自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20090725]
梶田浩司―――

彼の名をご存知だろうか。

彼はゴンゾの現副社長兼代表取締役である石川真一郎氏の親友らしい。

そして一緒にアニメーション制作会社ディジメーションを設立した。

梶田氏はそのディジメーションの社長をしていた。

(後にディジメーションはゴンゾと合併することになる)

梶田氏はゴンゾでも代表取締役社長をしていた時期がある。

スピードグラファーやレッドガーデンの時期がそうだった。

この頃はゴンゾは地味な題材の作品が多かった。

巌窟王、スピードグラファー、バジリスク、ウィッチブレイド・・・。

これらの作品は皆、梶田氏が関わっている。



彼は現在、既にゴンゾを退社している。

当時のゴンゾのプロデューサーであった沖浦泰斗氏と共に独立し、新しいアニメーション制作会社「デイヴィッドプロダクション」を設立したのだ。


そのデイヴィッドプロダクションは最近、着々と元請作品を持ち始めてきた。

その作品は・・・
リストランテパラディーゾ
http://www.rispara.tv/
ドッグス/バレッツ&カーネイジ
http://annex.s-manga.net/dogs/
戦う司書
http://www.bantorra.com/

の3つである。

よく見てもらいたい。

この雰囲気―――。

私にはどう見ても彼が所属していた頃のゴンゾ作品に似通っているようにしか思えないのである。

スピードグラファーやレッドガーデン、そういった類の作品を作り出してきた梶田氏が存分にやりたいものをやっているようにしか見えないのだ。

恐らく市場ニーズとは異なる作品だろうと思う。

少なくとも売り上げを出すハードルは高くなると思われる。

まるでゴンゾの特徴だけ受け継いできたかのような会社だ・・・。

出資さえしていなければ売り上げの良し悪しによる損害など発生しないわけだが・・・大丈夫なのだろうか。

ゴンゾと似たような道を歩まないか心配だ。

とはいえ、私はゴンゾやデイヴィッドのような雰囲気の会社も必要であると思う。

そもそも似たような作品ばかりあっても面白くない。





あと、この会社は資本金がやたら多い。

アニメーション制作会社はその多くが資本金の少ない会社である。

1000万やそれより少し多いくらいの会社がほとんどだ。

数億円規模の会社はかなり少ない。

そのような中、新興の企業であるにも関わらず9,000万(資本準備金含む)だ。

1億円のギリギリ手前なのだ。(といってもあと1000万円だが)

梶田氏が持っていたゴンゾ株を売却した利益からでも出したのだろうか・・・。

資本金というと、ゴンゾの場合は34億円超と異常に多い。多すぎるのだ。

幾度となく増資を繰り返したことも要因のひとつだろう。

この数字だけ見ればアニメーション業界最大手の東映アニメーションですら凌ぐ金額だ。

私はまだデイヴィッドの作品を観たことがなく、今後観る機会も得られそうにないので、作品への評価は出来ないが、このような企業が今後は貴重になってくるかもしれない。

危うくならない範囲内で存分に力を発揮してもらいたい。
スポンサーサイト

2009-07-25(Sat) 17:09 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://japanimation.blog72.fc2.com/tb.php/265-e56cf92f
HOME
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。