自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20091014]
『G○NZ○戦記』
 第2戦「総力戦 ~カネと兵器と損失と~」

20**年―――侵攻作戦はピークを迎えつつあった。



時代は2007年へと移り、戦況は誰の目にも明らかであった。

今や第1勢力であると言われても仕方がない程の勢力を誇るG○NZ○陣営が送り込む刺客の年間投入本数は既にピークへと達している状況にある。

ヤツらは既に9本の作品を投入しつつあり、2006年より引き続き松本陣営率いる第1勢力に猛攻を仕掛け続けている。

この時(2007年)、リーダーとしてチーム"7年の刺客"を率いていたのは、

アフロなサムライ』と『両家の運命に引き裂かれたカップル』の2人であった。

少々痛々しい名前を冠せられていた2名の刺客であったが、その裏ではチームを率いるに相応しい理由があった。

"アフロなサムライ"はG○NZ○本拠地の最高権力者"イシカワ"なる人物までもが海外に出向き、共同で計画を進められ、"運命に引き裂かれたカップル"はTVアニメとしては莫大な予算を投入されたと言われており、戦線投入後(放送後)も大幅な改修作業(DVDリテイク)を施された。

しかも、"アフロなサムライ"は他国との共同プロジェクトとして実写映像化の計画まで動き出している。

そして、この時、影のリーダーと囁かれていたのが『撃墜魔女』その人である。

彼女はもっと早い時期に戦線に投入されるはずであったが、G○NZ○本拠地で2006年後半頃より発生し数年間続くことになる、後に言う『暗黒時代』と呼ばれた赤字計上期間による影響で戦線投入計画が遅れたと噂されている。

結果として、"撃墜魔女"単独での作戦行動は叶わず、他の部隊(商品)と共に戦線投入(発売)されることとなり、"抱き合わせ部隊"と揶揄された。

だが、後にこの"撃墜魔女"がG○NZ○陣営において"第5侵攻部隊"の存在を世に知らしめるきっかけとなり、新型麻雀兵器の生産に繋がることになるとはこの時点では恐らく誰も予想できてはいなかっただろう。



2007年の刺客たちは2006年に密かに実行されていたG○NZ○本拠地での人事異動によるものもあった。

G○NZ○本拠地にはいくつかの部隊が存在し、主にグループ戦略統括部隊の"GD叡知"、アニメ部隊の"ゴゾン"、オンラインゲーム部隊の"ゴゾンロッソ"などがある。

このの人事異動ではグループ全体に影響力を持つ会長職だったムラハマ氏、そしてアニメ部隊"ゴゾン"の代表であったカジタ氏両名の事実上の降格が行われた。

カジタ氏の後任としてゴゾン代表となったのは周りに"フジタ"と呼ばれG○NZ○で音楽部門を統括してきた人物であった。2007年戦線においてフジタ氏は自身が発案(企画)した全長約500mを誇る巨大兵器『BO・KU・RA・NO』を第1線に投入したが、投入後にいくつかの問題が発覚し、思ったほどの成果を得ることが出来なかった。

この時のG○NZ○陣営の"7年の刺客"の中には瀬ト内魚類連合を率いる"任侠人魚"、数名で数十隻もの宇宙戦艦を沈め、しかも月から地球へ十数秒で特殊兵器を召喚することも可能なウサギ達"月面兎兵器"なども含まれていた。



こうして、物量による総攻撃を仕掛けていたG○NZ○陣営であったが、精神世界の主が既に精神的に立ち直っていたこともあり、精神力を直接的な補給物資とすることが出来なくなっていた。

これにより、最大にして最強の補給ルートが絶たれていたG○NZ○陣営は2007年の内に第1勢力との決着をつけるつもりだったようだが、予想以上に戦闘が長引いたため、G○NZ○陣営の損害は増えつつあった。

そして、来る2008年にその損失内容が発覚した。

長期戦となったため、ある程度の損失は誰もが予想していた。

しかし、その内容は恐るべきものであり、G○NZ○陣営は驚愕の事実を知ることになった。

なんとG○NZ○陣営の領土に換算して、約37億5200万k㎡もの損失が出ていたのだ。
(※精神世界での争いなので地球の実際の面積などは無視!)

(一勢力がこれだけの領土を保有することの異常性についても追求はナシで)

これにより、G○NZ○もさすがに攻撃の手を一時緩めざるを得なくなった。

しかも、一部の協力勢力からの造反が相次ぎ、「今回の37億半もの損失を1年以内に回復しなければ、協力を打ち切る」との条件を提示する勢力もいた。

G○NZ○陣営は手元に残っている補給物資を使い、無謀にも最終兵器の建造を計画し始めた。

その最終兵器の名は『ブラス×レイター』。発案はゴゾン代表のフジタ氏が他企業の代表と共同で行った。

この新型兵器はG○NZ○自慢の技術"仮想現実(3DCG)"を最大限に駆使した究極の兵器であった。

この作戦と同時に最高権力者イシカワ氏発案による対神兵器"$が騰がるおっきな塔"の建造が開始されようとしていたが、この兵器の能力は未知数(!?)だ。

しかし、最高権力者たるイシカワ氏が呪文"学生時代にとても好きだった"を唱えたため、急遽、建造せざるを得なくなった。

これがその証拠の機密文書(ただのインタビュー記事)である。

-リンク-
モテる社長の法則
"この頃に僕がナムコさん(現 バンダイナムコゲームス)の同名ゲームをプレイしていたのがキッカケなんですよ。"



戦乱の世において、全てを把握することは非常に困難である。

そして、G○NZ○が最終兵器"ブラスレイター"を始めとする捨身の攻撃を繰り出そうとする中、イシカワ氏すらも把握していないところで2007年の戦闘において"抱き合わせ投入"と揶揄された撃墜魔女が暗躍していた・・・。

それに気付く者はまだこの戦乱の世にはいなかった。



つづく


【感想】
なんか・・・馬鹿らしいこと書いてるなと自分でも思っちゃいます。(こういうあり得ない話を妄想と言うのでしょうね)ある程度は現実と絡めて書いてはいますが、時系列に少々違いが見られることもあるかもしれませんのでその辺りはお許しください。
くだらないとはいえ、この駄文は2次創作に入るわけですよね。なので今回からは伏字にしました。

あと作品名などは作品内容とほんの少し絡めながら濁してあります。


最後に反省をひとつ。

・・・これって刺客がどうのこうのって話じゃありませんでしたっけ?
作品同士で和解して酒を酌み交わすなんてのもありましたよね?
いつの間にか巨大兵器やら対神兵器やらが出てきちゃってますけれど。


(勢いと雰囲気で書いちゃってるところがありますのでゴメンナサイ)
スポンサーサイト

2009-10-14(Wed) 16:30 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://japanimation.blog72.fc2.com/tb.php/324-3dc889f6
HOME
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。