自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20090704]
"G"制作会社の作品に「ぼくらの」という作品がある。

私は2話目まで観る機会を得ることが出来た。

G社には申し訳ないが、今のところそれより先を観る予定はない。

ストーリーはロボット(約500m)を子ども達が命と引き換えに動かし、地球に攻めてくる敵と戦うとかいうもの。(ただし、あくまでこれは"ゲーム"という扱いらしい)

このロボットの名前はジアース(Zearth)という。

"the earth"(地球)とかけているのだろうか?中々面白いネーミングだ。

原作は読んだことがない。なので、私にとってはこのアニメが全てといえる。

ストーリーについては今回はこれ以上書かない予定。

この作品はOPテーマ曲が話題となった。

私も気に入った。イントロにコーラスっぽい部分があったからだ。

それに"G社"という要素で補正がかかった。

このオープニングでは冒頭にこのジアースを画面の中心に据え、その周りをカメラが回りこむように移動するカットがある。

私の中ではかなり好きなカットの部類に入る。

手法自体は別に目新しくも何ともないと思う。

しかし・・・ナンカ格好いいのだ。(以上!)

CGでガーッと回り込んで撮る、というのが好きなのかもしれない。

(実質、「ぼくらの」の話はここまでになるだろう・・・)

加えて、"企画:藤田純二"と出てくるのもイイ感じがする。

それ、誰だよ!って思う人が多いだろう。

一言で言えば当時のG社の社長である。

現在は同社の子会社であるフューチャービジョンミュージックの代表取締役兼音楽プロデューサーだ。

この人が一時期社長をしていたので"企画"の項目にはこの人の名前が載っていた作品もある。

私はこの「ぼくらの」と「ブラスレイター(BLASSREITER)」しか覚えていないが・・・。

この藤田純二という人物はみかけはただのおじさんだ。

当時、藤田代表が公式HPで掲載していた"代表からのひとこと"。

「アニメでしか出来ない表現を!」

その下に書いてあった細かい文章は覚えていないが、けっこう熱いものがあった・・・と思う。

と、ちょっとした紹介になった。

このG社、企画の通し方とか原作の選び方の基準がイマイチ分からない。

原作選びについては他社と明らかな差がある。

そもそもデビュー作が40年以上前の漫画が原作なのだ。渋すぎる。

実際にはG社が原作として選んだのではなく東芝EMIに浮いたアニメ企画があったらしく、その話が舞い込んできたそうだ。

その後はモンテ・クリスト伯(⇒巌窟王)、ロミオとジュリエット(Romeo×Juliet)等を選んでいるところを見る限り、海外で売ろうとしているのが滲み出ている。
これらの作品はファンの中では"裏名作劇場"と呼ばれているらしい。

ここ最近はさすがに国内で売れそうな作品を選び出してきている。

最近ではストライクウィッチーズなんかは国内でそれなりのヒットを出した。

個人的にはG社はこういう作品を作るイメージではない。
(でもそれは人によってかなり違ってくるだろう)

が!多様なジャンルを幅広く手がけるところもG社の良い面だと思っている。

私としてはこれを維持してもらいた。

今は抑えているようだが、少し前にもアフロサムライなどの「俺達はこういうのが作りたいんだ!」という内なる欲望を象徴するかのような作品を吐き出しているところが見られる。(アフロサムライは原作付き作品)

その内、また爆発するかもしれない。

結果として海外でアフロサムライはかなりのヒットとなった。

しかも、アニメファンのみならず、一部一般層までも巻き込んだそうだ。

なんでも"うちのおじさんは普段、アニメなんか観ない。でもこれだけは楽しく観ていた"らしい。

G社の本願は国内市場だけでなく海外市場でも売れる作品を作ることである。

原作ファンにこっぴどく叩かれたヘルシングも海外を意識した上での内容の改変であったと聞く。
(擁護したいわけではないが、私はけっこう面白かった)

そのせいかどうかは不明だが、売り上げは好調だったようだ。

アフロサムライに話を戻す。

やはりアフロは日本ではあまり売れなかったようだ。

G社がまた変なの作った、という印象だったかもしれない。
(もちろんおもしろいと思って買った人もいる)

私は運良くこのアフロサムライをレンタルで観ることが出来た。

ぼーっとレンタル屋を彷徨っていたところ、目に入ってきた。

ひとことで言うと、"本来のG社"であった。

言い過ぎかもしれないが、私としてはこれこそ真の姿とでも言わんばかりだ。

(この部類には巌窟王やスピードグラファー、レッドガーデンといったものが入る)

この作品はハリウッドにて実写映画化のプロジェクトが進んでいるらしい。

G社はこの実写作品の原作の権利を持っているいる。
(アフロサムライの原作者である岡崎能士氏と半々?)

これが成功すればけっこうな収入になるだろう。
(それまで存続しているか、そして実写化までこぎつけられるかの2点が問題)

・・・もう文章が思いつかない。ここと相互リンクをさせて頂いているブログではG社のことについて書かれた記事があるので、そちらにバトンタッチさせて頂くとしよう。

誠に勝手ながら今日だけ後はよろしく!教祖殿!!!

教団「二次元愛」
http://blog.goo.ne.jp/beamtetrode350b

・最新のG社関連記事
http://blog.goo.ne.jp/beamtetrode350b/e/584bce7715a098bc1354cb7f5af8b105
スポンサーサイト
□  by 教団「二次元愛」教祖

「よし、まかせろ!」
と言いたいところですが、いや~、アフロサムライは見たことないんですな。 (^^;
いずれ見てみようかとは思うのですが。

2009-07-06(Mon) 20:08 | URL | #- [ 編集 ]
□ Re: タイトルなし by mura

> 「よし、まかせろ!」
> と言いたいところですが、いや~、アフロサムライは見たことないんですな。 (^^;
> いずれ見てみようかとは思うのですが。

勝手なことしてすみませんでしたぁッ!

「アフロサムライ」のPVならG社の作品紹介のページで観れますよ。

2009-07-06(Mon) 21:38 | URL | #qrodNzso [ 編集 ]
□ Engつらい by 教団「二次元愛」教祖

> 勝手なことしてすみませんでしたぁッ!

いやいやおかまいなく。
というか、お互いにじゃんじゃんリンク張りあっちゃいましょう。

つられていまPV見てきましたが、なんだかすげー面白そうですね。
しかし英語はつらいっす・・・。

2009-07-07(Tue) 00:16 | URL | #- [ 編集 ]
□ Re: Engつらい by mura

> しかし英語はつらいっす・・・。

DVDは字幕が入りますけれども、かなり渋く感じることが出来ましたよ。
人によっては「むしろ日本語はありえない!」ってくらいにはなるかもしれません。

2009-07-07(Tue) 00:32 | URL | #qrodNzso [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://japanimation.blog72.fc2.com/tb.php/240-78552ccc
HOME
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。