自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20090331]
自分の好きなもの・人を整理することも兼ねてプロフィールの詳細版を、と思い書きました。
単に好きなものを並べただけのような気もしますが・・・。

ハンドルネーム:mura
職業:大学生
出身地:九州(あくまでも出身地)
年齢:15~25歳
志望:某映像制作プロダクション
ひとこと:----


『私の好きな~』

※多くなりそうな場合は、失礼ながら「~他」とさせて下さい。
 実際、こういう風にもの又は人を挙げていくと、~は好きだけど書いている時には思い出せなかった、なんて場合もよくありますので。

あと、私は話にすぐ矛盾などが生じてきますので、それぞれについての話(いわゆる語り)などは大して出来ません。


●作・編曲家編(五十音順・敬称略)

青木 望、大島ミチル、木森俊之、グスターブ・ホルスト、桜庭 統、東海林 修、すぎやまこういち、
千住 明、田中公平、服部克久、服部隆之、服部良一、羽田健太郎、久石 譲、平尾昌晃、
宮川彬良、宮川 泰、リヒャルト・ワーグナー、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン 他

●歌手・グループ編(五十音順・敬称略)

朝比奈マリア、梓みちよ、亜矢、岩崎宏美、川中美幸、北島三郎、ゴダイゴ、坂本冬実、ささきいさお、ザ・ピーナッツ(伊藤エミ・伊藤ユミ)、沢田研二(トーキーオッ!!)、ジュディ・オング、園まり、渋谷哲平、志方あきこ、布施 明、舟木一夫、水木一郎、 他

●小説家、劇作家編(五十音順・敬称略)

アントン・チェーホフ、アレクサンドル・デュマ、ウイリアム・シェイクスピア、野村胡堂、デュマ・フィス、
泉 鏡花、メーテルリンク

●漫画家編(五十音順・敬称略)

せがわまさき、手塚治虫、荒木飛呂彦、原哲夫、松本零士、宮下あきら

●俳優編(五十音順・敬称略)

麻上洋子、鮎川いずみ、池田昌子、井上真樹夫、伊武雅刀、井上喜久子、梅宮辰夫、大川橋蔵、
岡本 麗、折笠 愛、加藤 剛、来宮良子、京本政樹、小清水亜美、小山茉美、小清水亜美、
里美浩太朗、白木真理、柴田秀勝、島田順司、菅井きん、田島玲子、富山 敬、中条きよし、
野沢那智、林家珍平、潘恵子、藤田まこと、藤岡琢也、藤岡 弘、三田村邦彦、武藤礼子 他

※私個人の考えとしては、一般に「声優」と呼ばれる方々も俳優である、と考えておりますのでこの項目に含めます。

●ゲーム編(五十音順)

「アルトネリコ」シリーズ(注1)、「ヴァルキリープロファイル」シリーズ(注2)、
「サクラ大戦」シリーズ(注3)、ポケットモンスター(赤緑青)、「真・女神転生デビルチルドレン」シリーズ

●制作および製作会社編(五十音順)

イマジン(アニメ制作会社の方)、GDHグループ全般、テレコム・アニメーションフィルム、東映、
東映アニメーション、日活、プロダクション・アイジー

●小説作品(五十音順)

海神別荘、金色夜叉、車輪の下、銭形平次、椿姫、ロミオとジュリエット、若きウェルテルの悩み 他

●漫画作品(五十音順)

ああっ 女神さまっ、宇宙海賊キャプテンハーロック、男おいどん、銀河鉄道999、
クイーンエメラルダス、シュヴァリエ、新・竹取物語 1000年女王、「戦場まんが」シリーズ、
ゾンビ屋令れい子、逮捕しちゃうぞ、ニーベルングの指輪(松本零士)、
パンプキン・シザーズ 帝国陸軍情報部第3科、漂流幹線000、無敵看板娘 他

●映像作品(アニメ・実写) (五十音順)

青い山脈、暴れん坊将軍、「宇宙戦艦ヤマト」シリーズ、E.T.、大岡越前、鬼平犯科帳、
オペラ座の怪人、おみやさん、「銀河鉄道999」シリーズ、クイーンエメラルダス、御家人斬九郎、
黒衣の花嫁、三匹が斬る、シカゴ、シザーハンズ、シュヴァリエ(Le Chevalier D'Eon)、銭形平次、
タイタニック、長崎犯科帳、はぐれ刑事純情派、「必殺」シリーズ、水戸黄門、
わが青春のアルカディア、渡る世間は鬼ばかり 他

●アニメ業界人(五十音順・敬称略)

石川真一郎、石川光久、大塚康夫、梶田浩司、小松原一男、前田真宏、宮崎 駿、村濱章司、
りんたろう 他

石川真一郎氏には経営うんぬんと色々な話題が上がってきますが、それを抜きにして、夕食の場で村濱章司氏に「私たちは世界一のアニメ制作会社になりたい!」とまで言い切ったというその熱意を持った(現在それがあるかというのは置いといて)石川真一郎氏が好きです。
また、村濱章司氏についても石川氏と同じく非常に大きな野心を持っているから好きです。
梶田浩司氏においてはGONZOは硬派で挑戦的、という印象を植え付けた人の一人だと思っています。現在は別会社に移ってしまわれましたようです。売り上げがどうだったかはともかく彼の関わった硬派で挑戦的な作品が私は好きです。

3人への単なる擁護に聞こえるかもしれませんが、私の考えをストレートに述べてみました。

文中の(注~)について
注1→歌がとても好き。「響き」がある。
注2→理由は上手く言えないが、神々しい雰囲気が好き。曲には「響き」がある。
注3→昭和歌謡な雰囲気が私の好みにフィットした。

まず初めに言わせていただくと、私はキスシーン、ベッドシーンといったいわゆるアダルトな表現が苦手です。あと美少女がいっぱいで~というのも少々苦手です。
表面的な表現も直視できない甘ちゃんです。
ですが、決して馬鹿にしているという訳ではありません。
私個人の肌にはあまり合わないな、といったところです。

ではなぜ、いやらしいことを連想させる会話があり、美少女が出るアルトネリコ、戦闘と併せて美少女達との恋愛も描くサクラ大戦が好きなのか?
正直、今でもアルトネリコ、サクラ大戦の恋愛などのシーンは肌に合わないところがあります。
ムード出すぎで目を覆ってまでプレイすることも多々あります。
でも、アルトネリコとサクラ大戦とにおいて気に入っている部分があります。

それは歌です。

この2作品は歌や音楽といったものを非常に大切に扱っています。(勿論、他の作品にもそのようなものはあるでしょう)
アルトネリコの歌は響きがあって綺麗ですし、サクラ大戦はシリーズが進む毎に薄れたりはしていきますが、なんたって曲のモチーフが「昭和歌謡」。

それが理由です。

あと私は王道ストーリーというのが大好きなんですよね。


いつも通り話題があっち行ったりこっち行ったり・・・。
もうちょっと文章に気をつけます。
スポンサーサイト

2009-03-31(Tue) 15:47 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://japanimation.blog72.fc2.com/tb.php/154-0e1ee7a3
HOME
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。