自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20110830]
※下線部の解説は、文末の「解説を読む」にて。

【レポート】

8月26日より、ニコニコ動画公式チャンネル「こぴはんちゃんねる」にて、GONZO作品『こぴはん』第2話の配信が行われています。「こぴはんちゃんねる」へは、作品公式サイトからアクセスすることが出来ます。

(この記事を書くにあたって、もう一度観直してきました。最近、GONZOに関する情報で取りこぼしが多くて申し訳ありません。

時間は第1話の5分41秒よりも増え、6分7秒となっております(OP・ED映像含む)。

「こぴはん」 2034年6月1日午後12時13分(2011/08/26)

(動画投稿サイト「ニコニコ動画」より)

次の配信は、9月9日辺りになると思います。
【コメント】

テーマである「近未来」をもう少し強調してほしいかな、とは思います。しばらくはキャラクター紹介のためのエピソードになるとしても、少しくらい近未来を思わせる要素があっても良いと思います。

第2話では、作中の校内放送で、ストラップをプレゼントされるところ(採用された手紙の投稿者が喜ぶ場面)、「今日一番ツイていない先生」の辺りが面白かった。正直、他はあまり印象に残っていません。いや、でも、人形劇のところは新鮮でした。

時間稼ぎとも思える「止め絵」の連発はちょっとしらけちゃうかもしれません。第1話より時間が短くなっても良いので、絵にもう少し時間をかけられると、より充実した内容になるのではないでしょうか。

いくら本作が短編とはいえ、やはり同時3作は難しかったのだと思います。それが表に出てきてしまっている(と思われる)点は残念です。同じ短編作品である『にゃんぱいあ』の方は、インタビュー記事によれば、比較的少ない人員でも制作可能なものだったようです。ちょっと今のゴンゾにはそこまでが限界だったのではないでしょうか(ただ、それは向こうも認識できているはずです)。

やはり『ラストエグザイル』が同時進行している状況では、というところでしょうか。惜しい。でも、私としては、こぴはんのDVDは欲しい!と思える位の作品です。本当はグッズのアクリル製時計も欲しいんですけどね!

【関連リンク】※外部サイト(2011年8月30日現在)

こぴはん | 公式サイト
 (アニメ「こぴはん」の公式Webサイト)
GONZO Web Official Site
 (株式会社ゴンゾの公式Webサイト)

【関連記事】※当blog内(2011年8月30日現在)

【GONZO/商品】アクリル製時計を発売&アニメは全7話構成。「こぴはん」(2011/08/19)
【GONZO/作品】祝!第1話配信開始。「こぴはん」(2011/08/12)
【GONZO/作品】第2回生放送の様子 「こぴはん」(2011/08/01)


(以下、下線部の解説)

解説を読む

スポンサーサイト

2011-08-30(Tue) 21:29 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20110828]
東京での用事も終わり、本日、地元へ帰ってきました。

とても素晴らしい数日間でした。本当に良い方々ばかりで充実しておりました。

最初は大変だったのですが、慣れてきた面もあったのか、最後はもっといたいと思うほどでした。

細かく書いてしまうと、お世話になった方々にご迷惑をおかけしてしまいますので控えますが、今考えると、この数日間、私は本当に生き生きとしていた気がします。少し前の教育実習でもそうでした。

ゴンゾを六年近く追いかけてきましたが、たった数日でゴンゾと同じくらいに親しみを覚えるようになりました。

いや、親しみに限って言えば、既に追い抜いているのかもしれません。

充実した日々をありがとうございます。

(勿論、これからもblogはゴンゾ重視で続けていきます!)

2011-08-28(Sun) 01:20 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20110824]
人生初の映像制作会社が近づいてきました。

話すのがすごく苦手で、あがり症で、声が弱々しいので上手くやってくることが出来るか心配。

これが縁で何かいいことがあれば嬉しいです。

初めての場所なので道に迷わないと良いのですけれども。



…正直、ちょっと怖いです。

2011-08-24(Wed) 00:26 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20110821]
ようやく「馬鹿」が帰ってきたみたい。心配してたんだから。

そう。ゴンゾは馬鹿と言われたって別に平気。社名の由来を知っていればすぐ分かる。

2008年に37億の債務超過が発覚してからも、2009年に更に30億超の赤字となった時も…私は、信じてましたよ。

ゴンゾが帰って来るってことを(折れそうな時はありましたよ)。

笑いたきゃ笑いなさい。

でも、まだ復活じゃない。継続して作品が受注できるようにまでならないと。

今のゴンゾの状況は、国内で公表されているものに限って言えば、3作品を制作中。でも、その内の2作品は5分程度の短編作品。

あと2年。あと2年、全12話以上の「TVシリーズ」を年に2作ほどの割合で維持していければ…。久しぶりにOVAだっていい。そこまで出来るようにまでならないと復活なんかじゃない(もちろん、作品としての面白さも)。

でも、そこまで出来るようになればとりあえずは安心。つまるところ、今、ゴンゾは「まだまだ」の状態。

一定のレベルの映像制作が可能であることを知らしめるために、アニメ関連企業らにアピールするために、『ラストエグザイル~銀翼のファム~』にはそういう役割もあると思う。ゴンゾ側がそれを意図しているかどうかはともかく。

色々な意味で記念作品となるかもしれない「ラストエグザイル2」。

ゴンゾには期待大。



近況報告。

ようやく、某社への残暑お見舞いのはがきを投函。

上手くやってこれるだろうか。良い人たちだといいなー。

本当は、ゴンゾやグラフィニカの入居しているハーモナイズビルとかも見てきたいけど、どうしても都合が合わないので無理。

別件で、先日知り合った人たちへの挨拶のお手紙がまだ出せてない。早く出さないと…。こういうものはタイミングが大事だというのに。

2011-08-21(Sun) 00:52 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20110819]
※下線部の解説は、文末の「解説を読む」にて。

【レポート】

8月13日、GONZO公式通販サイト「GONZO STYLE」(ゴンゾスタイル)にてGONZO作品『こぴはん』の商品が取り扱いを開始されました。

商品第1弾は「こぴはん アクリルクロック 01『栂山ゆずき』」。名前の通り、時計です。

(紹介ページ/GONZO STYLE)
こぴはん アクリルクロック 01『栂山ゆずき』(クリック)

時計のデザインは青を基調としたシンプルなもので、中央にキャラクター「栂山ゆずき」を配置。時間を示す数字はなく、その部分には変わりに黄色の点があります。

価格は¥5,040(税込)です(ちょっと高いかなぁ…)。

また、この商品の説明文にアニメ「こぴはん」は全7話であることが記載してありました。以下の通りです。

第2話以降も隔週木曜日24時から「ニコニコ動画」内「こぴはんちゃんねる」にて配信予定!(全7話)

(「GONZO STYLE」より)


【コメント】

けっこうこの商品が欲しかったり…。もしも、GONZOロゴマークも一緒にどーんと付いていたら間違いなく買ってしまいます。以前のゴンゾスタイルのように、オリジナル商品(ボールペン、ナイロンパーカー等)も販売してくれたら、とてーも嬉しいのですよ。勿論、GONZOのロゴマークが入ったものを。だって、GONZOロゴ大好きだもん。だからGONZO作品のDVDの冒頭に入ってるロゴムービーなんかは毎回鳥肌モノ。友だちには呆れられちゃいましたけどねー。

【関連リンク】※外部サイト(2011年8月19日現在)

GONZO STYLE ファンライフ通販センター
 (GONZO公式通販サイト「GONZO STYLE」の公式Webサイト)
こぴはん | 公式サイト
 (アニメ「こぴはん」の公式Webサイト)
GONZO Web Official Site
 (株式会社ゴンゾの公式Webサイト)

【関連記事】※当blog内(2011年8月19日現在)

【GONZO/作品】祝!第1話配信開始。「こぴはん」(2011/08/12)
【GONZO/作品】第2回生放送の様子 「こぴはん」(2011/08/01)
【GONZO/作品】OP主題歌を発表。登場キャラ3名で 「こぴはん」(2011/08/10)


(以下、下線部の解説)

解説を読む


2011-08-19(Fri) 21:58 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
HOME NEXT
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。