自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20100331]

【リンク】
ニゴンゾ動画 - ニコニコチャンネル

「SPEED GRAPHER」(スピードグラファー)の第1話と第2話を「ニゴンゾ動画」に追加しました。
(略)
次回は、4月16日頃に「BLASSREITER」の第7話を配信予定です。

(「ニコニコ動画(9)」より/2010年3月31日)

<要約>
・『SPEED GRAPHER(スピードグラファー)』は2005年に放送されたGONZOのオリジナル作品。
・元戦場カメラマンと巨大企業の令嬢とが繰り広げる「大人の童話」。
・第1話「背徳都市」、第2話「唸る札束」を無料配信。

<作品のキャッチコピー>
・私を連れて、逃げてください。
・シャッタースピードよりも速く。
・大人の童話

<宣伝映像>

【リンク】
YouTube - スピードグラファー PV

(「GONZODOGA」より/2010年3月31日)

<追記>
平成17年度文化庁メディア芸術祭「アニメーション部門」審査員推薦作品
【感想・日記/その他】
GONZO独特の雰囲気が溢れている作品のひとつ。

コピーライトがいつの頃からか、

"(C)2005 GONZO/TAP" から "(C)2005 GONZO" に変わっていた。

"TAP"の表記がなくなっている。

TAPとは特別目的会社(SPC)だと予想する。最近のGONZO作品だと"イズミプロジェクト"や"サムライプロジェクト"等が特別目的会社(以下SPC)だ。イズミプロジェクトに該当するGONZO作品は「ぼくらの」や「パンプキン・シザーズ」、「ドルアーガの塔」等。サムライプロジェクトには「アフロサムライ」の第1作目が該当する。

SPCに著作権を譲渡し、資金を集め製作、一定期間経過後に権利を買い付けるという手法があるようだ。そうすれば自社で権利を保有できるとのこと。ゴンゾのSPCを用いる事例が出始めたのは2004年からのようだが、作品への出資自体はゴンゾの常套手段だ。ゴンゾの出資を行う姿勢は1998年のデビュー作「青の6号」の頃から既に始まっていた。但し、SPC方式ばかりではなく製作委員会方式の方が多いようだ。

権利取得に力を入れるようになったのは元会長・村濱章司氏と現副社長・石川真一郎氏によるところが大きいと思われる。かつて、ゴンゾがディジメーションと合併した理由が「経営能力」と「権利ビジネスの知識」(と「世界一になりたいという野心」)だからだ。しかし、ディジメーション合併後に出資を行うようになった訳ではなく、前述の通り、デビュー作「青の6号」の時点で既に出資を始めている。

ゴンゾは作品の著作権の一部もしくは全てを自社で保有することに力を入れ、ほとんどの作品になんらかの出資を行っていたようだが、この出資が負担となり、加えて、出資した作品がなかなかヒットに繋がらなかった事もあり、後の、つまり現在の経営難にも繋がった。幸い、回復の傾向にある。

ただ、「ストライクウィッチーズ」や「アフロサムライ」、「咲-Saki-」のようにヒット作となれば、一転して、ゴンゾに多くの利益を生むことになる。

特別目的会社を用いる手法については以下の記事を参考にしてほしい。

【リンク】
著作権"元手"に コンテンツ基金 映画・アニメ制作会社(2006/8/28)
(「YOMIURI ONLINE」より/2010年3月31日)

GDH、SPC方式によるアニメーション製作を開始(2004/8/19)
(「GONZO Web Official Site」より/2010年3月31日)

記事に載っていたのだが、どうやら"TAP"は予想通り特別目的会社だった。

ただ、「SPEED GRAPHER」だけでなく「ソルティレイ」もこの特別目的会社に該当していたようだ。
スポンサーサイト

2010-03-31(Wed) 21:00 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://japanimation.blog72.fc2.com/tb.php/407-0eef55ff
HOME
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。