自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20110925]

残像だ。
強烈な光を放つ人間の側にいると、強烈な残像が目に焼き付く。
それは永遠に見た者の心に残り、離れることはない。
それが太陽を直視してしまった者の宿命だ。
俺はあの御方と出会った時、それを見た!!


(TVアニメ『SPEED GRAPHER』第13話より)

昨日、ネットのどこかで、この台詞を少しいじった書き込みを見かけまして。

しばらくの間、「これどこかで聴いたぞ…かなり身近な作品だったはず。声色まで思い出せるのに…」と考え込んでいました(こういうことはよくあります)。

出展の部分にあるように、『スピードグラファー』だったわけなんですけれども。

なんだか、こういう出会いがあるといいなー、と思っちゃいますね。いえ、「出会い」とあるからといって、恋愛というわけではありませんよ。

私の場合、実際に会った人に限っていえば、多分いないと思います…。お世話になった方とかで印象のとても強い方はいます。でもそれはこの台詞の意味するところとは少し違うように思います。その方々が安っぽいとかそういう意味ではありませんよ。

松本零士さんも、西崎義展さんも、会ったことないんですよね。講演会で遠くから見たということすら。ゴンゾのロゴだって実物(デジタルデータ除く)は目にしたことがありません。



遠くない未来に、この台詞にあるような出会いがあることを願って。
スポンサーサイト

2011-09-25(Sun) 00:55 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20110923]
…なんとか、今日まで大学も辞めずにやってくることができました。

改めて「学芸員」の勉強はやっておいて良かったな、と。

「卒業」以外の条件を満たすまでに2年半かかりました(2~4年生にかけて)。

学芸員の勉強ができる環境にいらっしゃるのであれば、説明会に参加する位はしてみても良いかもしれません。

でも、役に立つよと言っても意味がないでしょうから、

ここで私が誘われた時の口説き文句を。

「学芸員は作品を世に広める仕事。また、(展示では)演出家でもある。」



…ほら、アニメのみならず色々と役立ちそうな気がしてきませんか。



「作品を世に広める仕事」の部分はプロデューサーとか宣伝担当とか。

「演出家」の部分はそのまま映像制作で。

どうです?ここで何かひっかかるものがあれば、勉強してみることをお勧めします。

なければ、このままスルーでOK。

(講義・実習の履修を全て終えた身としましては、博物館が気軽に楽しめるようになっただけでも、堅苦しさを感じなくなっただけでも、とても良い機会だったと思ってます。)

それと、やっぱり私としましては、アニメーション制作にも繋がってくると思っています。

…今までそう思ってやってきましたし、美術品を観る機会が多いので勉強にもなります。アニメというよりも感性の。

これがきっかけで、美術品を観る機会もぐーんと増えました。

博物館実習(実習館にもよります)では、作品の展示作業(ワイヤーで吊るす等)があるのですが、そういうことやってると美術館に行った時など、「あ、ワイヤー斜めになってる…」とか「(展示の仕方が)よく工夫してあるなー」と学芸員さんの苦労がちょっと見えてきます。

2011-09-23(Fri) 23:18 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | 編集 |
[20110922]
※下線部は「続きを読む」に簡単な解説あり

【レポート】

9月22日、GONZO作品『にゃんぱいあ -The Animation-』の全エピソードを収録したDVDの発売が発表されました。

発売日は11月25日(金)。

DVDは限定版(¥2,940)と通常版(¥1,680)の2種類。

(通販サイト「Amazon」なら、通常版が¥1,230くらいでしょうか。)

TVアニメ「にゃんぱいあ-The Animation-」全エピソードを収録したDVDが11月25日に発売決定!(2011/09/22)

(ポップカルチャーポータルサイト「じゃぽかる」より/2011年9月22日)

本作は、通常のテレビアニメのように30分枠の番組構成ではなく、各エピソードが4分30秒ほどのショートアニメです。

【コメント】

よし!予想通り!安いっ!けっこう売れると良いなー。個人的にはけっこう売れると思っています。多分、ゴンゾも出資してるでしょう。

【関連リンク】※外部サイト(2011年9月22日現在)

にゃんぱいあ The Animation | 公式サイト
 (TVアニメ「にゃんぱいあ The Animation」の公式サイト)
GONZO Web Official Site
 (株式会社ゴンゾの公式サイト)

【関連記事】※当blog内(2011年9月22日現在)

【GONZO/作品】GyaO!、キッズステーションで放送開始。「にゃんぱいあ-The Animation-」(2011/07/07)
【GONZO/イベント】「にゃんぱいあ」PVなど上映。まだ1作品隠してる 徳島マチアソビ(2011/05/04)
【GONZO/新作】アニメ版「にゃんぱいあ」今後の予定 他(2011/01/20)


(以下、下線部の解説)

解説を読む


2011-09-22(Thu) 23:17 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20110922]
かつては、ゴンジーノの代表、また、旧ゴンゾの副社長など…これらの要職を歴任してきた吉田 悟さん。

こういうお方です。

すごい会議 - 株式会社ゴンゾの実施例(※旧ゴンゾ)

けっこう重役に就いておられたのに、いつの頃からか、お名前を聞かなくなっていました。

元常務取締役の内田康史さんも独立し、現場を率いていた多くのプロデューサーも新たなスタジオへと旅立っていきました。

そんな状況ですから、吉田さんも退社されていたとしても何ら不思議ではありません。

今日の休憩時間に、何となく検索してみました。「吉田悟 GONZO」で。

すると…どうやら、アニメーション制作会社であるピクチャーマジックの取締役に同姓同名の方がいらっしゃるみたいなんですよね。

で、GONZO作品『咲-Saki-』の元請制作会社がゴンゾからピクチャーマジックへと変わった頃(第15話以降)に、アニメーションプロデューサーがゴンゾの柴田知典さんから吉田悟さん(同姓同名)へ移行。

元請が変わったのだから、現場の管理者(アニメーションプロデューサー)が変わるのは当然。なので、この吉田悟さん(同姓同名)はピクチャーマジック所属のお方のはず。

この吉田さんってやっぱりゴンゾの吉田さんなのかなぁ。

『咲-Saki-』の元請変更を機にピクチャーマジックに移籍しちゃったのかな…。

いや、同姓同名ってだけなんですけどね。まさかねってことで書いてみました。

2011-09-22(Thu) 22:46 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20110921]
クラシックと『巌窟王』のサウンドトラックを聴いていたら、

久しぶりに『巌窟王』が見たくなってきました。

明日、期限のものがあるというのに。

…気分転換にCDなんて聴くんじゃなかった。

そういえば、近々、『ファースト・スクワッド』というアニメーション作品のDVDが発売されるそうです。

制作はスタジオ4℃。海外向け作品です。

発売されるDVDの情報を見てみて、えー日本語吹き替えないのー、と思ったのですが、

…『アフロサムライ』シリーズもそうでした(笑)。

なんてこたーないです。

それにしても、「巌窟王」のBlu-ray版、観たいなー。テクスチャの部分がより映えるようになっているそうです。

2011-09-21(Wed) 20:16 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
HOME NEXT
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。