自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20100629]

【リンク】
GONZO 人材募集(2010/6/28)
 (「GONZO Web Official Site」より/2010年6月29日)

<要約&解説>
・ゴンゾが制作スタッフの新規採用を開始した。経営難により採用活動は長期間行われていなかった。
・募集職種は「制作進行」「国際制作業務アシスタント」「動画」「制作デスク」「設定制作」の全5職種。
・勤務地はいずれの職種も本社スタジオ(練馬区)にて。また、ゴンゾは近く本社を杉並区へと移転する予定である。
・ゴンゾは、債務超過により、昨年に上場廃止したアニメーション制作会社。代表作は「青の6号」「ストライクウィッチーズ」等。

<コメント>
 私はこれを待っていた。だが、同時に諦めてもいた。今まで稚拙ながらも、このブログをやってきた身としては、ゴンゾの現状に危機感は抱いているし、持ち直してきたとはいえ、経営難は数字を見る限り、未だに深刻なものである。だから、私が希望する時期には、ゴンゾの新規募集など到底間に合わないだろうと考えていた。
 しかし、今までスタッフを減らすことだけだったゴンゾが新規採用を行う、これは非常に大きなことではないだろうか。ゴンゾが経験者のみではなく、「新規」のスタッフも求めているのだ。これは既に発表された新作の影響が大きそうだ。この新規採用が今後も続くかどうかは分からないが、実際に目に見える形で、明確な目標が出来た点では私にとっても非常に大きいものとなった。最近は相当に怠けていただけに、これを機に改める必要がある。近くスパルタを始めなければならない。
 業績の回復が維持出来るか否かは秘められた新作にかかっているが、今のゴンゾは確実に回復しつつある。それは誇って良いことだ。新作の制作がスタートした、とニュースになった途端にしたり顔で非難する者も増えたが、そんなものは一過性のものである。それらの中で本当に改めるべきところは改めれば良いし、その価値のない非難などは気にする必要は全くない。
 現時点で、GONZOの回復を少しでも喜んでいる者は全てがGONZOの味方だ。今は堂々と売れる作品に臨めば良い。私は今、喜びで体が弾けそうな気分だ。

<追記>
 ゴンゾを始めとするアニメ業界への就職希望者は、悔いのないように、そして、存分に能力を発揮してきて欲しい。そして、死ぬ気で行って来てもらいたい。なーに、どうせ死ぬことはない。
スポンサーサイト

2010-06-29(Tue) 22:50 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://japanimation.blog72.fc2.com/tb.php/460-efc6b9d5
HOME
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。