自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20130226]
【レポート】
2月25日、アニメーション制作会社エンカレッジフォルムズの取締役であった追崎史敏さんが、代表取締役社長に就任することが公式Webサイトにて発表されました。また、追崎さんの社長就任により取締役に新たに2名の方が就任されています。これらの人事異動は、代表取締役社長だった池田東陽さんが17日にお亡くなりになったことによるものです。

【リンク】
弊社代表取締役の異動に関するお知らせ(訃報)(2013/02/25)
(「株式会社エンカレッジフィルムズ」公式Webサイトより)

情報の詳細については、上記のリンク先、または本記事の下部にある「関連リンク欄」記載の関連サイト等をご覧下さい。

【コメント】
公式サイトにある池田東陽さんによる企業理念はそのままにしておいてほしいです。池田さんのサインもそのままに。

【関連リンク】※外部サイト(2013年2月26日現在)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (株式会社エンカレッジフィルムズの公式Webサイト)
エンカレッジフィルムズ - twitter
 (同社のtwitter公式アカウント)

【関連記事】※当blog内(2013年2月26日現在)

【エンカレッジフィルムズ/訃報】元ゴンゾのプロデューサー・池田東陽さんがご逝去。エンカレッジフィルムズ代表(2013/02/26)
【エンカレッジフィルムズ/作品】アニメーション制作の名義を他社に変更。以降は「企画」名義へ 「戦姫絶唱シンフォギア」(2012/01/28)
スポンサーサイト
[20130226]
【レポート】
2月17日、ゴンゾの元プロデューサーであり、アニメーション制作会社でエンカレッジフィルムズで代表を務めていた池田東陽さんがお亡くなりになりました。昨日26日、エンカレッジフィルムズの公式Webサイトにて発表されました。

【リンク】
いつもエンカレッジフィルムズを応援してくださっている皆様へ(2013/02/25)
 >池田の作りたかったものを、必ず形にしてみせます。
 >そして、その時がきたら、皆で池田に向かって言ってやりましょう

 >「バーカ!」と。
(「株式会社エンカレッジフィルムズ」公式Webサイトより)


出会いと別れ。。。(2013/02/22)
(声優・岩男潤子さんの公式blog「J.I room」より)

2013.2.24(2013/02/24)
 >おつかれさま。
 >よくがんばったね。



 >世界一のバカヤローへ。
(声優・大原さやかさんの公式Webサイト「大原省 ~さくら~」より)

池田さんの携わった作品には、ゴンゾでは『ゲートキーパーズ』『カレイドスター』『ロミオ×ジュリエット』、エンカレッジフィルムズでは『おんたま』『戦姫絶唱シンフォギア』などがあります。
そんな彼は、中々珍しいディジメーションのスタッフ。ディジメーションが合併してそのままゴンゾへやってきた人の一人。

私としては『ロミオ×ジュリエット』のプロモーション映像が素晴らしかったです。この映像のほとんどは本編では使われなかったという贅沢なPVでした。

【リンク】
プロモーション映像 vol.1 大:640×480
プロモーション映像 vol.1 大:320×240
(TVアニメ「ロミオ×ジュリエット」公式Webサイトより)
※トップページにアクセスした場合、必ずではありませんが自動的に公式blog(リンク切れ)の方へ飛んでしまうことがあるのを確認しました。公式サイト自体は生きてますので、blogへ飛ぶ前に別のページ(EPISODE、GALLERY等)にアクセスすれば回避できます。

情報の詳細については、上記のリンク先、または本記事の下部にある「関連リンク欄」記載の関連サイト等をご覧下さい。

【コメント】
エンカレッジフィルムズはゴンゾから独立していったスタッフが設立した制作会社の中ではあまり目立ってはいない方でしたが、やりたいことをやっているということがかなり伝わってくる感じでした。池田プロデューサーの携わった作品では、『カレイドスター』も楽しませていただきましたが、私にとっては『ロミオ×ジュリエット』の衝撃の方が印象に残っています。残念です。

【関連リンク】※外部サイト(2013年2月26日現在)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (株式会社エンカレッジフィルムズの公式Webサイト)
池田東陽プロデューサーの結婚式な日!(2007/05/13)
 (声優・大原さやかさんの公式Webサイト「大原省 ~さくら~」より)
 ※内容は池田プロデューサーがご結婚された当時のものです。

【関連記事】※当blog内(2013年2月26日現在)

【訃報】石黒昇さんが死去 宇宙戦艦ヤマト(演出)など(2012/03/23)
【訃報】飯田馬之介氏が逝去 元GONZOメンバー(2010/11/27)
[20130216]
今のところ、『青の6号』の件については第2話まで観ました。

現在、放送されている作品でもないので観ようが観まいが関係ないよ、と言われればそれまでではありますが・・・。

ニコニコ動画で一挙放送とかあれば幸せです。

もしそうなるなら、是非とも『スピードグラファー』ですよね!? あれはきっと盛り上がると思います。

水天宮のあのやりきった笑顔はなんとも言えないものがあります。

・・・なに書いてるんでしょうね。



こんな私事なんかよりも『RYO -龍-』の音楽担当が黒石ひとみさんになったとか色々書くべきことがあるでしょうに。

2013-02-16(Sat) 22:50 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20130208]
最近、アニメはあまり観ていない。

先月の始め頃、随分と前に購入していた『わが青春のアルカディア』のDVDを観た位だ。その感想は置いておいて、そろそろゴンゾ作品にもう一度注目してみようじゃないかと思い始めた。

要するに、また「GONZOアニメが観たくなった」のだ。

久々のオリジナル作品だった『銀翼のファム』は中々楽しめたが、また少し期間が開き始めている。アニメミライや未発表の作品も控えているのは分かっているのだが、また1年程空いてしまうんじゃないだろうかと少し心配になる。

最近のゴンゾは、短編やPV、シナリオ参加などといった比較的小粒な仕事が多かった(現場の人の苦労を考えると小粒と言ってしまうのはいけないのかもしれないが)。ここらでどーんとゴンゾ節を食らいたいが、まだあまり期待できそうにはない。アニメミライでゴンゾ節が味わえるのかもしれないが、私の住んでいる所では観れそうにないし、TVアニメだとこちらでは放送自体されない可能性が高い。

だから観たい。過去の作品とやらを。ゴンゾの馬鹿っぷりが(勿論、褒め言葉です)。

とりあえず、2/11(月)に『青の6号』を観る、とここに明確に記しておく。

「青6」のCGは古いながらも意外と格好良かったりするのだ。その興奮を書き記した時はよろしく。

2013-02-08(Fri) 22:21 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
HOME
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。