自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20100425]
公言した通り、4月末発売のDVDを買ってきて観賞致しました。GONZO、もしくはGONZOグループが作った実写作品はこれで2作目になります。幸いにも2作とも見ることが出来ました。「ROBO☆ROCK」と本作です。

他にも実写作品を作ってはいますが、それらはいずれもVFXなどといった一部の工程を制作協力している程度です。

私はホラーが大の苦手なのでけっこう怖かったです。こんな時間に観終わるくらいの時間に観始めたのがまずかったようで・・・。きっと今晩は眠れなくなります。

しっかし、こういう映画は初めてです。GONZOが関わっていなかったら恐らく巡り合っていなかったでしょう。

ROBO☆ROCKは映像が安っぽかったとでも言いましょうか、その場の雰囲気があまり感じられないことが多かったのですが、本作はあまり安っぽさは感じられませんでした。ジャンルが違うということも関係しているのかもしれませんが、少なくともROBO☆ROCKは巨大ロボット「ランド・ツェッペリン」が主役でしたので。本作はいたって普通の「学生」です。

ま、それは置いといて。

そもそも、本編が始まるとイの1番にGONZOのロゴムービーです。

ズドォーーーン!!!(GONZOのロゴが画面奥に飛んでいって・・・)

バチバチッ!バチバチッ!(電気の効果音)

ドォーーーン!!!(飛んで行っていたロゴが目の前に戻ってくる)

男性ナレーション「ゴンゾ」

これを観たら一気に力が抜けてしまいまして。やっぱり出資してるんだな、と改めて感じた瞬間でした。

このムービーが流れるのはまずGONZOアニメだけなので、非常に違和感があります。恐らくGONZO作品が好きな人は皆そう感じるはずです。

私はアニメじゃなくて実写映画を観ているんですよね?どうしてもGONZOアニメの感じしかしてきません。

それにしても、制作や製作だけでなく配給までやるって、どれだけ力を入れていたのでしょう。ちゃんと採算が取れると良いのですが・・・。

「製作」の欄にGONZOの名前を見つけるや否や、狂喜。

本編に出てきた建物を瞬時にGONZOの本社屋と判断し、再び狂喜。

刑事「この建物は・・・どこかで・・・」

主人公「・・・え?」

私「それはいつも通りのゴンゾ社屋です」

さすがに、「ROBO☆ROCK」の時のように役員が出演することはありません。(ROBO☆ROCKでは当時の会長がご出演されていました)

本編では社屋は電灯が点いていない真っ暗な状態で写っていましたので、「あぁ、わざわざ消灯して撮影したんだなぁ」と想いを馳せることが出来ます。

内容自体は、携帯電話の画面に表示される「彼氏」の映像が気持ち悪いのです。メッセージを送ると返事のメールが来ます。この顔がまたうねうねと。こんなものを携帯に入れて遊ぶ気になんかなれますか!主人公もちゃんと気持ち悪がるんですけれどもね。

終盤の方では「携帯彼氏」という携帯アプリサービスのサーバーがどうも怪しい建物(ゴンゾ社屋)にあったようで、ゴンゾは悪の根拠地と化していました。

エンディングでは見覚えのあるプロデューサーさんの名前がチラホラと見受けられます。内田康史さん、難波秀行さん・・・。

内田さんは最近はお名前を見かけません。難波さんは「咲-Saki-」でスタッフとして参加されていました。

どうやら、この作品はGONZOが実写部門を移籍させた後に撮影開始した作品のようなので、GONZOは実写映像が作れる状態にあるようです。またこういった作品を観てみたいものです。



観終わって思ったことをそのまま書きましたが、どうも知性が感じられない文章になっています。

・・・申し訳ございません。
スポンサーサイト

2010-04-25(Sun) 22:00 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://japanimation.blog72.fc2.com/tb.php/413-c8b9151c
HOME
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。