自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20091103]
内容は記事のタイトルの通りだ。

今回は映画『携帯彼氏』(私はよく間違えて「携帯彼女」と書いてしまう)について取り上げる訳だ。

私が取り上げるのだからGONZOについてなのは言うまでもない。

それにしてもGoogleを使って"携帯彼氏 GONZO"で調べると思った以上に情報が引っかかって来るのだから面白いものだ。

今回はリンクを多めに使って色々と情報を引っ張ってこようと思う。

【リンクその1】
映画「携帯彼氏」 - まどぎわ通信

 内容は「超低予算」っぽいそうだ。こういう感想は実際に観た人の感想もしくは自分で観てくることからしか得ることが出来ないから貴重だ。低予算なら、その制約の中でGONZOの映像技術がどれ程生かされているのか気になる。より興味が湧いてくるではないか!(・・・私だけか?)
 どうやら、この記事を書いた方もGONZOのデジタル部門がグラフィニカに売却されたことと絡めて、何故この仕事をしているのかについて少し不思議に思われたようだ。私はGONZOが今年の2月の内に密かに実写映像部門をシネグリーオに移籍させてたんだし、GONZOとシネグリーオが分けて表記されていることからも、移籍前から撮影が開始されていたのだろうと踏んでいたが、私の予想もどうやらはずれたようだ。なぜそうなのかについては後のリンクで述べる。
 それにしても、この方の記事によれば、冒頭のクレジットではGONZOの名前が出るという。やはり、レンタルが出たら観るしかない。・・・私自身はケータイ小説というものは読んだことどころか手に取ったこともないのだが、この作品のDVDを買ってもいいかなと少し思っている。なぜなら制作はGONZOだし、GONZOのアレも出てくる。これで会社のお偉いさんがちょこっと顔出しでもしてくれれば涙が出るだろう。アレが何なのかについてはこれも他のリンクで述べようと思う。

【リンクその2】
『携帯彼氏』船曳真珠インタビュー

 私は原作をこの間知ったばかりであり、よく分からないのだが、この監督も色々と工夫されているのが窺える。出来れば次の作品でもGONZOでやっていただきたい。(そうしたら、GONZOはグラフィニカと共同で制作したり、シネグリーオも加わったりでまた実写映画が観れるかもしれない。あくまで要望)
 ついでにこのインタビューは"(2009年10月8日/GONZOにて収録)"とのこと。随分と最近の話ですな!この監督さんの座っている黒い椅子と白い壁はGONZOのものか!なんだかわくわくする。(笑)
・・・って私はGONZOのストーカーか!?

【リンクその3】
川島海荷初主演映画「携帯彼氏」3月14日イン
(↑の女優さんは「かわしま-みか」さんと読むのだろうか。多分そうだろう)

 さて、リンク先を読んでいただければお分かりだろうが、"3月14日よりクランクインすることが決定した。"とある。クランクインとは映画の撮影が始まることだ。つまり、GONZOがシネグリーオに実写映像部門を移籍させた時(2009年2月)よりも後の話である。(※)
 だが、この映画の制作プロダクションはGONZOだ。(どうやら「リンクその1」で述べた私の予想は外れているようだ)何故だろう?実写映像部門を使わずに作ったのだろうか。単に元請がGONZOであって、シネグリーオにも委託したというだけの話なのかもしれない。監督のインタビューがGONZOで行われているということもあるので。いや、しかしそうなると・・・・・・もういいか。これ以上考えると夢に出る。(出ても構わないが)

【リンクその4】
ニゴンゾ動画

"【実写映画】
10月24日から公開される「携帯彼氏」で、ロケーションの協力をしました。「ある事件」が起きた超不気味な建物がGONZOの社屋です。あまりの不気味さに社員涙目…。
"

あー、こういうこと(おもしろ要素)を入れられると観ずにはいられなくなる人間がここにいる。(同じGONZO実写映画の「ROBO☆ROCK」では当時の村濱会長が「金持ちそうな客」役で5秒程出演していたりするがこのネタも面白かった)この映画では「超不気味なGONZO」が観られるのか。リンクその1で言った「アレ」とはこのGONZO社屋のことである。



※GONZOの実写映像部門(ゲネロスタジオ)がいつ頃移籍(?)したのかについてはシネグリーオの公式サイトに載っている。

【リンク】
株式会社シネグリーオ 公式サイト


【感想】
 上の文章でGONZO制作の実写映画がまた観れたらいいとは書いたが、やっぱり最後なんだろうなぁ・・・。その分DVDが出るのを楽しみにしておこう。きっとメイキング映像が映像特典で付くはず!その時はGONZOの中が見れるはず!楽しみだ!
スポンサーサイト
□ いきなり by はい

すみません。

川島海荷
×かわしま みか
○かわしま うみか
です

2010-02-21(Sun) 10:07 | URL | #ovcpMQus [ 編集 ]
□ Re: いきなり by mura

わざわざお教えくださって、どうもありがとうございます♪
早速、修正しておきます。

2010-02-21(Sun) 20:32 | URL | #qrodNzso [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://japanimation.blog72.fc2.com/tb.php/337-a5a3b31d
HOME
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。