自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20100419]
今日は各々の企画を持ち寄ってのコンペがあった。

第1回戦は勝ち抜くことが出来たが、2回戦目で惜しくも脱落してしまった。

今回は約20人程のコンペで、1回戦では1人5回まで投票を行ったのだが、5票は獲得することが出来、思っていたよりも反応は上々だった。4人に1人は賛同してくれたようだ。苦手な割には、プレゼンもある程度出来ていたように思う。コミュニケーションの矯正も少しずつ利いてきているようだ。

プレゼンをしている間はけっこう楽しかった。緊張の度合いは以前とは比較にならない。

私なんかだと、面白い提案など滅多に思いつかないので、他人よりも多く準備をし、提供する情報量に差をつけてどんどんアピールするしか手がない。そうやってようやく同じ位の土俵に立てる。

事前に指定された企画書用紙は1枚だけのものだったが、基本的には言われた以上のことをやるべきだ。

仕上げた企画書用紙を回収し、コピーして全員に配布してくれるとは思っていなかった。

しかし、たかが20人である。別に参加者が100人もいる訳ではないので、全員分の説明資料は用意しておいた。

企画に興味を持ってもらわないと意味がないので、説明資料の表紙のイラストは無料で使用できるものから引っ張ってきた。今回の企画をひとことで表すとこういう風になりますよ、というものを表現するよう努めた。

他には企画の狙い、その理由、メリット、デメリットの分析等々。最後に1枚だけだがこの企画内だけでは済まない、今後も役に立ちそうな参考資料をつけておいた。教授が一番喜んでいたのが意外だった。

出来ればアンケート調査もやっておきたかったが、その辺は私の怠慢だ。

教授によれば、今回のコンペでは出来れば1枚(指定された用紙)だけではなく、各々がもっと準備したものでプレゼンしてもらいたかったが、初めてなので今回は言うのは控えた、とのこと。

なので、今回の準備に関しては一応、正しい方向のものだったようだ。

他の人の企画も聴いたが、やはり反応が映像系の生徒&教授なだけあった。お互い平気で「サマーウォーズ」だの「さよなら絶望先生」だの「プロダクション・アイジー」だの「スターウォーズ」等といった作品名や単語がポンポン出てくる。映像専門だから、教授を含めて全員が映画はもちろん、アニメや漫画に対しても、その辺りで歩いている人が持っていそうな偏見がない。誰かが「"(作品名)"に雰囲気が似てて面白そう」と言えば「そうだねー」と明るい声が返ってくる。聴いたことのないような作品だろうとなんだろうと必ず「そうだねー」と誰かが返事をする。本当に映像作品が好きなんだなと感心する。そのような中で私の分かる作品などほんのひとつまみ程度だ。

こんな人たちが10年後はどのような作品を作っているのだろうか?

2年前の『授業』で「涼宮ハルヒの憂鬱」のエンディングを流された時は何が起こったかと思った。

同じく2年前の授業で、学生に今までどのような作品を観たことがあるのかについて、幼稚園、小学生、中学生、高校生、大学生・・・と時系列でアンケートのようなものを採った。それで教授がそれらの作品の画像をプロジェクターで映し出していたが、懐かしいものもあれば、GONZO作品「ロザリオとバンパイア」の画像まで出てくる始末だった。

私は困惑していたが、周りから聞こえてくるのは笑い声ばかり。

それを作る現場は相当大変なのだと思うが、皆揃って就きたい職業を目指して突き進もうか。
スポンサーサイト

2010-04-19(Mon) 21:58 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://japanimation.blog72.fc2.com/tb.php/411-f3f51dc5
HOME
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。