スーパーストリートファイター』特典アニメの監督を務めることになります。・・・GONZO作品につきっきりです。アフロサムライの原点がここにあります。

私は9話まで観てきますので・・・あとはよろしくお願い致します。実は『バジリスク』は2話までしか観たことがないんですよ。
スポンサーサイト

2010-04-30(Fri) 21:32 GONZO | トラックバック(0) | コメント(2) | 編集 |
[20100428]

【リンク】
あおぞら銀元行員を逮捕 インサイダー容疑で特捜部(2010/4/22)

逮捕容疑は、2006年12月上旬、東証マザーズ上場で融資先だったアニメ制作会社「GDH」(現ゴンゾ)の第三者割当増資の情報を事前に入手。公表前の同11日から07年1月19日までの間に、同社株135株を約1160万円で買い付けた疑い。

(「47NEWS」より/2010年4月28日)

<追記>
ゴンゾ側が違法行為を行った訳ではありません

【感想・日記/その他】
このニュースを知った時はすこし驚きました。こんな所でゴンゾの名前を見るとは思ってもみませんでしたからね。

先日、『アフロサムライ:レザレクション』のDVDを観たのですが、まさか、海外部門代表アーサー・スミスさんのインタビューが見れるとは・・・。頭の中では中年ぐらいのお方だと勝手に思い込んでいたのですが、想像よりも随分とお若い方でした。あと特典映像でイベント会場の映像があり、「Afro Samurai!!!」と叫んでいるファンの方々は面白かったです。

首の辺りが刺青だらけの人「アフロの刺青もいれるんだ」

・・・ハハハ(汗)

2010-04-28(Wed) 22:56 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20100425]
公言した通り、4月末発売のDVDを買ってきて観賞致しました。GONZO、もしくはGONZOグループが作った実写作品はこれで2作目になります。幸いにも2作とも見ることが出来ました。「ROBO☆ROCK」と本作です。

他にも実写作品を作ってはいますが、それらはいずれもVFXなどといった一部の工程を制作協力している程度です。

私はホラーが大の苦手なのでけっこう怖かったです。こんな時間に観終わるくらいの時間に観始めたのがまずかったようで・・・。きっと今晩は眠れなくなります。

しっかし、こういう映画は初めてです。GONZOが関わっていなかったら恐らく巡り合っていなかったでしょう。

ROBO☆ROCKは映像が安っぽかったとでも言いましょうか、その場の雰囲気があまり感じられないことが多かったのですが、本作はあまり安っぽさは感じられませんでした。ジャンルが違うということも関係しているのかもしれませんが、少なくともROBO☆ROCKは巨大ロボット「ランド・ツェッペリン」が主役でしたので。本作はいたって普通の「学生」です。

ま、それは置いといて。

そもそも、本編が始まるとイの1番にGONZOのロゴムービーです。

ズドォーーーン!!!(GONZOのロゴが画面奥に飛んでいって・・・)

バチバチッ!バチバチッ!(電気の効果音)

ドォーーーン!!!(飛んで行っていたロゴが目の前に戻ってくる)

男性ナレーション「ゴンゾ」

これを観たら一気に力が抜けてしまいまして。やっぱり出資してるんだな、と改めて感じた瞬間でした。

このムービーが流れるのはまずGONZOアニメだけなので、非常に違和感があります。恐らくGONZO作品が好きな人は皆そう感じるはずです。

私はアニメじゃなくて実写映画を観ているんですよね?どうしてもGONZOアニメの感じしかしてきません。

それにしても、制作や製作だけでなく配給までやるって、どれだけ力を入れていたのでしょう。ちゃんと採算が取れると良いのですが・・・。

「製作」の欄にGONZOの名前を見つけるや否や、狂喜。

本編に出てきた建物を瞬時にGONZOの本社屋と判断し、再び狂喜。

刑事「この建物は・・・どこかで・・・」

主人公「・・・え?」

私「それはいつも通りのゴンゾ社屋です」

さすがに、「ROBO☆ROCK」の時のように役員が出演することはありません。(ROBO☆ROCKでは当時の会長がご出演されていました)

本編では社屋は電灯が点いていない真っ暗な状態で写っていましたので、「あぁ、わざわざ消灯して撮影したんだなぁ」と想いを馳せることが出来ます。

内容自体は、携帯電話の画面に表示される「彼氏」の映像が気持ち悪いのです。メッセージを送ると返事のメールが来ます。この顔がまたうねうねと。こんなものを携帯に入れて遊ぶ気になんかなれますか!主人公もちゃんと気持ち悪がるんですけれどもね。

終盤の方では「携帯彼氏」という携帯アプリサービスのサーバーがどうも怪しい建物(ゴンゾ社屋)にあったようで、ゴンゾは悪の根拠地と化していました。

エンディングでは見覚えのあるプロデューサーさんの名前がチラホラと見受けられます。内田康史さん、難波秀行さん・・・。

内田さんは最近はお名前を見かけません。難波さんは「咲-Saki-」でスタッフとして参加されていました。

どうやら、この作品はGONZOが実写部門を移籍させた後に撮影開始した作品のようなので、GONZOは実写映像が作れる状態にあるようです。またこういった作品を観てみたいものです。



観終わって思ったことをそのまま書きましたが、どうも知性が感じられない文章になっています。

・・・申し訳ございません。

2010-04-25(Sun) 22:00 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20100419]
今日は各々の企画を持ち寄ってのコンペがあった。

第1回戦は勝ち抜くことが出来たが、2回戦目で惜しくも脱落してしまった。

今回は約20人程のコンペで、1回戦では1人5回まで投票を行ったのだが、5票は獲得することが出来、思っていたよりも反応は上々だった。4人に1人は賛同してくれたようだ。苦手な割には、プレゼンもある程度出来ていたように思う。コミュニケーションの矯正も少しずつ利いてきているようだ。

プレゼンをしている間はけっこう楽しかった。緊張の度合いは以前とは比較にならない。

私なんかだと、面白い提案など滅多に思いつかないので、他人よりも多く準備をし、提供する情報量に差をつけてどんどんアピールするしか手がない。そうやってようやく同じ位の土俵に立てる。

事前に指定された企画書用紙は1枚だけのものだったが、基本的には言われた以上のことをやるべきだ。

仕上げた企画書用紙を回収し、コピーして全員に配布してくれるとは思っていなかった。

しかし、たかが20人である。別に参加者が100人もいる訳ではないので、全員分の説明資料は用意しておいた。

企画に興味を持ってもらわないと意味がないので、説明資料の表紙のイラストは無料で使用できるものから引っ張ってきた。今回の企画をひとことで表すとこういう風になりますよ、というものを表現するよう努めた。

他には企画の狙い、その理由、メリット、デメリットの分析等々。最後に1枚だけだがこの企画内だけでは済まない、今後も役に立ちそうな参考資料をつけておいた。教授が一番喜んでいたのが意外だった。

出来ればアンケート調査もやっておきたかったが、その辺は私の怠慢だ。

教授によれば、今回のコンペでは出来れば1枚(指定された用紙)だけではなく、各々がもっと準備したものでプレゼンしてもらいたかったが、初めてなので今回は言うのは控えた、とのこと。

なので、今回の準備に関しては一応、正しい方向のものだったようだ。

他の人の企画も聴いたが、やはり反応が映像系の生徒&教授なだけあった。お互い平気で「サマーウォーズ」だの「さよなら絶望先生」だの「プロダクション・アイジー」だの「スターウォーズ」等といった作品名や単語がポンポン出てくる。映像専門だから、教授を含めて全員が映画はもちろん、アニメや漫画に対しても、その辺りで歩いている人が持っていそうな偏見がない。誰かが「"(作品名)"に雰囲気が似てて面白そう」と言えば「そうだねー」と明るい声が返ってくる。聴いたことのないような作品だろうとなんだろうと必ず「そうだねー」と誰かが返事をする。本当に映像作品が好きなんだなと感心する。そのような中で私の分かる作品などほんのひとつまみ程度だ。

こんな人たちが10年後はどのような作品を作っているのだろうか?

2年前の『授業』で「涼宮ハルヒの憂鬱」のエンディングを流された時は何が起こったかと思った。

同じく2年前の授業で、学生に今までどのような作品を観たことがあるのかについて、幼稚園、小学生、中学生、高校生、大学生・・・と時系列でアンケートのようなものを採った。それで教授がそれらの作品の画像をプロジェクターで映し出していたが、懐かしいものもあれば、GONZO作品「ロザリオとバンパイア」の画像まで出てくる始末だった。

私は困惑していたが、周りから聞こえてくるのは笑い声ばかり。

それを作る現場は相当大変なのだと思うが、皆揃って就きたい職業を目指して突き進もうか。

2010-04-19(Mon) 21:58 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20100418]

【リンク】
ニゴンゾ動画 - ニコニコチャンネル

>ニコニコ動画に再び「BLASSREITER」(ブラスレイター)が登場です。
>2ヶ月かけてゆっくりと「マレク編」を配信するので、一度だけでなく、二度三度と楽しんでください。

(「ニコニコ動画(9)」より/2010年3月31日)

<要約>
・『BLASSREITER(ブラスレイター)』は2008年に放送されたGONZOとニトロプラスのオリジナル作品。
・第7~9話までを2ヶ月かけて配信

<作品のキャッチコピー>
・融合せよ、悪魔の力
・運命に逆らい 呪われよ 彷徨い続けよ ゆえに、闘え
・姿を変え力を得た者たち 逃げられない闘いの連鎖が始まる
・新世代ハイスピード・ヒーローバトルアクション

<宣伝映像>

【リンク】
【PV】BLASSREITER 3分版(2008/12/3)
【PV】BLASSREITER 2分版(2008/12/3)

(「ニコニコ動画(9)」より/2010年4月18日)


BLASSREITER 第1話(2008/7/16)

(「GONZODOGA」より/2010年4月18日)

<ひとこと>
融合せよ、手描きと3DCGIの力
【感想・日記/その他】
 最近のGONZO作品の中では『アフロサムライ:レザレクション』と双璧をなしていると言っても良い作品。PVを観て頂ければ分かる通り、3DCGが非常に多い。CGにどれだけ力を注いでいるんだろうとふと思ってしまう。

 NHKで放送された日本アニメの海外へ向けた取組みについての特集番組ではゴンゾも例のひとつとして出てきた。その中でブラスレイターの撮影作業の場面も出てきた。(主に「アフロサムライ」についてだったが)

 ゴンゾがデジタル部門を売却した現在でもCGは相変わらず使っている。加えて、先日の東京国際アニメフェア(TAF)2010に行った人のブログには、ブースの担当者が「GONZOはこれからCGに力を入れていく」という旨の発言をしていたと記されていた。リンクが多い記事になってしまっているので、これ以上のリンクを貼るのは気が引けるが、情報元がないと信用して頂けないかもしれないので、これも載せておく。

【リンク】
★東京国際アニメフェアTAF2010取材レポート(ビジネスデー)★(2010/3/26)

>今後「GONZO様=3D」に「力」を入れていくそうです♪

(「新堂舞人。★マイト×マインドぉ~復活★」より/2010年4月18日)

 ゴンゾがCGに力を入れていきたいというのはTAFで立体映像を公開していたことからも多少は伺える。再建後は以前よりかは減らすにしても、またCGスタッフを抱えることになると思われる。続編が噂されている「ラストエグザイル」等は3DCGなくしては作ることは出来ない。そういった作品を作るのであれば、多少は無理のきくお抱えのスタッフというのが必要になってくると思う。

 ゴンゾ周辺でCGを作る会社はグラフィニカやサンジゲンがあるが、ゴンゾの仕事だけをという無理は言えない。だから、多少は無理のきくお抱えのスタッフというのが必要になる時がくるだろう。

 再建中のゴンゾは仕事というものにとても敏感になっていると思う。仕事の依頼にはかなり喜ぶだろう。(決して皮肉ではない)
以前は大切にしていなかったと言いたい訳ではないが、今はひとつひとつの仕事をこなすことをとても大切にしている。それはアキレスの「瞬足・LMX」のCM、「聖痕のクェイサー」の制作協力(本当に下請けなのか?)、他社作品の一部協力、スーパーストリートファイターの特典アニメ等・・・これらを観れば大体は分かる。この映像が潰れる潰れると自信に満ちた声で騒がれていた会社のものとは思えないことが多い。

 必死で働くスタッフの方々には頭が下がるばかりだ。怠け癖のある私なんかは罪悪感に駆られてしまう。

 明日、私は10人くらいで各々の企画のコンペがある。人前で話すのはそりゃもう苦手だが、それぐらいなんだと思える。まだやれる。ゴンゾは私の軽く数百倍は頑張っている。・・・いや、もっとか。

2010-04-18(Sun) 22:00 GONZO | トラックバック(0) | コメント(1) | 編集 |
HOME NEXT
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。