自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20091030]
ゴンゾを設立したのは前田真宏氏、村濱章司氏、樋口真嗣氏、山口宏氏の4人だ。

既に村濱氏は退社し、LAMBDA FILM株式会社を設立した。

樋口氏は現在、株式会社イマージュの事業部であるMotor/lieZ(モーターライズ)に所属している。

山口氏はフリーとして独立。

・・・という風に皆がてんでバラバラな状態。

しかし、ただ一人現状が分からない人物がいる。

前田氏だ。

そこで氏のブログ「前田真宏のINUBOE」から引用してみる。

2009年9月21日のこれが一番新しい記事だ。

その後、スタジオが新宿にあった時、遊びに来てくださったのですが、ちょうど僕が席を外しておりお会いすることができなかったのが今思い出しても大変悔やまれます。
(リンク)⇒前田真宏のINUBOE/記事「一ヶ月ぶり」より引用


「GONZOが新宿にあった時」ではなく「スタジオが新宿にあった時」とある。

これは言うまでもなくゴンゾの事を指しているのだが、私はこの言葉の遣い方が少々引っ掛かっている。

仮に前田氏が既にGONZOにいないとしよう。

皆さんは自分がGONZOを既に辞めて別会社にいると考えて欲しい。

「スタジオが新宿にあった時にね・・・」

そういう状況にある時、皆さんはいきなり「スタジオ」で会話を始めるだろうか。

今、別会社にいるとすれば、「GONZOが新宿にあった時にね・・・」と切り出さないだろうか。



同僚と会話しているという状況設定をしてみよう。
あなたは以前、GONZOにいた。「今は別会社に」いる。

同僚「今日のブログに書く記事を先に教えてよ」
あなた「う~ん。スタジオが新宿にあった時にさぁ・・・」
同僚「スタジオってどこのことさ?」

こういう状況にならないだろうか。



同僚と会話しているという状況設定を再びしてみよう。
あなたは「現在、GONZOに所属」している。

同僚「今日のブログに書く記事を先に教えてよ」
あなた「う~ん。スタジオが新宿にあった時にさぁ・・・」
同僚「スタジオってどこのことさ?」
あなた「いや、GONZOのことに決まってるでしょ」

こういう状況にならないだろうか。

GONZO所属の私が「スタジオが新宿にあった時に~」と言えばそれはGONZOのことに決まってるでしょ。違う会社のことなら、ちゃんと「[会社名]が新宿にあった時にさぁ・・・」と言うよ。

スタジオというはっきりしない言葉になっているのはGONZOにいるからなのではないかという意味で引っ掛かる。

彼にとって"スタジオ"をわざわざGONZOと言うまでもないということだろうか。

そんなこと言わなくても分かるでしょう、と。



彼は責任感の強い人柄だと時々耳にする。



村濱氏の著書「オタクバカ一代」にはGONZOがまだ生まれたての頃に受けた仕事先の相手が滅茶苦茶でまともにお金さえ払い込まなかったことについて書いてあった。その相手に村濱氏がとにかくいつまでにこれだけのお金を支払ってください、と言ったらしい。このお金がないとGONZOの経営も成り立たない。だから支払わなければ、これ以上この仕事を続けることは出来ない、と。実際、支払われなかったので村濱氏は投げたそうだ。しかし、前田氏は第1巻が仕上がるまではちゃんと仕事をし、その後は交代したという。



加えて、彼のブログにはGONZOの現状についてヒット作を出してこれなかった自分にも責任があるとして、「人の心に届く作品とは何か」について考え直し、新しいスタートを切りたい、と述べている。

【リンク】
今年もありがとうございました
(前田真宏のINUBOE/2008年12月30日の記事より)

↑の記事の時点ではまだGONZOにいることが窺える。

そして文脈をそのまま読み取れば、来年もGONZOで頑張りますという風にも聴こえる。



調べてみて、分かった前田氏の関わった最新の作品(?)は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』だった。
(この情報は動きや絵の特徴から作画した人物を特定したりするなどの超絶能力を持つ猛者たちが集うサイトから得た。『作画@Wiki』より)

また、別のサイトにも同様の情報があったことを確認した。(『アニメスタッフデータベース』より)

この作品にはGONZO作品に主に関わっていたアニメーター(GONZOが拘束している?)である朝来昭子氏もいた。そして前田氏もいるということは・・・と早合点してはいけない。前田氏と「~:破」の監督は互いに知る間柄なのでそのつてで依頼があった可能性もある。朝来氏に関しては現在、GONZOにいるかも分からない上に拘束料を得ているアニメーターは会社によっては自社の仕事を優先してもらえれば他の仕事も請けていいそうなので偶然前田氏も請ける作品と被っただけなのかもしれない。二人が同じ職場にいると断定することは出来ない。

いや、しかし「~:破」にはGONZO傘下のGK Entertainmentが傘下している。やはり、この作品にGONZOが絡んでいることもあるかもしれない。

「~:序」ではGONZOが制作進行の応援で協力していたという話も・・・。



ふぅ・・・なんと歯がゆいことか。

前田さんにはGONZOにいるのかいないのかだけでも教えていただきたいものだ。
スポンサーサイト

2009-10-30(Fri) 00:12 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://japanimation.blog72.fc2.com/tb.php/333-59c48d5f
HOME
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。