自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20110728]
今日、とある講義の最終回。

講師は某社の方。広告、キャッチコピーの講義です。

今日まで面白いCMもたくさん観せてもらえました。

最後に、学生の「時期」に合わせた粋なCMを一本。そして先生からのメッセージ。

「好きなことを毎日伸ばしなさい。」

これに尽きます。

参加者全員に何か響くものがあればいいな。



あと来月のゴニョゴニョの日程も決まりました。

・・・人生初のアニメ会社。

ゴンゾ&松本零士作品から受けた影響も遂にここまできたか(笑)。

多分、もう引き返せないところまで来たのでしょうね。
スポンサーサイト

2011-07-28(Thu) 00:49 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20110725]
※下線部は「解説を読む」に簡単な解説あり

【レポート】

7月25日、ニコニコ動画チャンネルに「こぴはんちゃんねる」が開設され、そこでGONZO作品『こぴはん』のメインスタッフが発表されました。

原作:百天神社振興会
アニメーションディレクター:鎌田 祐輔
キャラクター原案:KEI
アニメーションキャラクターデザイン:鎌田 祐輔
美術監督:杉山 祐子
美術設定:森川 裕史
色彩設計:古市 裕一
撮影監督:林 コージロー
編集:廣瀬 清志
音響監督:本山 哲
音響制作:スタジオマウス
音楽制作:Type ZERO
アニメーション制作:GONZO
製作:こぴはん製作委員会


(ニコニコ動画チャンネル「こぴはんちゃんねる」より)

撮影監督には林コージローさんがいらっしゃいますね。廣瀬清志さんも何度かお名前がクレジットに載っていたような。あぁ、やっぱりGONZOだ。少しずつ蘇ってきてる。
【コメント】

やっぱり「制作:GONZO」の文字は何度観ても嬉しいです。ゴンゾが帰ってきたーって感じがして。林コージローさんのお名前を見るとどうしてもGONZO作品を連想してしまいますね。既にグラフィニカに移られているので、林さんのお名前のある作品は必ずしもGONZO作品というわけではないのですが。
以前から公式サイトに掲載されているPVによると原作の百天神社振興会というのは、デイライト、エッジワークス、パルプライドの3社のことを指しているようです。製作委員会については、残念ながらどのような企業が参加しているのかよく分かりません。ゴンゾはこの作品に出資してるのかなー。あとはアフロサムライが実写化の流れで3作目も作られると嬉しいです。

それと、もうひとつ。以前、映像産業振興機構(VIPO)の理事に石川さん(ゴンゾ副社長)のお名前がありましたけれども、6月頃(?)の改選時には選任されていないみたい(VIPOにはやたらと理事がいますね)。どうやら2004年から理事に就任されていたようですが、やはりお忙しかったのでしょうか。今はゴンゾにとってとても大事な時期なので、そちらに専念するということでお辞めになったのかもしれません。

【関連リンク】※外部サイト(2011年7月25日現在)

こぴはん | 公式サイト
 (アニメ「こぴはん」の公式Webサイト)
こぴはんちゃんねる
 (アニメ「こぴはん」のニコニコ動画チャンネル)
GONZO Web Official Site
 (株式会社ゴンゾの公式Webサイト)

【関連記事】※当blog内(2011年7月25日現在)

【GONZO/新作】オリジナル作品「こぴはん」 初音ミクのキャラデザ・KEI氏と組む(2011/05/04)


(以下、下線部の解説)

解説を読む


2011-07-25(Mon) 21:40 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20110723]
※下線部は「解説を読む」に簡単な解説あり

【レポート】

7月21日、GONZOの公式Webサイトやその他ニュースサイトでGONZO作品『アフロサムライ』の実写映画化プロジェクトが本格的に動き出したことが発表されました。

初めてアフロサムライの実写映画化が発表されたのは2005年の夏頃。実に6年ぶりの情報となりました。

プロデューサーにはアニメ版「アフロサムライ」で主人公のアフロ役を務めた、サミュエル・L・ジャクソンさんが、実写化の権利は製作会社Indominaグループが獲得。

『アフロサムライ』ハリウッド実写化始動!(2011/07/21)
 (株式会社ゴンゾの公式Webサイト)

また、アニメーション映画『アフロサムライ:レザレクション』(アフロサムライ第2作目)の日本語版公式サイトが公開された時点では、ビデオソフトの売り上げは北米で約40万本とされていましたが、今回の実写化発表での告知によれば、現時点で既に約50万本に達しているとのことです。

【コメント】

普段は情報の掲載が遅めのゴンゾ公式サイトですが、今回は即日掲載というスピード。相当重要なニュースだったのだろうし、きっと嬉しかったんだろうなあ。私も嬉しいです。地方でも観れたら見に行きたいです。

【関連リンク】※外部サイト(2011年7月23日現在)

AFRO SAMURAI
 (劇場版アニメ「アフロサムライ」日本語版公式Webサイト)
アフロサムライ:レザレクション / AFRO SAMURAI RESURRECTION
 (劇場版アニメ「アフロサムライ:レザレクション」日本語版公式Webサイト)
GONZO Web Official Site
 (株式会社ゴンゾの公式Webサイト)

【関連記事】※当blog内(2011年7月23日現在)

該当なし。


(以下、下線部の解説)

解説を読む


2011-07-23(Sat) 16:20 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20110715]
※下線部は「全文を読む」に簡単な解説あり

【レポート】

7月15日、GONZO新作『ラストエグザイル~銀翼のファム~』の公式Webサイトにて、情報の定期更新(毎週金曜)が行われました。

更新内容は2点。

新キャラクターの設定画(前作キャラ!)の掲載、海外アニメイベントでの上映会の予定についてです。

掲載された設定画は、前作『ラストエグザイル』をご覧になった方々にとって、とても懐かしいものになるかもしれません。お二人とも変わりませんね。

また、本作「銀翼のファム」は、米国のアニメ・マンガ関連イベントである「Anime Expo 2011」(開催期間:7/1~4)での第1話上映会が好評でしたが、ドイツで開催される同様のイベント「AnimagiC 2011」(開催期間:7/29~31)でも上映会が行われることになりました。詳細は「銀翼のファム」公式サイトにて。

【コメント】

前作の海外での売り上げが好調だったことによるものなのか、宣伝は海外に重きを置いているのでしょうか。海外ばっかりでずーるーいー。二人はどんな立場で登場するのかな。

【関連リンク】※外部サイト(2011年7月15日現在)

ラストエグザイル―銀翼のファム― 公式ホームページ
 (TVアニメ「ラストエグザイル~銀翼のファム~」の公式Webサイト)
GONZO Web Official Site
 (株式会社ゴンゾの公式Webサイト)

【関連記事】※当blog内(2011年7月15日現在)

【GONZO/作品】キャストを新たに追加。「ラストエグザイル-銀翼のファム-」(2011/07/08)
【GONZO/作品】セシリー役に中島 愛さん。「ラストエグザイル-銀翼のファム-」(2011/07/05)
【GONZO/海外】「銀翼のファム」上映会場での映像を公開。「スゴイヨォー!」(2011/07/04)


(以下、下線部の解説)

解説を読む


2011-07-15(Fri) 14:57 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20110709]
GONZO作品『ウィッチブレイド』が、遊技機の検定を通過したとかしないとか。

ST機っぽいですね(・∀・)(2011/07/08)
 (遊技機情報ブログ「侍~samurai~777ブログ」より)

今までの、『SAMURAI 7』や『ドラゴノーツ~ザ・レゾナンス~』といった遊技機化の情報は、大抵、このブログさんから得ています。多分、今回も本当なんじゃないかな、と。

最近、GONZO作品の遊技機化がけっこうありますが、ゴンゾのライツ部門や営業さんとかが売り込みに行ったりして、採用されたものとかもあるのでしょうか。全部が全部、メーカーさんからの遊技機化のお誘いという訳でもないでしょうし。

2011-07-09(Sat) 22:08 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
HOME NEXT
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。