自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20100830]

【リンク】
インデックスHD、アトラスなど子会社2社を吸収合併(2010/08/30)
 (「日本経済新聞」より/2010年8月30日)


インデックス・ホールディングス、連結子会社の吸収合併に関するお知らせ(2010/08/30)
【補足】インデックス・ホールディングス、連結子会社の吸収合併に関するお知らせ(同日発表)
 (「株式会社インデックス・ホールディングス」(公式サイト)より/2010年8月30日)

<要約&解説>
・ロッソインデックス(旧ゴンゾロッソ)の親会社であるアトラスが、その親会社であるインデックス・ホールディングスに吸収合併されることとなった。効力発生は平成22年10月1日より。
・インデックス・ホールディングスは今回の合併で、共に子会社であるアトラス(完全子会社)及びインデックス(連結子会社)を吸収合併する。よって2社は解散。
・また、本合併後の11月に株主総会での議決を経て、インデックス・ホールディングスの商号をインデックスへと改める予定。
・ロッソインデックスは、国内のオンラインゲーム会社。代表作は「パンドラサーガ」「アルカディアサーガ」等。元GONZOグループ企業。

<コメント>
知人にアトラスのファンがいるので気になりました。ロッソの親会社でもありますし。辛いのはゴンゾだけではありませんね。

【日記/その他】
ゴンゾの新作が早く発表されないものでしょうか。プロモーションビデオとか。
スポンサーサイト
[20100829]

【リンク】
0823(2010/08/23)
"今日は新型ヴァンシップ、新国家戦艦群、主人公拠地、家屋や暮らしざまなど提出。"
 (「わたしのブログ」より/2010年8月29日)※小林誠氏のブログ

<要約&解説>
・ラストエグザイル続編についての情報と思しき内容の記事を発見。
・小林誠(こばやし-まこと)氏は、国内のイラストレーター。「ラストエグザイル」ではプロダクションデザインを努めた。その他のGONZO作品にも多数参加。
・「ラストエグザイル」は、2003年に放送されたテレビアニメ作品。制作はゴンゾ。(当時の商号はゴンゾ・ディジメーション)
・ゴンゾは、国内のアニメーション制作会社。代表作は「ラストエグザイル」「巌窟王」等。

<コメント>
見えないところでちゃんと進んでいそうな雰囲気。ラストエグザイルのファンが皆買ってくれるような作品になるように。私はBlu-rayを観るための環境を持っていないが、販売はDVDとBlu-rayの両方であってほしい。

【日記/その他】
路上での技能教習もようやく慣れてきた。たまに周囲に迷惑をかけてしまうけれど、思っていたよりも楽しい。

2010-08-29(Sun) 21:31 GONZO | トラックバック(0) | コメント(3) | 編集 |
[20100828]
『さよなら銀河鉄道999~アンドロメダ終着駅~』のDVDをレンタルで観た。

中身はもう何度も観ている。観ている間は復習しているような気分だった。

正直なところ、あまり落ち着かなかった。

何故か。

画質が綺麗過ぎるからだ。

私がこの作品を観たのは、ビデオテープが最初だ。テレビで放送された本作を録画したものだ。録画は標準モード。

ビデオテープは録画した時点で画面が何かしらチラ付く。

それに加えて経年による劣化が発生する。映像の乱れが大きくなる。

私はその「さよなら銀河鉄道999」を観てきた。

私にとってはそれが本作なのだから、綺麗な映像の本作は本作ではない。

DVDの後、大事にしまっているビデオの方を観た。

以前よりも映像の乱れが強くなっていた。しかし、まだ充分に観ることが出来る程度。音質も少々篭ったような感じだ。

だが、やはりこちらの方が落ち着く。

元々はビスタサイズに合わせて作られていたのだろうが、私の視聴環境ではスタンダードサイズ。

エンディングでは曲の歌詞が画面左下に表示されていくのだが、私の観ていた環境ではその歌詞のが1/3ほどテレビ画面からはみ出していた。はみ出て見えないのが当たり前だった。

その歌詞が綺麗に全部表示されているのも違和感があった。

なぜ全部表示されているのか。

元々の映像の左右を少し切り取ったものを私は今まで観ていたのだから、今回のDVDでは見覚えのない領域の存在に戸惑ってしまった。

何かがおかしい。

やはり、私には本作を録画したビデオテープの方がよく馴染む。タイトルを書いているシールがもう茶色く変色している。

画質も悪いし、音質も悪い。

だが、そこが良い。

小さい頃からずっと一緒だったのだ。

上京の際も、必ず持っていく。

何かひとつだけを持っていくことが出来るというのなら、選ぶのは当然このビデオテープだ。

観ることが不可能になっても決して捨てることはない。中身も大事だが、その古びたビデオテープがそこにあるだけでも大きな意味がある。

これは発売中のBlu-ray版では得られない。また少し違うものなのだろう。そもそもこのビデオテープの思い出が大き過ぎる。

今も棚の中で一際異彩を放っているアイテムだ。

2010-08-28(Sat) 22:39 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20100827]

【リンク】
GONZO Web Official Site
 (公式サイトより(会社案内→人材募集)/2010年8月27日)

<要約&解説>
・ゴンゾが制作進行職の求人を再開。(先日、求人において制作進行職のみ募集を終了していた。)
・募集人数は若干名。雇用条件等は前回の募集と同じ。
・ゴンゾは、日本のアニメーション制作会社。代表作は「ロザリオとバンパイア」、「アフロサムライ:レザレクション」等。

<コメント>
今応募できる方々が羨ましい。しかも、ゴンゾは現在、国内向けと海外向け(中国)の両方を制作中。私は職選択の範囲を若干広げたものの、依然「制作進行職」が第一希望。どこかの制作会社を受けるまでにやれることはやっておくことにする。

2010-08-27(Fri) 23:05 求人 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20100825]

【リンク】
タキ・コーポレーション
 (公式サイトより/2010年8月25日)


タキC、オデッサEに7/1付で映像事業譲渡(2010/08/03)
 (「文化通信.com」より/2010年8月25日)

<要約&解説>
・「タキ・コーポレーション」(以下「タキ」)が映像事業を7月1日付けでオデッサ・エンタテインメントへと移管した。
・タキは映画配給や映像ソフト販売を行う会社。最近はTVアニメ作品『聖痕のクェイサー』等を販売。
・「オデッサ・エンタテインメント」は、中央映画貿易株式会社が設立した新会社。タキが過去に発売・販売してきた映像作品も継承。
・TVアニメ作品「聖痕のクェイサー」は、フッズエンタテインメントが制作したアニメーション作品。
・フッズエンタテインメントは、ゴンゾを独立したスタッフが設立した、国内のアニメーション制作会社。代表作は『聖痕のクェイサー』、『あきそら~夢の中~』等。

<コメント>
タキから発売されたDVDを私も2品ほど持っています。こういうニュースは辛いですね。アニメーション制作会社も経営がかなり厳しいと聞きますので、業界全体が決して余裕のある状態ではないようです。ゴンゾもフッズも今後が気になります。
HOME NEXT
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。