自己紹介(About Me)

名前:mura
ブログ設置:2006/06/26

主にGONZO関連の情報で更新します。よろしくお願い致します。

アニメーション制作・製作会社であるゴンゾ(GONZO)及びそれに関する作品・人物・事業を個人的に応援します。もちろん非公式です。

最近の記事(New Article)

GONZO関連SNS

Twitter、Facebookなど

<Twitter>
GONのヒゲの営業(プロデューサー)
現在「ブレイドアンドソウル」を担当。

ブロードバンド担当(作品配信担当)

樋口真嗣(監督)
旧GONZO創設者のひとり。『ローレライ』『日本沈没』の監督。現在はMotor/liesに所属。

前田真宏(アニメーター・監督)
旧GONZO創設者のひとり。『青の6号』『巌窟王』の監督。

村濱章司(元会長)
旧GONZO創設者のひとり。現在はLMD社長
<Facebook>
石川真一郎(代表取締役)

Ted Karasawa(執行役員社長)

小島 勉(プロデューサー)

後藤文明(元取締役)
現在はベアーズ社長

洲脇充央(元グループ会社社長)
ザイタス・パートナーズ(旧GDHキャピタル)社長

樋口真嗣(監督)
※上記の樋口氏と同一人物

最新コメント(New Comment)

GONZOという存在が好きで好きで…たまらない人のブログです。
個人就活ブログ
お知らせ(Information)

【最新情報スペース】※重要なものに限る
(2014/06/15)
第15期定期株主総会の召集通知が公開。
開催は6/27(金)。

(2014/02/08)
TVアニメ『ブレイドアンドソウル』制作決定!
4月より放映開始(公式サイト

2013年の重要ニュース
(2013/11/28) 公式通販サイト『GONZO STYLE』がリニューアルオープン。

2012年の重要ニュース
・(2012/07/10) GONZOが子会社のフューチャービジョンミュージックを売却。
今後は創通の完全子会社へ。今までありがとう!
・(2012/02/21) GONZOが沖縄スタジオを設立することを発表。
 ※参考記事はこちら(リンク先:ぬるヲタが斬る)

2011年の重要ニュース
・(2011/07/23) GONZO作品『アフロサムライ』のハリウッド映画化発表。
今夏に脚本家および監督を、年末までに配役を決定。
 ※参考記事はこちら(リンク先:シネマトゥデイ)  

【Blu-ray情報】更新:2014/6/15
GONZO作品のBlu-ray化発売スケジュールを見る
 →更新内容:「カレイドスター 10年目の すごい Blu-ray BOX」(通常版・豪華特装版)、発売中。

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20131125]
【レポート】
25日、GONZO公式通販サイト『GONZO STYLE』(ゴンゾスタイル)が当初の予定通りに一旦の閉店を迎えました。
現在は、GONZO STYLE内のどのページ(URL)にアクセスしても、以下のお知らせのページのみが表示されるようになっています。

【リンク】
『GONZO STYLE』閉店のお知らせ
(GONZO公式通販サイト「GONZO STYLE」より)

リニューアルオープンの日についてですが、以下のツイートによると今月28日(木)を予定しているようです。

【リンク】
GONのヒゲの営業(@Uorustet) - Twitter

GONZOスタイルいったん閉店でございます。(中略)そして、リニューアルオープンは11月28日の予定。色々急ピッチ!(笑)

(短文投稿サイト「Twitter」より)

現時点では、リニューアルオープン後のGONZO STYLEの運営はどこが行うのか、開店セールは行うのか等についての発表はありません。

情報の詳細については、上記のリンク先、または本記事の下部にある「関連リンク欄」記載の関連サイト等をご覧下さい。

【コメント】
前回の閉店のようにオープンするまで何ヶ月もかかるわけではなさそうなので、ひとまず安心です。随分急いだスケジュールのようなので、単に移転のための閉店だったようです。どんなデザインになるのか楽しみです。

【関連リンク】※外部サイト(2013年11月25現在)

GONZO STYLE ※既に閉店。28日にリニューアルオープン予定。
 (株式会社ゴンゾの公式通販Webサイト)
GONZO Web Official Site
 (株式会社ゴンゾの公式Webサイト)

【関連記事】※当blog内(2013年11月25現在)

【GONZO/通販】GONZOスタイルが閉店。今後は別サイトでリニューアルオープンの予定。(2013/11/24)
【GONZO/通販】ゴンゾスタイルが臨時休業。期間は9/3(火)~6(金)(2013/08/30)
【GONZO/通販】ゴンゾスタイルが『本日より』オープン!(2010/02/05)

2013-11-25(Mon) 15:14 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20131124]
【レポート】
18日、GONZO公式通販サイト『GONZO STYLE』(ゴンゾスタイル)が閉店の予定であることが発表されました。同サイトは11月25日午前0時をもって閉店されます(つまりあと数時間…この情報に気付くの遅れました)。

現在、ゴンゾスタイルはファンライフ株式会社の通販事業を利用する形で運営されていますが、今後は別のウェブサイトでのリニューアルオープンを予定しており、ゴンゾスタイル自体は継続されるようです。また、オープン予定日に関しては現時点では発表されていません。

【リンク】
【『GONZO STYLE』閉店のお知らせ】(2013/11/18)
誠に勝手ながら『GONZO STYLE』は、2013年11月25日(月)午後0時をもって、閉店させて頂く事になりました。(中略)また今後の予定につきましては、別のサイトにてリニューアルオープンし、引き続きアイテムを販売していくを予定です。
(GONZO公式通販サイト「GONZO STYLE」より)

ゴンゾスタイル(以下GS)は過去にも一度閉店しており(2009年秋頃)、当時はGDHグループ会社だったゴンゾロッソにより運営されていました。その旧GSが翌年2月にリニューアルオープンしたのが現在のものとなります。旧GSは閉店セールとして多くの商品を大幅値引きしていましたが(↓は一例)、今回はその様子はありません。

【リンク】
ロザバン等身大ポスターを張ってみた(2009/09/23)
(個人ブログ「教団「二次元愛」」より)

情報の詳細については、上記のリンク先、または本記事の下部にある「関連リンク欄」記載の関連サイト等をご覧下さい。

【コメント】
リンク先にもある『ロザリオとバンパイア』のポスターですが、私も当時のセールで買って持っています(当時、上の記事につられて買ってしまいました)。たまに引っ張り出して眺めることがあります。他には『カレイドスター』『巌窟王』『ロミオ×ジュリエット』等の商品を買った覚えがあります。確かGONZO15周年記念のシールも1枚315円で売っていました(セールでこの値段なのか、元々この値段だったのかは覚えていませんが)。

【関連リンク】※外部サイト(2013年11月24日現在)

GONZO STYLE
 (株式会社ゴンゾの公式通販Webサイト)
GONZO Web Official Site
 (株式会社ゴンゾの公式Webサイト)
ファンライフ株式会社|インターネットでキャラクターグッズを販売
 (ファンライフ株式会社の公式Webサイト)

【関連記事】※当blog内(2013年11月24日現在)

【GONZO/通販】ゴンゾスタイルが臨時休業。期間は9/3(火)~6(金)(2013/08/30)
【GONZO】ゴンゾスタイルが『本日より』オープン!(2010/02/05)

2013-11-24(Sun) 22:20 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20131123]
【レポート】
21日、ニコニコ動画におけるゴンゾの公式チャンネル『ニゴンゾ動画』に、GONZO作品『BAYONETTA BLOODY FATE』のプロモーション映像が配信され始めました。映像は約1分30秒。
また、本日23日より、本作の劇場公開が始まりました。公開している劇場については公式Webサイトをどうぞ(本記事下部の「関連リンク」欄)。

【リンク】
【PV】BAYONETTA BLOODY FATE(ベヨネッタ ブラッディフェイト) 2013年11月23日より劇場上映(2013/11/21)
>その魔女、華麗にして残酷――
>Watch out for the enchanting and sadistic witch
(動画投稿サイト「ニコニコ動画」より)

本作の絵柄は、他のGONZO作品『バジリスク~甲賀忍法帖~』や『アフロサムライ』等のように描き込み度の強い印象を受けます。雰囲気としては『GONZO+』に近いのではないでしょうか。

情報の詳細については、上記のリンク先、または本記事の下部にある「関連リンク欄」記載の関連サイト等をご覧下さい。

【コメント】
PVを観て思ったことといえば、最後の辺りが少々インパクトに欠けるかもしれません。PVにおいて、おーっと思った辺りで主題歌がかかるのですが、そこで少しシラけるといいますか。この静か目の主題歌はとても良いと思いますし、ここ一番のシーンでかかれば威力は大きいと感じていますが、静かであるからこそ使いどころが難しそうです。PVの1分4秒までの荘厳な雰囲気がもっと長く引き伸ばせていればまた変わった印象の映像だったと思います。

・・・そうはいっても、かなり期待していることに変わりはありません。移動に1時間ほどかかりますが、来月1日に観に行こうかと考えています。

【関連リンク】※外部サイト(2013年11月23日現在)

[BAYONETTA Bloody Fate]ベヨネッタ ブラッディフェイト|公式サイト
 (アニメ映画「ベヨネッタ ブラッディフェイト」の公式Webサイト)
アニメ「BAYONETTA」公式
 (アニメ映画『ベヨネッタ ブラッディフェイト』のtwitter公式アカウント)
ニゴンゾ動画 - ニコニコチャンネル
 (株式会社ゴンゾのニコニコ動画公式チャンネル)
GONZO Web Official Site
 (株式会社ゴンゾの公式サイト)

【関連記事】※当blog内(2013年11月23日現在)

【GONZO/Blu-ray・DVD】劇場版ベヨネッタ、Blu-rayとDVDで発売。Blu-rayには豪華特装版も。「BAYONETTA Bloody Fate」(2013/11/11)
【GONZO/映画】東京国際映画祭にて上映。監督とベヨネッタが登場 「BAYONETTA Bloody Fate」(2013/10/20)
【GONZO/新作】7年ぶりの劇場版アニメ。アクションゲーム『BAYONETTA(ベヨネッタ)』を映画化(2013/09/19)

2013-11-23(Sat) 21:51 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20131111]
【レポート】
10日、GONZO作品『BAYONETTA Bloody Fate』のBlu-ray及びDVDの発売日が判明しました。Blu-ray及びDVD共に2014年1月の発売を予定。劇場公開(11月末)から2ヶ月という早い発売になります。現時点では、作品の公式サイトには掲載されていません。

通常版と豪華特装版の2種類での発売が予定されているようですが、特装版はBlu-rayのみ。
共通の特典としてはプロモーション映像と先日の東京国際映画祭における舞台挨拶の映像を収録しており、特装版限定のものとしては、絵コンテ映像、台本や劇場パンフレット(共に縮小版)、サウンドトラックCD等が特典の目玉となっています。

なお、劇場版アフロサムライのようにオーディオコメンタリーはついていないようです。

【リンク】
劇場アニメ「ベヨネッタ ブラッディフェイト」BD/DVD予約開始(2013/11/10)
(「にゅーあきばどっとこむ」より)
BAYONETTA Bloody Fate 豪華特装版[初回生産限定] [Blu-ray](2013/11/10)
(通販サイト「Amazon.co.jp」より)

情報の詳細については、上記のリンク先、または本記事の下部にある「関連リンク欄」記載の関連サイト等をご覧下さい。

【コメント】
スクリーンショット画像を数枚見ただけで伝わってくるこのアフロ臭。アフロが観たくなります。GONZO×木崎文智監督作品は好きなものばかりで嬉しいです。

【関連リンク】※外部サイト(2013年11月11日現在)

[BAYONETTA Bloody Fate]ベヨネッタ ブラッディフェイト|公式サイト
 (アニメ映画「ベヨネッタ ブラッディフェイト」の公式Webサイト)
アニメ「BAYONETTA」公式
 (アニメ映画『ベヨネッタ ブラッディフェイト』のtwitter公式アカウント)
GONZO Web Official Site
 (株式会社ゴンゾの公式サイト)

【関連記事】※当blog内(2013年11月11日現在)

【GONZO/映画】東京国際映画祭にて上映。監督とベヨネッタが登場 「BAYONETTA Bloody Fate」(2013/10/20)
【GONZO/新作】7年ぶりの劇場版アニメ。アクションゲーム『BAYONETTA(ベヨネッタ)』を映画化(2013/09/19)
[20131020]
【レポート】
17日、第26回 東京国際映画祭が開幕されました。本イベントでは、GONZO作品『BAYONETTA Bloody Fate』が特別招待作品として上映される予定です(上映は10月22日の午前10時50分よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズ館にて)。
会場にはゲストとして監督の木崎文智さん、モデルの橋本真帆さんが参加され、木崎さんはタキシード姿で、橋本さんはベヨネッタに扮装するという印象に残る登場でした。

ツイッター公式アカウント(本blog左側「GONZO関連SNS」欄、または本記事下部「関連リンク欄」)からは、その時の会場の様子を動画で観ることもできます。ご興味のある方はどうぞ。

また、併せて本作のコミカライズ版が「別冊少年マガジン」で2号に分けて連載されることも発表されました。

【リンク】
「BAYONETTA Bloody Fate」第26回東京国際映画祭グリーンカーペットレポート(2013/10/17)
(アニメ情報サイト「トーキョーアニメニュース」より)
BAYONETTA in 東京国際映画祭!(2013/10/17)
(声優・園崎未恵さんのblog「園崎未恵のゆらゆら日記。」より)

情報の詳細については、上記のリンク先、または本記事の下部にある「関連リンク欄」記載の関連サイト等をご覧下さい。

【コメント】
ベヨネッタに関しては、なんと私の家からも行こうと思えば行ける距離の映画館で上映されるようです。「アウロサムライ:レザレクション」はけっこう遠かったので行けませんでしたので、こちらには是非とも・・・。ゴンゾ復活の勇姿を実際に観に行きたいです。

【関連リンク】※外部サイト(2013年10月20日現在)

[BAYONETTA Bloody Fate]ベヨネッタ ブラッディフェイト|公式サイト
 (アニメ映画「ベヨネッタ ブラッディフェイト」の公式Webサイト)
アニメ「BAYONETTA」公式
 (アニメ映画『ベヨネッタ ブラッディフェイト』のtwitter公式アカウント)
GONZO Web Official Site
 (株式会社ゴンゾの公式サイト)

【関連記事】※当blog内(2013年10月20日現在)

【GONZO/新作】7年ぶりの劇場版アニメ。アクションゲーム『BAYONETTA(ベヨネッタ)』を映画化(2013/09/19)

2013-10-20(Sun) 15:15 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20131006]
今、松本零士の漫画を買い求めるために走り回ってます。

色々と探してはみたものの、まだ『大純情くん』が見つからない。

2001年発売の文庫版が欲しいのだけれども、これが中々・・・。

2013-10-06(Sun) 22:56 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20131004]
【レポート】
1日、GONZO作品を配信する「GONZOファンサイト」にて、期間限定で『ラストエグザイル』の全話無料配信が開始されました。これは本作が放送10周年となることを記念したもので、無料期間は不明(GONZOファンサイトに掲載されているかも)。
併せて、このWebサイトにて千明孝一監督によるコラム『チギ★ラッチョ』の連載が開始されました。これは、千明監督の日々の気になることを綴っていく、とのことなので長期間楽しめるものになりそうです。しばらくの間は「ラストエグザイル」の裏話を予定。

【リンク】
GONZOファンストア スマホで「ラストエグザイル」全話無料、千明監督連載コラムもスタート(2013/10/01)
(アニメ総合情報サイト「アニメ!アニメ!」より)


ゴンゾ『ラストエグザイル』全話無料配信決定! 放送10周年記念ファンストアにて(2013/10/01)
(総合情報サイト「MSN Japan」より)

※GONZOファンストアは、スマートフォン(docomo/au)専用のWebサイトです。対象外の機種(PC含む)でアクセスすると、対象機種でアクセスするように書かれた画像が表示されます。

情報の詳細については、上記のリンク先、または本記事の下部にある「関連リンク欄」記載の関連サイト等をご覧下さい。

【コメント】
千明監督のイラスト、実によく石川代表の雰囲気を表現してあります(笑)。会って話したことのある身として。やはりプロのアニメーターは素晴らしい。
しかし、それよりも千明監督のコラムが読めないのが悲しい。スマートフォンもってないんです、私。記事によれば「ラスエグ編」と表現してある辺り、ラストエグザイル限定の内容ではない様子です。

【関連リンク】※外部サイト(2013年10月4日現在)

GONZO Web Official Site
 (リンク先の簡潔な紹介)
GONZOファンストア
 (GONZO作品の公式配信サイト)

【関連記事】※当blog内(2013年10月4日現在)

【GONZO/配信】スマートフォン向け配信サイトを開設。ソニー系列会社がサービス提供。最新作も配信(2014/08/01)
【GONZO/配信】ニコニコ動画での一挙配信は無事に終了。「ラストエグザイル」(2003年)(2012/03/04)
【GONZO/配信】「ラストエグザイル」(2003年)を全話一挙放送。ニコニコ動画にて(2012/02/29)

2013-10-04(Fri) 01:29 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20130927]
昨日はハーロック2回目。
まぁ原作者の漫画とは違う。今までのハーロック達とも違う。設定を始め色々と。
今回の映画はそこら辺で色々と不評のよう。性格なのかそこらは別に気にならない。

私としては最高の時間だったわけでして。

こうだったらいいなぁ、と思ったのはトリさんのクチバシに布切れが結ばれてなかった点くらい。
ミーメは容姿から声までオールオッケーだし、目を閉じるシーンなんかは、これすごくミーメじゃん・・・。
数百メートルの垂直ダイブをパラシュート等無しで無事着地するのは、まぁハーロックだし、で解決。
作品を経るごとに造形が怖くなる艦首のドクロマーク(アルカディア号)。
そして何より宇宙にはためく髑髏の海賊旗。

・・・と書いているものの、実際は2回とも観に来ている人はほとんどいなかった。私の言った映画館では(時間帯によるところもあるかもしれないが)10人いるかいないか。
その中でも主演の二人のファンが多めのようで、ハーロック好きなおっちゃんがほんの僅か。

公開が終わる前にもういっぺん観に行こうかと思ってる(笑)。
[20130925]
今日は休み。

だったんですが、PCの復旧で潰れました。
毎度のことではありますが、PCの調子が悪いです。
昨日もレジストリの操作ミスで再インストールとなりましたが、その過程で色々と。
恐らく末期なのだとは思いますが、ムチ打ちながら強引に使っています。強引なので明日にも使えなくなるかもしれませんが・・・。ディスプレイも画面が大変ですし。
なので、買うならこれ、ということでノートパソコンを選んでいます。仮に今のPCが駄目になってもブログはしつこく続けていきます。実際、自宅外で更新作業をしたこともあります。

この間、キャプテンハーロックを観に行ってきました。面白かったです。映画館にはグッズがパンフレットしかなかったのが残念。リアルタイムで松本作品を観れたのはエターナルファンタジーに次いで2作目。他は再放送やビデオレンタル、何年も後に購入した等です。

2013-09-25(Wed) 17:26 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20130919]
【レポート】
19日、劇場版アニメ作品『BAYONETTA(ベヨネッタ)』の公式Webサイトが公開されました。本作の制作はゴンゾが行い、監督は木崎文智さんです(ゴンゾでの代表作:「バジリスク~甲賀忍法帖~」、「アフロサムライ」シリーズ)。今年11月に公開予定。
原作となる「ベヨネッタ」は、2009年にPS3及びXbox 360向けにセガから発売されたアクションゲームです。

現時点で、劇場版の公式サイト及びTwitterアカウントが公開されています(これを書いている時点では、公式サイトの動作がけっこう重いです)。また、公式サイトのトップページ及び「TRAILER」ページでは、本作のPVを観ることができます。重いという方は、以下のリンク欄の3番目をご覧下さい。

【リンク】
[BAYONETTA BLOODYFATE]ベヨネッタ ブラッディフェイト|公式サイト
>監督・絵コンテ・演出:木崎文智
(省略)
>アニメーション制作:GONZO
(アニメ映画「ベヨネッタ ブラッディフェイト」公式Webサイトより)


「BAYONETTA Bloody Fate」 究極のゲームがアニメ化 東京国際映画祭に特別招待
(アニメ総合情報サイト「アニメ!アニメ!」公式Webサイトより)

Bayonetta: Bloody Fate anime trailer - YouTube
(海外ゲームメディア「SHACKNEWS」YouTube公式チャンネルより)

2012年及び2013年の株主総会において、国内向けゲームの映画を制作しているとの発言があったようですが、その内容が本日ようやく明かされた形になり、ゴンゾにとっては実に7年ぶりで3作目の劇場版アニメの制作となります(厳密には「劇場版キディ・グレイド」や「劇場版アフロサムライ」等ありましたが)。
以前、2012年頃から有価証券報告書の前受金の相手先にセガが記載されている、という内容の記事を書きましたが、今回のベヨネッタの件だったのかもしれません。

情報の詳細については、上記のリンク先、または本記事の下部にある「関連リンク欄」記載の関連サイト等をご覧下さい。

【コメント】
以前よりも大分ゴンゾの名前を見るようになりました。最近は2作品同時に放送されている位ですし。
映画は7年ぶりなわけですが、7年の間に色々ありました。7年前は「ブレイブストーリー」が公開されていましたが、あの頃はフジテレビと組んで劇場版アニメを3作作る! …なんてプロジェクトもあって勢いがすごかったです。でも、ちょうど2006年頃が最高潮と不振との境目になってしまいました。あの頃の私はというと、フランスの児童文学「ペギー・スー」をゴンゾが劇場アニメ化することが本当に楽しみで原作本を買ったりしてました。上場廃止やデジタルスタジオ売却、作品の権利の売却など残念なことも色々あったわけですが、今も存続してるというだけでも本当に幸せなことです。そして、段々と盛り返してきているというところに可能性を感じてもいます。

待て、しかして希望せよ!

【関連リンク】※外部サイト(2013年9月19日現在)

[BAYONETTA BLOODYFATE]ベヨネッタ ブラッディフェイト|公式サイト
 (アニメ映画「ベヨネッタ」の公式Webサイト)
アニメ「BAYONETTA」公式
 (アニメ映画『ベヨネッタ ブラッディフェイト』のtwitter公式アカウント)
GONZO Web Official Site
 (株式会社ゴンゾの公式サイト)
株式会社セガ 公式サイト
 (株式会社セガの公式サイト)※原作ゲームの発売・販売を担当
プラチナゲームズ公式サイト
 (プラチナゲームズ株式会社の公式サイト)※原作ゲームの開発を担当

【関連記事】※当blog内(2013年9月19日現在)

該当なし

2013-09-19(Thu) 15:20 GONZO | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
BACK HOME NEXT
copyright © 2005 mura all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
リンク(Link)

<ブログ>
教団「二次元愛」
豊富な内容を誇るブログ

ばっどねいばーふっど
日本アニメの海外版BDに詳しいブログ

<サポーターズリンク>
ジャニカ(JAniCA)

応援団(無料)・会員(有料)募集中

<GONZO公式配信サイト>
ニゴンゾ動画 - ニコニコ動画
GONZODOGA - YouTube
GONZOファンストア
GONZOモバイル

<GONZO公式ブログ>
GONZO NEWS
GONZOが放つ当ブログ最大の壁
<GONZO公式通販>
GONZO STYLE(ゴンゾスタ~イ~ル~♪)

※これは初代ゴンゾスタイル('09閉店)で配布されていたバナーなので、必ずしも「全員にプレゼント」ではない場合があります。ご注意下さい。
昨年11月末にリニューアルオープンしました。

各制作会社へのリンク

株式会社ゴンゾ


<ゴンゾに縁のある企業>
LMD株式会社
 (GONZO元会長が設立)

株式会社エンカレッジフィルムズ
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社グラフィニカ
 (キュー・テックがGONZOデジタルスタジオを事業譲受し設立)

株式会社ザイタス・パートナーズ
 (GONZO元子会社。旧社名:GDHキャピタル)

株式会社サンジゲン
 (GONZO元CGチーフがフリーを経て設立)

株式会社GK Entertainment
 (GONZO元子会社)

株式会社スタジオグラム
 (GONZO元プロデューサーが他社を経て設立)

株式会社Studio五組
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社創通音楽出版
 (GONZO元子会社。旧社名:フューチャービジョンミュージック)

株式会社デイヴィッドプロダクション
 (GONZO元社長及び元プロデューサーが設立)

フッズエンタテインメント株式会社
 (GONZO元プロデューサーが設立)

株式会社ランドック・スタジオ
 (GONZO元企画部部長が設立)

株式会社ロッソインデックス
 (GONZO元子会社。旧社名:ゴンゾロッソ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。