自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20110918]
私はゴンゾが大好き。

今回も前回に引き続き言葉が悪いところがあります。偉そうな文章です。

もし、皆様に限らずゴンゾからも「鬱陶しいな…」「何も知らないで偉そうに…」と思われるかもしれない内容ですが、多少顔を歪めさせてしまうほど、以下の文章に注目して頂ければ幸いです。



前回、要求した(つもりでいる)もの。

・公式Webサイト「GONZO Web Official Site」の一新。
・オリジナルのイメージキャラクター2種の制作。
・今後の方針(新たな経営理念など)は目に付くところで表明すること。

この3つ。

とにかく「変革」を打ち出すこと。



既に掲載されている経営理念(http://www.gonzo.co.jp/ir/greetings/principles.html)を公式Webサイトのトップページ辺りに持ってくること位は大した手間もかからないはず!

正直、↑のリンク先では、字は小さく、場所も分かりにくい。どうも真っ白過ぎて伝わってこない。出来れば作り直してほしいところです。

そもそも、「本社機能を練馬に移転し、企画・制作・販売の一気通貫体制を確立します」って何ですか。

一体いつの話ですか。本当にやる気あるんですか。今、本社はどこにあるんですか。練馬でしたでしょうか。既に終えたもの(過ぎた部分)は消すとかしたほうがいい。

表示しておくのであれば、「杉並に移転しキュー・テックとの迅速な連携を行えるようにします」とでも変更しておくべき。今は練馬を通り越して次の段階に移行しているわけです。

この際、はっきりと申し上げますが、遅いんですよ。更新が。(私に言えたことではありませんが)それは今まで何度も書いてきました。

いつまで、「放送・上映」(トップページ→NEWS→放送・上映)のページに『シャングリ・ラ』『咲-Saki-』を掲載するおつもりで?

本来ならば!今の時期は『ラストエグザイル~銀翼のファム~』等の放映スケジュールが載っていなければいけないのではありませんか。この欄を設置している以上。

間に合わせることが出来ないくらいなら、何も記載しないか、ページ自体消してしまえばいいのです。

そもそも、『NEWS』欄の内、『放送・上映』『DVD』のページも要りませんよ。制作会社のページよりも作品の公式サイトで確認する人の方が多いかと思います。

その分だけ更新が楽になります。負担が軽くなります。

でも、中途半端に放置すればするほど、印象は悪くなる一方です。

ここまで手が回らないんだろうな~ → 今、大変なんだろうな or 手抜きだ →不安感 or 不信感

そんなところです。GONZOブランドのイメージ向上にはならないでしょうね。細かい部分のお話かもしれませんけれども。



GONZOブランド…そういえば本来、GONZOグループ共通の経営理念は「魂を震わすコンテンツを創造します」ではありませんでした。…正確に言うと、それ「だけ」ではなかったんです。もっと長い文章でした。

今一度、思い出してみましょう。

私たちは、ジャンルを越え、国境を越え、
誠意と情熱を持って
協力し、尊重し、お互いを高め合いながら
革新的で、魂を震わすコンテンツを創造します。

これですよ、これ。熱いなあ。

もう一度、この経営理念(全文)に復活して欲しい。

…「魂を震わすコンテンツを創造します」なんて省略分などではなく。

もちろん、それは私の願望。

この理念をもとに活動した結果、ゴンゾは上場を成し遂げました。

でも、もしかすると…この理念は今のゴンゾには重荷となっているのかもしれません。






中途半端だとは思いますが、これで終わりです。以上、「私がゴンゾに求めるもの」でした。
スポンサーサイト

2011-09-18(Sun) 23:38 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://japanimation.blog72.fc2.com/tb.php/697-e57cc431
HOME
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。