自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20090709]
アニメスタッフデータベース
http://wiki.livedoor.jp/radioi_34/d/%A5%B7%A5%E3%A5%F3%A5%B0%A5%EA%A1%A6%A5%E9

"製作:シャングリ・ラ製作委員会(角川書店、GDH、クロックワークス、NTT docomo、ソニーPCL)"

角川書店がトップなのは当然として、GDHが2番目。(一体いくら出した・・・)

NTT docomo?

なぜこんなところに・・・。シャングリ・ラに何らかの可能性を見出したのだろうか。

出資する以上、何らかの期待があるから行っているはずだ。

(ソニーPCLはエンディングのクレジットに出ていた)



どうもGDHは出資しているようだが、

確か、以前の開示資料にGDHの出資割合の変更について書いたものがあった。

残念だが、今はその資料が手元にないため詳細の確認が出来ないのだが、確か最大40%程の出資額を今後は20%程度に抑える、といった内容だったと思う。

この記事を見てみよう。
http://zanei.biz/Diary_animation.html

「シャングリ・ラ」1話あたりの製作費が1500万円と仮定して

1500万×24話=3億6000万円

その内の20パー(出資割合)だから7200万円。

うわっ。こんなに払ってるのか。(実際はどうなのか知らない)

いや、最初にもらう分が数千万あるわけで、そこから広告代理店やTV局に払って・・・

どの時点での製作費に対しての20パーなのかよく分からない。

どう考えても私の調査不足だ・・・。

こんな状態で記事を書くわけにもいかないので出資額の計算の話はここまで。

どちらにしろ、ゴンゾ側が作品にけっこうな額の金を出していることには変わりない。

今の経営難には今までの作品への出資により生じた負担も原因の一つだ。

出資しておけばグッズなどの売り上げで追加の収入がある。

その作品が"ヒットしたら"追加収入はかなりの額になるだろう。

ストライクウィッチーズやアフロサムライからは2億円程の分配収入があった模様。

私は「シャングリ・ラ」がとても好きだが、市場のニーズを考慮してみると、売れるとはいい難い。

同時期の作品ではどう見ても「咲 Saki」の方が売れるだろう。

こうなると、シャングリ・ラにおける出資額の分を収入で補うことが最初の課題になると思う。

製作委員会にゴンゾ側が加わっているのが分かったことで生じたのは何もマイナスなことばかりではない。

製作委員会の中で利益が分配される、ということはゴンゾ側にも利益の一部がいくということだ。

つまり、こんな私でもシャングリ・ラのDVDを買うことでゴンゾの利益に貢献できるのだ。(どちらかというと角川書店側寄りだが)

この追加収入は出資しているからこそのものである。

単に仕事を請けているだけではこれは発生しない。

この収入の存在はとてもありがたい。

とはいえ、ゴンゾには生き残って欲しいので、しばらくの間は出資を控えていただきたい。

見ているこっちがヒヤヒヤする。

加えてアフロサムライの実写版は早く完成してもらいたい。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://japanimation.blog72.fc2.com/tb.php/247-35a8bbec
HOME
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。